経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
中国、朝米対話を希望 印刷
2019年 1月 09日(水曜日) 10:39

中国外交部の陸慷報道官は8日の定例記者会見で、「中国は朝米双方が引き続き対話を保ち、前向きな成果を収めることを希望するとともに支持する」との姿勢を示しました。

習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席の招きに応じて、朝鮮労働党委員長・国務委員会委員長の金正恩(キム・ジョンウン)氏が7日から10日の日程で中国を訪問しています。今回の訪問は米朝会談と関係があるかどうかという記者からの質問に対して陸報道官は「中国と朝鮮がハイレベル往来を保つことは両国の伝統的友好関係の重要な一部である」と述べ、「朝鮮半島問題の鍵となる当事者として、米朝双方がコンタクトを保つことは非常に有益なものだと、中国は一貫して見ている。そのため、中国は朝米双方が引き続き対話を行い、前向きな成果を収めることを変わることなく支持する」と答えました。

 
探査車「玉兎2号」引き続き月裏側を走行 印刷
2019年 1月 07日(月曜日) 18:53

图片默认标题_fororder_0105-D
ランダーに搭載されている地形カメラが撮影したA地点で活動する「玉兎2号」

国家宇宙局が明らかにしたところによりますと、「嫦娥4号」探査機のランダーと探査車の「玉兎2号」はその分離後、計画に沿って関連作業を展開しているということです。4日午後5時現在、着陸機に搭載されている低周波電波スペクトルメーターの3本の5メートルアンテナが展開し 、ドイツ製の月面中性子線量計が作業を開始しているほか、地形撮影機が撮影した画像も続々と地球に送信されています。

探査車「玉兎2号」と中継衛星「鵲橋」の間には独立したデータ伝送回路が築かれ、環境センサリングや走行路線計算も完成しており、計画通りに月面を走行、A地点に到着して科学的探査を展開しています。また、月面レーダーやパノラマカメラも作業を開始しているとのことです。

それから、「嫦娥4号」は月の昼間の高温を迎えるため、探査車はタイミングをみて「昼休み」体制に入り、今月10日に呼び覚ますことが予定されています。

最終更新 2019年 1月 07日(月曜日) 18:53
 
木村拓哉さん、微博(ウェイボー)でオフィシャルアカウントを開設 印刷
2018年 12月 26日(水曜日) 18:59

日本の俳優で歌手でもある木村拓哉さんは22日夜、中国最大のソーシャルメディア「微博(ウェイボー)」でオフィシャルアカウントを開設し、画像で中国語を使って「こんにちは、木村拓哉です。ウェイボーのアカウントを開設しました。どうぞ、ご期待ください」とあいさつしました。

アカウントは開設わずか数時間で、三十万人のフォロワーを惹きつけており、年を経ても変わらぬ人気を見せつけています。

 
中日間の国際結婚、中国人男性が人気者に 印刷
2018年 12月 25日(火曜日) 19:21

これまで、中日間の国際結婚を論ずる際には、「裕福な日本人男性に若い中国人女性のカップル」というイメージを持ちがちでしたが、中国経済の急成長に伴い、このような現象にもついに変化が現れ、最近では中国人男性と日本人女性のカップルが増えつつあります。

東京の銀座で、毎晩行われる婚活イベント。企業のマネジメント層の独身男性だけが参加を許されているこのイベントでは、日本人男性よりも、年収1000万円以上でセンスの良い東アジア系の男性が日本人女性の歓心を捉えており、中国人のエリート男性がその理想的参加者の代表的存在として頭角を現しています。

婚活イベントの責任者によりますと、ここ数年、30代の中国人男性の参加者が倍増しているとのこと。数年前、中国人男性はこのような婚活で余り人気のない存在でしたが、近年、経済力や男女平等意識が向上したことから、また、中国人男性の家事や子育てへの参加意識が日本人男性より積極的であることから、日本人女性の積極的な婚活対象になりつつあるということです。日本人男性と中国人女性のカップル減少傾向を見せ、中国人男性と日本人女性のカップルが増加の一途を辿る傾向は2009年を境に顕著になってきているということです。

 
商務部、2018年中国の輸入額は2兆ドル超と予測 印刷
2018年 12月 24日(月曜日) 12:04

中国商務部対外貿易局の宋先茂副局長は22日、「2018年、中国の対外貿易輸入額は2兆ドルを超えて、史上最高を記録する可能性が高い」と予測しました。

同日に開かれた全国商務活動会議で、宋副局長は「1月から11月にかけて、中国貨物貿易の輸出入総額は4兆2400億ドル、輸入額は1兆9700億ドルで、それぞれ前年同期比14.8%、18.4%と増加した」と説明しました。

輸入額増加の原因について、宋副局長は中国が実施した輸入拡大政策を挙げ「今年に入ってから、中国は4回にわたって、医薬品、日用品、自動車、工業製品の輸入関税を減らし、平均輸入税率は去年の9.8%から7.5%に下がった。11月に開かれた第1回輸入博覧会は172の国や地域の参加を迎え、取引総額は578億ドルに達した。輸入博は各国へ輸出の場を提供し、世界経済の成長に新たな原動力を与えた」と述べました。

また、宋副局長は「2019年も中国は構造調整を引き続き行い、通関時間の短縮などを通じて、輸入を拡大していく」と示しました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 570 ページ