経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
ぐるっと日本




Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

ミス・インターナショナル、北海道訪れ観光PR

日本貿易振興機構(ジェトロ)北海道貿易情報センターは27日、アジアや北米などのミス・インターナショナルを札幌市内に招く。9月の北海道地震で訪日外国人が減ったことを受け、交流サイト(SNS)などで発信力のある各国・地域代表の女性に観光PRしてもらう狙いだ。北海道への旅行者が多い韓国や中国、ハワイなどのミス・インターナショナル代表15人が27日、もりもと(千歳市)の工場や、羊の放牧などに取り組むえこりん村(恵庭市)、セイコーマート北海道大学店などを視察する。...

千代田化工公司得到了蓄电池工程的委托

...

北海道地震 行政・金融支援急ぐ 道は中小向け低利融資

...

北海道7空港、4陣営名乗り 20年から民間が一括運営

新千歳など北海道内7空港の一括運営をめぐる入札に、国内外の企業連合4陣営が名乗りを上げたことが17日、分かった。7空港を管理する国と地元自治体は2020年から30年間、運営権を委託する。落札グループは民間のノウハウを生かし、急増する外国人観光客などを呼び込んで収益拡大を目指す。国などは今春、新千歳と稚内、釧路、函館、旭川、帯広、女満別の7空港を一括して運営する民間企業の募集を始め、16日に1次入札を締め切った。19年夏には1陣営に優先交渉権を与える。...

防災へ「先頭に立ち行動」 全国知事会議、北海道宣言採択し閉幕

札幌市で2日間にわたって開かれた全国知事会議は27日、国難レベルの巨大災害に備えるため、知事会が防災対策で「先頭に立って行動する必要がある」との決意を盛り込んだ「北海道宣言」を採択し、閉幕した。宣言では、西日本豪雨などの被災地に関し、総力を挙げて支援することや各自治体の対応を事後検証し課題を共有することを明記した。来年は富山県で開催する。...

北海道大雨、農作物など被害大きく

奨学金返済の支援検討 北海道で働こう応援会議総会で報告 制度新設へアンケート

北海道と中国の交流促進 知事と李首相が確認

セブン-イレブン 2018年度、北海道全店1000店に「ネットコンビニ」導入

阿寒湖氷上でバナナボート人気 3月末まで

JR北海道「日帰り周遊パス」3,500円で道内の普通列車に1日乗り放題

アイヌ文化ツアー4割増 中央バス系旅行会社、今年バス企画100本

北海道信金、営業を開始 預金1兆円台、道内首位

北海道松前沖漂着 道警、窃盗容疑で 被害額790万円

新千歳国際線ビル拡張工事で安全祈願祭

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

ワカサギ釣り待望の解禁 北塩原の桧原湖と小野川湖

福島県北塩原村の桧原湖と小野川湖のワカサギ釣りが1日、解禁となり、多くの釣り客でにぎわったと福島民報が報じた。村内の民宿えんどうが桧原湖に設けたドーム船では暖かな船内で釣り客が釣果を競った。郡山市から家族や友人と訪れた主婦佐藤広美さん(48)は「たくさん釣って夕飯のおかずにしたい」と話していた。ワカサギ釣りの問い合わせは桧原漁協 電話0241(32)3468へ。...

イザベラ・バード 英国人女性140年前の旅行に、東北の魅力学ぶ シンポや街道探訪 

1878(明治11)年に県内を含む東日本を旅行した英国人女性旅行家、イザベラ・バードの来日140周年を記念して、バードの旅から地域の魅力を学ぶ集いが9、10日、山形市内で開かれる。東北地方を街道で結び、歴史や文化、風土を生かした地域づくりを目指す団体「とうほく街道会議」などが「第14回交流会山形大会」として開くもので、関係者は「山形県を含めた東北に活動のネットワークを広げたい」と意気込んでいる。...

職人のさえ 秋田県産木材を使った家具を紹介 秋田でフェア

秋田県内の職人が手掛けた県産木材を使った家具などを紹介する「秋田県産材フェア」が7日、秋田市のJR秋田駅構内であった。県産木材の利用を推進する「ウッドファーストあきた」の一環で県が主催した。国際的に活躍する工業デザイナー喜多俊之さんがデザインした県産のナラやスギを使った家具約20種を展示。多くの人が足を止めて、木のぬくもりや香りを楽しんだ。...

”ミスター半導体”西澤潤一東北大元学長死去

宮城が生んだ偉大な研究者の訃報。半導体の世界的権威で文化勲章などを受章した東北大学の元学長西澤潤一さんが亡くなった。92歳だった。西澤潤一さんは仙台市出身。研究者としては「ミスター半導体」との異名を持ち、発光ダイオードや光ファイバーの発明・開発など数々の業績を残した。1989年に文化勲章、2000年にはエジソンメダルを受賞、その後、首都大学東京の学長などを歴任したが、10月21日に死去。...

