経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
中国地方
下関・孫文ゆかりの「孫文蓮」開花 印刷
2017年 6月 27日(火曜日) 17:30

中国の革命家、孫文ゆかりのハスの花が下関市の長府庭園で咲き始めた。長府庭園の池できのうから咲き始めた。中国の革命家、孫文が下関市内の支援者に贈ったことから「孫文蓮」と呼ばれている。ハスはスイレン科の多年草で、夜明けに花を開き始め昼には閉じてしまう。梅雨が明け、気温が上がると多くの花が開き、8月下旬まで見頃が続く。

 
広島市内に約19年ぶりに水族館オープン 沿岸部マリーナホップに「マリホ水族館」 印刷
2017年 6月 26日(月曜日) 19:18
広島沿岸部のショッピングモール「マリーナホップ」(広島市西区観音新町)に24日、「マリホ水族館」がオープンする。広島市に水族館が誕生するのは約19年ぶり。広島市内で唯一の水族館となると広島経済新聞が報じた。商業施設内で運営する都市型水族館は中四国地方で初めて。敷地面積は約361坪、延べ床面積は約185坪の1階建て。
 
海外観光客の“言葉の壁”解消 岡山県、多言語コールセンター7月開設 印刷
2017年 6月 26日(月曜日) 19:18
今後の増大が見込まれる海外観光客の“言葉の壁”を解消しようと県は7月1日から、通訳と翻訳に対応できるコールセンターを開設する。24時間対応でき、主に観光客の出入りがあるサービス業関係者に利用を勧めている。通訳でのサービスでは中国地方3県目だが、翻訳も同時実施するのは初めてという。窓口業務は県が委託した「岡山県多言語コールセンター」(東京)で担当。
 
隠岐7海岸はAA評価 7月の海開き控え島根県が水質検査  印刷
2017年 6月 26日(月曜日) 19:18
島根県が22日に発表した県内海水浴場の水質検査結果で、隠岐の7海岸はいずれも最も評価が高い判定「適AA」を受けたと隠岐経済新聞が報じた。夏の海水浴シーズンを前に毎年、県内30カ所の海岸を対象に6保健所が調査に当たる同検査。隠岐では、島後(隠岐の島町)と島前の西ノ島(西ノ島町)・中ノ島(海士町)の合わせて7海岸で4月と5月の2回、隠岐保健所が海水100ミリリットル当たりの大腸菌群数や水の透明度などを調べた。
 
荒神谷史跡公園「古代ハス」咲き始め 印刷
2017年 6月 25日(日曜日) 12:54

古代の地層で見つかった種から咲かせた「古代ハス」が、島根県出雲市斐川町の荒神谷史跡公園のハス池で咲き始めた。今月下旬には見頃を迎えそう。古代ハスは、千葉市の遺跡で約2千年前の地層から発見された種を発芽させ、現代に咲くようになったもの。植物学者の大賀一郎博士が発芽に成功したことから「大賀ハス」とも呼ばれる。同公園の古代ハスは、大賀博士が島根県大田市に寄贈したハスから株分けされた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 42 ページ