経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
ぐるっと日本




Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

北海道でクリスマス列車

9月の北海道地震の影響で減った外国人観光客を呼び戻そうと、北海道はクリスマスイブの24日、道内を観光列車で巡るツアー「復興クリスマストレイン」を催した。中国やフィリピンなどからの観光客が参加したほか、被災地の子どもらも招かれ、交流を楽しんだ。 列車は外国人客約80人や、被害が大きかった厚真、安平、むかわ3町の親子約40人を乗せ、富良野―稚内間を走行。参加者は途中駅でイベントに参加したり、特産品を味わったりした。...

札幌市内の建物被害5000件に 8割以上が住宅やマンション 北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震による建物被害が、札幌だけで5000件に上ることがわかったと北海道放送が報じた。札幌市にると、9月の胆振東部地震で被害を受けた建物は、13日現在で、全壊が96件、半壊が684件、一部損壊が4220件と、合わせて5000件に上ったことが分かった。このうち8割以上が、住宅やマンションなどの「住居」用の建物だという。...

旭川空港、就航率99%と北海道の真ん中アピール

国際線ターミナルが11月22日に開業した旭川空港。3連休の23日から25日は、オープンを記念したイベントが開かれている。降雪地帯ながら2017年度の就航率が99.5%だったことから、キャッチコピーとして「就航率99%の安心」、呼称として「北海道の真ん中・旭川空港」を掲げる。旭川空港をPRしていく際に北海道の中央に位置し、各地へアクセスしやすいことを打ち出すために使っていくという。...

ミス・インターナショナル、北海道訪れ観光PR

日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道貿易情報センターは27日、アジアや北米などのミス・インターナショナルを札幌市内に招く。9月の北海道地震で訪日外国人が減ったことを受け、交流サイト(SNS)などで発信力のある各国・地域代表の女性に観光PRしてもらう狙いだ。北海道への旅行者が多い韓国や中国、ハワイなどのミス・インターナショナル代表15人が27日、もりもと(千歳市)の工場や、羊の放牧などに取り組むえこりん村(恵庭市)、セイコーマート北海道大学店などを視察する。...

千代田化工公司得到了蓄电池工程的委托

...

北海道地震 行政・金融支援急ぐ 道は中小向け低利融資

北海道7空港、4陣営名乗り 20年から民間が一括運営

防災へ「先頭に立ち行動」 全国知事会議、北海道宣言採択し閉幕

北海道大雨、農作物など被害大きく

奨学金返済の支援検討 北海道で働こう応援会議総会で報告 制度新設へアンケート

北海道と中国の交流促進 知事と李首相が確認

セブン-イレブン 2018年度、北海道全店1000店に「ネットコンビニ」導入

阿寒湖氷上でバナナボート人気 3月末まで

JR北海道「日帰り周遊パス」3,500円で道内の普通列車に1日乗り放題

アイヌ文化ツアー4割増 中央バス系旅行会社、今年バス企画100本

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

「やっとスタートライン」 佐久間牧場7年10カ月ぶり原乳出荷

葛尾村の佐久間牧場は11日、東京電力福島第1原発事故の影響で休止を余儀なくされた原乳の出荷を7年10カ月ぶりに再開したと福島民友が報じた。旧避難指示区域での原乳出荷再開は、楢葉町と川俣町山木屋地区に続き、3例目。同牧場の佐久間哲次さん(42)は「酪農で葛尾村を盛り上げていきたい」と士気を高めた。...

外国人雇用、54%が前向き 山形県の事業所意向調査

山形県は25日、外国人労働者の雇用実態に関する調査結果(速報版)を公表した。外国人を雇用していない県内の936事業所のうち、条件付きでも今後雇用する意向があるとの回答が54.1%に上った。県の担当者は「人手不足のため一定のニーズがある」と分析している。調査は10~11月、飲食や建設など20人以上の従業員を抱える2千の事業所に郵送で実施。1098事業所(54.9%)から回答を得た。...

秋田県の観光は“AI秋田犬”におまかせ!

