経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
茨城県
災害時、双方が発信 スマホ活用、実験へ 境町、立教大とシステム開発 印刷
2017年 8月 22日(火曜日) 18:48

災害時の避難呼び掛けなど住民への円滑な情報提供に向け、境町は立教大と連携し、インターネットによるスマートフォンの通知機能を活用して住民に直接情報を配信するシステムの開発に乗り出したと茨城新聞が報じた。全国で豪雨災害が相次ぐ中、逃げ遅れによる被害もみられ、各自治体にとって住民個々への迅速な情報の伝達や安否の確認などが課題となっている。

最終更新 2017年 8月 22日(火曜日) 18:48
 
つくばに大型物流施設「プロロジスパークつくば1」 来月着手、延べ床7万平方メートル 印刷
2017年 7月 29日(土曜日) 19:01
賃貸型の物流施設を開発・運営するプロロジスは8月、つくば市東光台で大型物流施設の開発に着手する。地上4階建ての特定企業専用施設で、衣料品インターネット通販「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ(千葉市)が全フロアを賃借し、アパレル商品の全国配送拠点の一つとして、来年秋の本格稼働を目指す。
 
開催中です! 第24回日本陶芸展  印刷
2017年 7月 05日(水曜日) 17:58

9月3日まで、茨城県笠間市笠間の県陶芸美術館で。同展は、会派や団体にとらわれず、「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」というコンセプトで昭和46年から隔年で開催され、現代日本陶芸の最高水準の作品が一堂に会する。公募部門と、現代の巨匠が出品する招待部門で構成されており、今回、最高位の「大賞・桂宮賜杯」を受賞した井上雅之氏の「NT-171」をはじめ計150点の作品が展示されている。

 
認知機能測定、5段階で評価 つくばのシロクが機器開発 印刷
2017年 6月 14日(水曜日) 17:37
コンピューター周辺機器製造販売のシロクは、筑波大との産学連携により、簡単に認知機能を測定できる検査訓練機器を開発した。ランダム表示された数字や仮名の順番に棒状のペグを穴に差し込み、完了までにかかった時間を、筑波大の臨床データと比較して認知機能レベルを5段階評価する。小川社長は「ゲーム感覚で楽しみながら自分の認知機能のレベルを知り、健康づくりに生かせる商品」と話し、年度内の市販化を目指す。
 
「幻想的な夜も楽しんで」 27日から「水郷潮来あやめまつり」 印刷
2017年 5月 23日(火曜日) 18:15
郡山市の商、工、農、観光業を一堂に紹介する「こおりやま産業博」は10月6日から3日間、同市南のビッグパレットふくしまで開かれると福島民友新聞が報じた。昨年10月に続き、3回目。企業間取引を促進する企業内覧会、企業・団体による展示・即売会、郡山の農産物や6次化商品の直売・PRなどを繰り広げる。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 > 最後 >>

1 / 9 ページ