経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
1-7月、中国サービス貿易の総額は2兆9000億元 印刷
2018年 9月 05日(水曜日) 19:36

商務部が5日に発表したサービス貿易に関するデータによりますと、今年1月から7月までの総額は前の年の同じ時期を9.9%上回る2兆9000億元以上で、輸出額は14.6%増の9875億元、輸入額は7.7%増の1兆9879億元で、赤字幅は過去最高の1兆3億9000万元となっています。

これについて商務部サービス貿易司の李元副司長は、「『中国サービス』というブランドの推進で輸出が急成長しており、通信やコンピューター、情報サービスなどでは成長率が50%以上となっている」と説明しました。

 
アジア最大規模の航空機格納庫、天井部分が完成 印刷
2018年 9月 04日(火曜日) 16:47

3

建設中の北京新空港で3日午前、中国南方航空による1号格納庫の天井工事が完成しました。

この格納庫は敷地面積4万㎡で、サッカー場5つ分に相当し、4階建ての別館を備えています。エアバスA380が2機、ボーイング777が3機など合わせて12機を同時収容できます。また様々な機種の整備に対応できるほか、整備する部位に応じて停止位置を自由に定めることができます。

来年6月30日にすべて完成する予定であり、航空機の格納庫としてはアジア最大規模になると見られます。

 
中国企業トップ500発表、半数が製造企業 印刷
2018年 9月 03日(月曜日) 17:20

2018年中国トップ500企業サミットフォーラム全体会議が2日、西安で開催されました。中国企業連合会、中国企業家協会が「中国企業トップ500」を発表し、そのうち253社が製造企業で、全体の50.6%を占めています。

今回のサミットフォーラムは「ハイクオリティな発展の実行、世界一流企業を模範とする」をテーマとしています。中国の大手企業がいかに時代の流れを把握して、世界一流を手本とし、産業チェーンのハイエンドへ邁進しているのかということや、いかにしてイノベーションによる刷新と進化を進め、ハイクオリティな発展という時代の任務を果たしていくのかということなどについて議論します。

2018中国企業トップ500の分析報告によりますと、中国企業トップ500のノミネート基準が初めて300億元を突破し、企業の営業収入総額が70兆元を超えたことが明らかにされました。それと同時に、「一帯一路」沿線地域にある企業のクオリティの改善が顕著で、国有企業の研究開発強度が民間企業より低いことや特許の数が持続的かつ迅速に成長していること、国有企業の資産負債率が高いものの安定していること、サービス業の地位がより確固なものになったなどの特徴が示されました。

 
王岐山副主席、日本の自民党代表団と会談 印刷
2018年 9月 01日(土曜日) 00:12

王岐山国家副主席は8月31日、日本の二階俊博自民党幹事長が率いる自民党代表団と会談しました。

席上、王副主席は「中日関係の友好的な発展は、両国国民の根本的な利益と時代の流れに一致している。双方は中日平和友好条約締結40周年をきっかけに、中日の4つの政治文書と両国指導者が達した重要な共通認識に従い、相互の往来をさらに増やし、政治的信頼を増進し、互恵・ウィンウィンの協力を拡大して、両国関係を正常な軌道に戻して新たな発展を推し進めていくべきだ」と述べたうえで、「中国は日本と共に、中日両国の与党交流メカニズムと各項目の共通認識を実行に移し、中日関係発展に向けたポジティブなエネルギーをさらに集めていく」と示しました。

これを受けて、二階幹事長は「日中関係の友好的な発展は、アジアと世界のための貢献となる。日本側は中日関係改善の勢いをさらに強固にし、中国と共に平和発展の道に沿って歩みを進めたい」と表しました。

 
中国企業は国際市場の変化に対応すべき 印刷
2018年 8月 31日(金曜日) 09:55

この数カ月で米政府は保護貿易主義を強め、中国からの500億ドル相当の輸入品に高額関税を追加しています。これを受けて、江蘇省にあるスメックグループ有限公司(SUMEC)の責任者は「貿易環境が変化し、問題に直面している中、中国企業は有効的な措置を採択し、損失を減少させ、危機を乗り越えて発展していくべきだ」と述べました。

スメックグループは大規模な機械工業製造の外国貿易企業で、貿易とサービス、プロジェクト受託、投資・開発の三大分野に注力しています。米国が中国の輸入商品に関税を追加する措置に対して、スメックグループは米国の顧客との交流を強める一方、産業配置を最適化し、海外の新興市場を開拓しています。

スメックグループ財務課の趙建国課長は「国内消費のグレードアップの勢いが明らかになり、国内市場の拡大に伴って、会社は輸入を拡大し国内貿易の割合を増やして、多元的な発展を追い求めている。また、企業自身が強くならなければならない。そうすることで、いかなるリスクにも対応できるようになる」と示しました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 564 ページ