秋田犬ツーリズム(秋田県大館市)は、SELF(東京都新宿区)のコミュニケーション人工知能を活用したAI秋田犬「mofuu」の運用を始めた。ウェブサイトの訪問者に宿泊日数や人数などを質問し、回答をもとに趣向や条件に沿った観光プランを生成する。欧米から日本に訪れる観光客を意識して、英語での会話にも対応する。SELFのAIエンジンは、サイト利用者の特性や会話の判断材料となる独自のライブラリや解析・記憶システムなどを用いて、利用者とのより自然な会話を実現する。...

宮城県観光キャンペーン、サザエさんとポケモン起用正式決定 ターゲットは家族連れ

宮城県は25日、2019年度に実施する観光キャンペーンで、人気漫画「サザエさん」、人気キャラクター「ポケットモンスター」を起用すると正式に発表した。家族連れを中心とした幅広い世代をターゲットに誘客策を繰り広げる。キャンペーン期間は19年5月~20年3月で、18年度に続き通年で実施する。...

地元米で130キロの鏡餅 地元農協が矢巾町へ

...

青森県、4カ国語対応のAI観光案内

災害対応力を磨く 福島県、首長対象に「防災塾」初開催へ

山形県、「雪条例」制定へ 除雪対策・雪利活用

AI秋田犬「もふ~」が県北旅をナビ 観光、土産情報を提供

宮城県と女川原発30キロ圏7市町 来月24日防災訓練 仙台など4市町初の受け入れ想定

デンソー岩手、新工場の完成式典 半導体デバイス生産

青森県の漁業取締船はやかぜ完成 密漁を監視

米市民視察団が福島県へ 南加県人会などの団体 公募で来秋派遣

河川の樹木、10年間民間に伐採委託 山形県と国

乗用型長ネギ収穫機、開発進む マメトラ農機象潟工場

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

「椿まつりへ来てね」 大島へ高速船も 横須賀と藤沢

毎春恒例の「伊豆大島椿まつり」の開催を前に、椿の女王とミス大島らが10日、神奈川県横須賀、藤沢市役所を訪れ、島の魅力をPRした。まつりは27日から3月24日まで開かれ、約300万本、千種を超えるツバキが島を彩る。期間中には、久里浜と江の島発着の高速ジェット船が運航。島内ではオープニングセレモニーをはじめ、椿の女王コンテスト、夜まつりなどのイベントが予定されている。...

東京都、AI・IOT活用の実験農場を整備へ

東京都は人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などの先端技術を活用した実験農場を開設する。2019年度に関連予算を盛り込み、21年度に運営を始める計画だ。都内でシニア就農を促す研修農園も整備する。生産効率の向上や就農者の増加を促し、22年に税優遇が切れる生産緑地の維持につなげたい考えだ。19年度予算案の知事査定をしている小池百合子知事が8日、明らかにした。...

成田空港温泉「空の湯」着工 12月初旬オープン/芝山

成田空港近くの千葉県芝山町香山新田で11日、ビルメンテナンス会社「三栄メンテナンス」が掘り当てた温泉を活用した温浴施設の地鎮祭が行われた。同社が命名した源泉は「成田空港温泉空の湯」で、2020年の東京五輪・パラリンピックに向け、本年12月初旬に開業する予定。同施設は、空港南側で2本の滑走路の飛行ルートに挟まれた一角に建設される。...

国交省/ドローン物流を埼玉県秩父市で検証実験

国土交通省は11日、埼玉県秩父市で秩父市ドローン配送協議会(代表事業者:楽天)による無人航空機(ドローン)を活用した荷物配送の検証実験を15日から31日にかけて実施すると発表した。検証実験内容は、送電設備上空を空の道として利用した「ドローンハイウェイ」を活用し、浦山ダムから約3km(飛行時間約10分)の距離にあるネイチャーランド浦山まで、バーベキュー用品等の配送をドローンで実施する。...

八木節や絶メシ 東京ドームでPR 20日まで「ふるさと祭り」

...