若手漁業者確保へ資格や漁法習得後押し 岩手県、来年度「水産アカデミー」開講 

情報通信技術を活用した漁法の習得を後押しし、東日本大震災で減少した漁業就労者数の回復を目指す。近く受講生の募集を始める。12日に県や県漁連でつくるアカデミー運営協議会が発足した。受講定員は10人。出身地や経験の有無は問わないが、岩手で就労する意思がある原則44歳未満の男女を対象とする。...

学校給食の青森県産食材利用過去最高の66.8%

中国、台湾から2000人泊決定 福島県が発表

樹齢150年以上のケヤキ並木!山形県・山居倉庫の紅葉が間もなく見頃

10月、秋田の祭りが角館に集結! 「新・秋田の行事 in 仙北2018」開催

宮城県漁協 生カキぷりっぷり 今季、初出荷 

岩手県人会創立60年・県人移住100年式典 各地県人会員など総勢300人が出席

青森県産リンゴ販売4年連続1000億円超

東電、都内で福島県産品の販売会 風評払拭支援アピール

厚真町で避難所運営支援・山形から県職員30人派遣へ 北海道地震

金足農の商業利用にグレーゾーン多数 高野連は新ルール作りに着手

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

神奈川県とインド政府 未病改善で覚書

神奈川県は29日、インド政府と健康改善に関する覚書を締結した。県が進める健康と病気の間の状態を指す未病の概念と、インドの病気を予防する伝統的な医療の考え方を共有。今後、健康改善に連携して取り組んでいくことを確認した。インドの伝統医療、アーユルヴェーダは健康の維持や病気の予防を自己管理で行う考えを基本としている。県は未病の概念に近いと考え、県内のイベントにインド発祥のヨガを取り入れるなど交流を深めてきた。...

ハロウィーン「街荒らされた」 来年に向け対策検討 渋谷区長

ハロウィーンで東京都渋谷区の繁華街でトラブルが相次いだことを受け、渋谷区の長谷部健区長は1日、「これだけ街が荒らされたことに対して、何かしらの対応をしなければならない」と述べ、来年に向けて対策を検討する考えを示した。同区の繁華街には、仮装した若者らが大勢押し寄せ、痴漢や窃盗などの容疑で逮捕者が出た。長谷部区長は「一部の心ない人たちによって、街を荒らされたのはじくじたる思いだ」と話した。...

超ピーナツ「Qなっつ」 開発の千葉県に連日問い合わせ

これまでのピーナツを超える存在に――。千葉県が約10年ぶりに開発した落花生の新品種「Qなっつ」の誕生祭が30日、JR千葉駅であった。安い外国産に押されて県産落花生の収穫量が減るなか、「県産の消費を拡大する起爆剤」として期待されている。「Qなっつ」は従来の品種より「色白」で、クセのない甘みが特徴だ。誕生祭では森田健作知事が「香ばしくて、甘みがいい。皆さんもぜひ食べてください」とアピール。...

秋満喫、川越で「菊まつり」

川越市小仙波町の喜多院境内で1日、秋の風物詩「小江戸川越菊まつり」が始まり、白や黄など色鮮やかな花が会場を彩った。23日まで。会場には会員が丹精を込めた懸崖や千輪仕立て、小菊盆栽など300点超の作品が並んだ。花は例年より小ぶりだが、訪れた市民らは記念写真を撮るなどして秋本番を満喫していた。2日は審査が行われ、農林水産大臣賞などが決まる。...

工場立地、群馬が全国1位 18年1~6月 栃木は失速

...

「真岡発電所」の建設着々 85メートル煙突が存在感 神戸製鋼所

ヒラメの季節到来 鹿島沖で一部解禁

底まで歩けます 27日に浦賀ドック見学会

築地解体スタート 五輪へ急ピッチ

「佐原の大祭」秋祭り始まる 関東三大山車祭り 千葉・香取、囃子連の集会場一部燃える

東京五輪・パラのボランティアに9650人応募 県が募集 定員の1.8倍、選考へ 女性の応募多数

日中国交正常化45周年 福田元首相、渋川で講演

台風を乗り越え、紅葉が見ごろ 栃木・奥日光

福井国体が閉幕 茨城国体へバトン

太陽光発電2019年問題 神奈川県が新たな売電先を紹介へ

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

長野県、機能性食品開発へ 19年3月に新研究棟

長野県は2019年3月、県工業技術総合センターの食品技術部門(長野市)に、機能性食品の研究開発棟を新たに設ける。県での独自研究に利用するほか、県内の食品関連企業の利用も促す。健康に良い食品やタブレット錠剤などを製造する企業を後押しして産業振興につなげるほか、「健康県」としてのPRにつなげる。工業技術総合センターの敷地内にある「しあわせ信州食品開発センター」の新棟として「機能性食品開発拠点」を設ける。...