日光田母沢御用邸記念公園、三階御展望室を公開 31日まで

鶏卵、供給過剰で暴落 15年ぶり安値 県内生産者に危機感

東名あおり、懲役18年 危険運転適用「常軌逸している」

日本橋再開発、東京都が認可へ 事業費3167億円

千葉県の東京五輪都市ボランティア 募集の2.1倍

夜祭宵宮でナイトバザール 埼玉県秩父市

群馬県「すき焼き」でギネス記録 1時間に745皿提供

栃木県の奥日光湯元温泉雪まつり「雪灯里」、2月2~10日に開催

ロボトラクター発売へ 井関農機、ICTで作業省力化

介護分野の人手確保を 森田千葉県知事がベトナム視察

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

長野県伝統工芸品展 信州の匠の技を見よう 16日から松本で

「信州の匠がみせる、磨き抜かれた伝統の技」をテーマにした第34回県伝統工芸品展が長野県松本市の井上百貨店で開かれる。22日まで。期間中の19、20日両日には、家具や漆器、ろくろ細工などの伝統工芸づくりに携わる職人が、実際に工芸品を製作する様子を目の当たりにできる企画が催される。打刃物の職人が、持ち込まれた包丁を研ぐサービスも行われる。...

山梨県産木材を使い紙ストロー作製

プラスチックごみによる海洋汚染が問題になる中、山梨県は県産木材を使った紙ストローの事業化に向け消費者の意向を調査する協定をコンビニエンスストアなどと結んだ。山梨県と協定を結んだのは、コンビニエンスストアのローソンと県ゴルフ場支配人会、それに森林保全に取り組む業者などの団体やまなし森の紙推進協議会。県内のローソンのイートインコーナーやゴルフ場のレストランで約2か月にわたり利用者のアンケート調査を行うという。...

長岡市内5社タッグ独自ツアー企画 食・酒・美の1泊2日

温泉旅館や老舗料亭など新潟県長岡市内の5社が連携し、「和」をテーマに食、酒、美を楽しむ1泊2日の旅行商品を作った。地酒や地元産のみそ、しょうゆを生かした食事、温泉宿の雪景色などを体感できる。大手旅行会社に頼らず、地元企業が企画した。9日から3日間、都内で長岡をPRするイベントを開き、首都圏からの誘客を図る。参加企業は「温かいおもてなしの気持ちで接し、長岡の魅力を知ってもらいたい」としている。...

長野県のマツタケ豊作、17年比10倍の51トン 地温適温で

長野県が7日発表した2018年のマツタケ生産量(推計値)は不作だった17年の10倍の51.2トンだった。平年比でも1.6倍の豊作。地温が急に下がることなく適温で推移したため発生期間が長く、後半を中心に品質も良かった。主産地の南信は平年比7割増の40.4トン。早い地域では8月下旬から発生し、11月上旬ごろまでとれた。...

山梨の12月の景況感、4期ぶり改善 日銀短観

日銀甲府支店は14日、12月の県内企業短期経済観測調査(短観)を発表した。景況感を「良い」と答えた企業の割合から「悪い」を差し引いた全産業の業況判断指数(DI)が15となり、前回9月のプラス12から3ポイント改善した。改善は昨年12月から4期ぶり。 調査は11月中旬以降に実施。対象122社が全て回答した。...

高温に強いコメの開発へ 新潟県が極早生米新品種

清水建設、長野県東御市に木質バイオマス発電施設

爆発的増加 山梨の外国人宿泊者数が過去最多の160万人に

長野県、機能性食品開発へ 19年3月に新研究棟

富士急ハイランドに屋外スケートリンク 首都圏一早くオープン

新潟県内1~6月の工場立地 面積は前年の3倍

諏訪湖ジョギングロード 下諏訪町が整備へ

富士5合目への登山鉄道 山梨県が検討会設置へ

寒ブリの大漁を願って「網入れ式」 佐渡

水力発電所を巡る「伊那市自然エネツアー」本格始動

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

愛知県、外国人受け入れ拡大で協議会設置

愛知県は16日までに、国が4月に創設する新しい在留資格「特定技能」に向け、関係機関と協議会を設置すると発表した。県や名古屋入国管理局、愛知労働局のほか、地元経済界などから18団体が参加する。外国人材の労働環境や生活環境の整備、日本語学習・教育など3つのワーキンググループを設置してテーマごとに協議する予定だ。2月にも第1回の会合を開く。...

静岡空港、LCC続々 中国・煙台、ソウル路線参入

旺盛な訪日需要を背景に地方空港へ目を向ける格安航空会社(LCC)が増加し、静岡空港に昨年12月、相次いで2社の就航が決まった。中国連合航空が昨年末、中国山東省の煙台と結ぶ路線の運航を始め、韓国の済州航空はソウル線の運航を今年5月ごろ開始する見通し。静岡空港の国際線6路線のうち、LCCは3社2路線になる。ソウル線は日韓外交のあつれきが表面化する中、韓国のLCC2社が定期便を飛ばすことになる。...

高校教育ICT化加速 全83校に電子黒板整備へ

岐阜県教育委員会は2019年度、県立高校と特別支援学校の全83校で、無線LANや電子黒板などのICT(情報通信技術)環境を整備する方針を決めた。教員が板書し、生徒がノートに書き写すなどの手間や時間を短縮でき、授業の効率化や学力向上につながると期待している。文部科学省は20年度から順次実施する新学習指導要領で、ICT環境の充実を掲げ、22年度を最終年度とする5カ年の整備計画を策定。財政措置を講じて地方の教育現場のICT化を後押ししている。...

精麻を初奉納 伊勢麻振興協会が椿大神社に

三菱重工业13日、爱知县小牧市的集团「三菱航空发动机」宣布、小型jet客机「MRJ」搭载的新型发动机的组装结束。美国的企业开发的新型发动机低燃费、低噪音是特点。这是国内的民营客机的jet发动机首次组装。今后将进行量产。...

小型ジェット旅客機「MRJ」の新型エンジン 国内で初の組み立て

三菱重工業は13日、愛知県小牧市にあるグループの「三菱航空エンジン」が、小型ジェット旅客機「MRJ」に搭載する新型エンジンの組み立てを完了したと発表した。アメリカの企業が開発した新型エンジンは、低燃費と低騒音が特徴。国内での民間旅客機用のジェットエンジン組み立ては初めてで、今後、量産機用を組み立てるという。...

古民家をホテルに再生へ 岐阜・美濃、地元銀など支援

メタボ増加、静岡県が68万人の特定健診ビッグデータ

神域の木々色づき、紅葉で赤く染まる五十鈴川 

電気・ガスの販売競争激化、中部電力が東海3県で販売代理店設置へ

静岡県がセミナー、海洋バイオ技術で新産業

岐阜県、フランスで開催された日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018」で「岐阜の地歌舞伎」を公演

鈴鹿 桜がつなぐ日中友好 桜友誼林保存協会が史料展 

春日井、小牧も狩猟禁止に 豚コレラ対策で愛知県

産卵場所へ、願い込め 親ウナギ282匹を放流 遠州灘

岐阜県と江西省、交流覚書 観光や林業で促進

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

創建1600年、奉祝ムード演出 世界遺産の闘鶏神社

世界遺産の闘鶏神社(和歌山県田辺市東陽)が来年、創建1600年を迎える。各種団体でつくる「記念事業推進協議会」(榎本長治会長)は、能楽やウオークイベントなど年間を通じてさまざまな記念事業を企画。25日から市内各所に看板や横断幕、のぼりを設置し、奉祝ムードを高めている。...

ベトナム進出を支援 現地企業と商談会

日本企業の海外進出が進む中、ベトナム進出を目指す県内の企業と現地企業による商談会がハノイ市内で行なわれた。これはベトナム進出を目指す県内企業などをサポートしようと奈良テレビ放送が主催したもの。ハノイでの開催が2回目となる今年の商談会には県内企業9社のほか、県観光局や大和郡山市などが参加し、現地の販売店や旅行会社などに対し試供品を提供するなど商品の特徴や奈良の魅力を直接PRした。...

四十七士いざ討ち入り 京都・山科義士まつり

赤穂浪士の討ち入りの日にあたる14日、大石内蔵助ゆかりの京都市山科区一帯で「山科義士まつり」が行われた。四十七士に扮した住民らの隊列が師走の街を練り歩いた。山科は内蔵助が討ち入り前の1年余りを過ごした地とされ、まつりは地元の自治連合会などでつくる実行委員会が毎年この日に開いている。44回目の今年は大塚学区の地方公務員竹谷良一さん(65)が内蔵助役を務めた。...

大阪府が万博推進本部を設置

2025年国際博覧会(万博)の大阪開催に向け態勢を強化するため、大阪府は11日、松井一郎知事をトップとする「万博推進本部」を設置し、府庁で初会合を開いた。会合で松井知事は「万博は世界中の人が参加するビッグイベント。誘致に手を挙げて4年間で勝ち取ることができたのは、府市職員の高いポテンシャルがあったからだ。一人一人のスキルを高め、1970年大阪万博を超える、世界中を驚かせる万博を実現したい」と呼びかけた。...

第13回全国学校給食甲子園、優勝は兵庫県・養父市学校給食センター

「地場産物を活かした我が校の自慢料理」をテーマに「第13回全国学校給食甲子園」決勝大会が9日、女子栄養大学で開催され、兵庫県の養父市学校給食センターが優勝した。優勝した献立は、浅黄豆入り古代赤米ごはん、白身魚のマヨネーズ焼き~朝倉さんしょうソース~、れんこんのごま酢あえ、八鹿豚とやぶ野菜の豚汁、畑ヶ中の富有柿、牛乳。...

お待ちかね 初滑り 高島・箱館山スキー場オープン

梅の収穫、過去3番目の多さ 和歌山県、5年ぶり増加

最古の大壁建物跡か 奈良・高取の遺跡で発見

テニス王国兵庫 県協会70周年の節目祝う 神戸

小林製薬、口腔ケアなどで啓発協力 大阪府と包括連携協定締結

秀吉の「北野大茶湯」に由来の献茶祭 京都・北野天満宮

高島市マキノ町、メタセコイア並木 色づき始める

和歌山県産柿を豪に輸出 国内初、橋本で出発式

明日香村と連携協定の企業が橘を収穫

海外介護人材の確保強化 兵庫県と神戸市が支援

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

島津製作所と山口県,山口市,山口大学の4者で健康づくり等をテーマとした技術連携に関する基本合意書を締結

島津製作所は12月20日,山口県,山口市,国立大学法人山口大学と4者で,健康づくり等をテーマとした技術連携に関する基本合意書を締結した。山口県は全国に比べ約10年早く高齢化が進んでおり,約3人に1人が高齢者という全国でも有数の超高齢社会を迎えている。この社会課題に対応するため,山口県と山口市と山口大学が一体となって認知症の予防に向けた取り組みを推進している。...

原爆に耐えた江戸後期の土蔵 広島市重要文化財に指定

JA冈山除外的冈山县8JA正在审议2020年4月的合并。力争组织的效率化、经营基础的强化。合并后的正组合员10万人超过预计。全日本全国农业协同组合中央会称这是全国最大规模。8JA明年1月份17日预备合同缔结。2月份各个JA的临时总会正式决议合并承认方案。...

岡山県8JA合併検討 20年4月、全国最大規模に

JA岡山を除く岡山県内8JAが2020年4月の合併を検討していることが分かった。組織の効率化を図り、経営基盤を強化するのが狙い。合併後の正組合員数は10万人を超える見通しで、全国農業協同組合中央会によると全国最大規模という。8JAは岡山東、岡山西、倉敷かさや、びほく、あしん、まにわ、つやま、勝英。来年1月17日に予備契約を締結し、同2月に各JAの臨時総会で正式に合併承認案を議決する。...

県が黄色いエノキタケを開発 販売開始へ

島根県がオリジナルのエノキタケ「黄雲」を開発した。エノキタケといえば白いものが一般的だが、オリジナル品種は黄色。県中山間地域研究センターが飯南町など県内の山で見つけた野生のエノキタケをかけ合わせて作った。特徴は色に加え、大きいこと。歯ごたえがしっかりしていて、コクもある。名前は公募で選ばれ、「黄色」「出雲」「幸運」に由来している。...

松葉ガニ豊漁、前年比66%増 鳥取県、先月末現在の水揚げ状況まとめ

鳥取県は、11月6日に解禁されたズワイガニ漁の水揚げ状況を、同月末現在でまとめた。松葉ガニ(雄)は水揚げ量が前年を大幅に上回る豊漁で、「近年にない低い単価」(県水産課)だった。松葉ガニは前年比66%増の199トンの水揚げ。1キロ当たりの平均単価は2769円と前年を42%下回り、水揚げ金額も4%減の5億5171万円。...

农药的广域物流据点的作动

巴士路线人气

米軍2機が空中接触し墜落 2人発見、5人なお捜索中

3連覇の広島、広島県での経済効果は年間約356億円

JA全農/岡山に農薬の広域物流拠点稼働

島根県の風評払しょく効果 名阪近鉄旅行、バスツアーが人気

蛇口からカニのだし汁 米子空港で無料提供

海峡臨み、1万1000人走る 山口県下関市

乾電池ロボが遠泳ギネス、パナ、厳島神社で3キロ達成

岡山県瀬戸内市に最大級メガソーラー完成 パネル90万枚、竣工式で祝う

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

高知県、木造建築の専門家集団と協定、木材需要拡大で連携

高知県は木造建築の新たな可能性の提案や普及に取り組むNPO法人、team Timberize(ティンバライズ、東京・渋谷)と同県産木材の需要拡大に向けた連携協定を結んだ。建築士や施工技術者の養成、建築資材や木製品の開発のほか、県産木材を拡販する「TOSAZAIセンター」の支援で連携する。ティンバライズは建築士を中心に全国に100人以上の会員がいる。...

大型ブリ・マダイ、養殖が拡大 目指す食卓は海外

愛媛県宇和島市中心部から車で30分。県水産研究センターの裏手の海に、いくつもの養殖イカダが浮かんでいる。開発しているのは10キロまで成長させる「大型ブリ」。通常の県産養殖ブリの2倍程度の重さだが、海外では大きい方が好まれるという。渡辺昭生・研究企画室長は「興味を持っている業者は多い。なるべく早く普及したい」。8月に漁協関係者と開いた試食会でも、好評だったという。...

国産オリーブオイル、ナンバーワン決定戦、香川県が初開催

香川県は国産オリーブオイルのナンバーワンを決める「日本オリーブオイル品評会」を2019年2月に初開催する。国産品に限定した全国規模の品評会の開催は国内で初めて。国内で流通するオリーブオイルは輸入品が多く、国産品のブランド力の向上につなげる。国内で9月以降に収穫されたオリーブの果実のみを原料に、国内製造されたオリーブオイルを出品の対象とする。全国の製造販売会社から28日まで申し込みを受け付ける。...

スマホでさい銭 四国霊場の平等寺(徳島・阿南)が決済サービス

...

「安芸・室戸自行车周游」

...

住友 古民家饭馆

写真印刷蛋糕、全国各地订购

139キロ銀輪疾走 高知県で「安芸・室戸パシフィックライド」

新居浜 住友ゆかり古民家レストラン、10日開業

香川県独自のオリーブオイル官能評価パネル、IOCから公式認定

写真印刷ケーキ、全国から注文 徳島・阿波市の洋菓子店

原木シイタケ味わって 高知県四万十町で「しいたけフェア」

チョコブリ、色味長持ち 愛媛県、養殖魚の変色防ぐ新技術

香川県、ドローンを導入 防災対策などに活用

徳島県が観光PR、来月から季節定期便も 

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

去年の農業産出額 鹿児島 初の5000億円突破

去年の鹿児島県の農業産出額は初めて5000億円を突破し過去最高となった。また、11年ぶりに全国2位となった。県によると25日農林水産省が公表した去年1年間の鹿児島県の農業産出額は前の年を264億円上回り、初めて5000億円を突破した。おととしの農業産出額で鹿児島県は全国3位だったが、去年の産出額では茨城県を抜き、11年ぶりに北海道に次ぐ全国2位となった。...

「食と観光サミット2019」が宮崎県で開催。羽田空港を起点に地方創生を推進

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構は、1月24日に「食と観光サミット2019」を宮崎県で開催。羽田空港の「場」を活用した新たな価値の創造と企業・人財の育成を進める、羽田未来総合研究所の大西洋氏らを宮崎県に迎え、地方創生に向けた展望を語る。これは、2019年6月に羽田空港で開催予定の宮崎県新富町の移住定住促進イベントに向けた取り組みの一環。...

TOTO 118億円投じ、大分県中津市にセラミックス製品の新生産棟を新設

TOTOは12月25日、TOTOファインセラミックス本社・中津工場敷地内に新たなセラミックス製品の生産工場棟を建設すると発表した。新工場棟は「静電チャック」の量産工場と位置付け、約118億円を投資する。また、これまで培ってきた最先端のセラミックス加工技術とノウハウを結集させ、IT技術も駆使することで、生産性向上を目指したスマートファクトリー化の実現を図る。新工場棟は2019年1月より着工し、2020年10月からの稼働開始を目指す。...

大河「いだてん」が結ぶ縁 熊本県と筑波大、地域活性化で協定

来年放送のNHK大河ドラマ「いだてん」に絡み、前半の主人公となるマラソン選手、金栗四三の出身地・熊本県と、母校の筑波大(旧東京高等師範学校)などは、スポーツを通じた地域活性化を目指して連携する協定を結んだ。金栗は五輪に初参加した日本人の一人。 熊本県内で開催する講演会やマラソン大会に専門家や陸上関係者を招致するほか、健康スポーツプログラムの作成などに取り組む。...

長崎県、福山雅治さんによる島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」 五島列島・対馬・壱岐の全3篇を12月10日に公開

長崎県は、福山雅治さんによる島旅ドキュメンタリー動画「もっと長崎の島々に、なる!」...

佐賀の商社が「おしぼりロボット」開発 中国のおしぼり製造機ヒントに 

JR九州、統括会社設立へ 駅ビル、ホテル事業を強化

サイクリング屋久島&屋久島ヒルクライム2019 2/16〜17開催

養殖から製造、市内で一貫生産 日南キャビア誕生

大分県で27度!福岡県など12月観測史上初の夏日

有効求人倍率1.65倍 人手不足続く

中国イメージの着物完成 東京五輪に向けプロジェクト

吉野ヶ里歴史公園でライトアップイベント「光の響」 熱気球夜間係留、花火打ち上げも 

豊前海一粒かき、水揚げ始まる 豊前市

鹿児島県のインバウンド消費額が過去最大 香港・台湾の航空便増便が影響

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

辺野古土砂投入 向政府强烈反抗预计出现

冲绳县名护市边野古的新基地建设下,日本政府14日在护岸填满区域投掷沙土。玉城知士13日要求官房长官和防卫相停止工程。冲绳防卫局填埋承认的条件的事前协议没有等为理由在文书上中止工程,政府强行填埋。玉城知事14日记者会见上表示强烈愤慨。...

政府への猛反発は必至 辺野古土砂投入 デニー知事、15日抗議集会へ

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は14日、護岸で囲った埋め立て区域に土砂を初めて投入した。玉城デニー知事が13日に官房長官、防衛相に工事中止を求め、沖縄防衛局に埋め立て承認の条件となる事前協議がないことなどを理由に工事中止を文書で指導する中、政府が埋め立てを強行した格好だ。玉城デニー知事は14日に会見し「激しい怒りを禁じ得ない」と強く反発。...

国際都市・沖縄県沖縄市で「沖縄国際カーニバル」開催

世界45か国あまりの人々が暮らす沖縄市で、国際色豊かなイベント「沖縄国際カーニバル」が11月24、25日の2日間、コザ・ゲート通り周辺、ミュージックタウン音市場で開催される。メインイベントのひとつである「カーニバルパレード」は、中央パークアベニューから国道330号線を経由してゲート通りを行進する市民パレードで、さまざまなコスチュームに身を包んだ市民団体や地元ダンスチーム、沖縄市在住の外国人チームも数多く参加し祭りを盛り上げる。...

沖縄の観光客数、上半期は519万人 過去最高も台風が影

沖縄県が25日に発表した、今年上半期(4~9月)の入域観光客数は前年同期比3%(15万1200人)増の519万7300人で過去最高を更新した。国内外の航空路線の拡充や、クルーズ船の寄港回数増などが主な要因となった。一方で9月の入域観光客数は台風の影響を受け、4.3%(3万5600人)減の80万1500人で、前年同期比を下回った。外国客は12.8%(19万1700人)増の168万9500人と過去最高を更新した。...

首相「真摯に受け止める」 沖縄県知事選で

関空閉鎖、沖縄県観光に痛手 旅行社は伊丹、神戸に変更検討 貨物便運休、物流も影響

安室奈美恵さん、沖縄県の「観光大使」に

世界初 “ハブ毒”の遺伝子解析に成功

沖縄の路線価、伸び率日本一 県内最高路線価は那覇市久茂地

薬学部創設へ10万筆 沖縄県薬剤師会、琉大に署名提出

ダム貯水率5割切る 県内少雨、農家懸念も

瀬長島来島者288万人 17年度、観光拠点整備が要因

両陛下の沖縄訪問、宮内庁が正式発表 3月27~29日

希少サンゴの移植許可 辺野古埋め立て海域 沖縄県