富士急ハイランドに屋外スケートリンク 首都圏一早くオープン

屋外スケートリンク「クリスタルラグーンリンク」が11月9日、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)にオープンする。標高830メートルの高冷地に位置し、首都圏一早くオープンするという同施設。広さは3800平方メートルで、7つの小島が浮かび、富士山をバックにスケーティングが楽しめるほか、夜間はイルミネーションを点灯する。...

新潟県内1~6月の工場立地 面積は前年の3倍

新潟県が30日に発表した2018年1~6月の工場立地動向調査によると、立地件数は前年同期より10件多い26件だった。立地面積は3倍の43.3ヘクタールと大幅に増えた。都道府県別では全国2位の広さだった。景気の回復基調を受け、県内企業を中心に設備投資が堅調に増加。大規模な工場の案件が上期に集中した。...

諏訪湖ジョギングロード 下諏訪町が整備へ

諏訪湖畔に設けられているジョギングロードの未整備区間(下諏訪町の砥川~岡谷市境の十四瀬川)約300メートルについて、町は来年度中の整備を計画していることが12日、分かった。県諏訪建設事務所によると、ジョギングロードの進捗率は98%。未整備区間の工事完了で諏訪湖のジョギングロードは1本につながる。町建設水道課によると、ジョギングロードは既存の道路の湖側に設ける。幅は3メートル。ゴムチップ舗装にする。...

富士5合目への登山鉄道 山梨県が検討会設置へ

後藤斎知事は25日、県議会の代表質問で、富士山の麓から5合目までを結ぶ登山鉄道新設の可能性を検討する考えを明らかにした。自民党誠心会の渡辺英機氏への答弁。後藤知事は「費用や事業主体など課題もあるが、富士山の環境保全や冬季の来訪者数の増加など、観光振興にも効果が期待できる。庁内に検討会を設置し、しっかり検討していく」と導入に前向きな姿勢を明らかにした。県政策企画課によると、登山鉄道が敷設されれば、自動車排ガスの抑制による環境保全などにつながるとしている。...

寒ブリの大漁を願って「網入れ式」 佐渡

水力発電所を巡る「伊那市自然エネツアー」本格始動

朝採れ野菜、午後には都内へ 山梨県初、高速バス「貨客混載」開始

河井継之助の生涯映画化 長岡など新潟県内で大半撮影

クワの若葉で健康料理 駒ケ根市2施設が提供

山梨県主催のリニア乗車体験、1万人に

県内最大級の複合賃貸マンション「ロイヤルパークスER万代」が竣工

いいだ人形劇フェスタ開幕・猛暑で中止の公演も

開府500年目前・山梨県甲府市で「2018小江戸甲府の夏祭り」開催

新潟の離島観光に新風 グッド・アワー・パーク粟島

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

鈴鹿 桜がつなぐ日中友好 桜友誼林保存協会が史料展 

桜の植樹を通じて中国との友好を深める活動を続ける「日中共同建設桜友誼林保存協会」は8日、三重県鈴鹿市役所市民ギャラリーであゆみ展を開き、これまでの活動を紹介する資料など約60点を展示した。同協会は昭和61年に鈴鹿市で発足。これまでに友好訪中団として31回にわたって中国を訪問し、無錫市の桜友誼林公園などに中国と共同で桜の苗木を植え続けてきた。...

春日井、小牧も狩猟禁止に 豚コレラ対策で愛知県

岐阜県可児市で今月1日に豚コレラに感染した野生イノシシが見つかったのを受け、発見地点から半径10キロ圏の狩猟禁止を決めた愛知県は9日、可児市に隣接する犬山市に加え、山間部の一部が10キロ圏に含まれる小牧、春日井市を合わせた3市全域を「指定猟法禁止区域」に指定すると発表した。...

産卵場所へ、願い込め 親ウナギ282匹を放流 遠州灘

産卵期を迎えた絶滅危惧種ニホンウナギの親を市場で買い上げて海に放つ浜名湖発親うなぎ放流事業は8日、本年度の活動がスタートした。176.2キロ(282匹)を遠州灘に放ち、関係者が産卵場所のマリアナ諸島沖へ無事にたどり着くよう願いを込めた。放流は年内に計3回程度を予定している。浜名湖周辺の自治体や漁業関係者らでつくる浜名湖地区水産振興協議会などが5年前から続けている。...

岐阜県と江西省、交流覚書 観光や林業で促進

友好提携30周年を機に中国・江西省を訪問している古田肇岐阜県知事ら県訪問団は8日、南昌市内で易煉紅省長と面談した。古田知事と易省長は観光や花き、林業、環境などの分野で、より緊密な交流・協力関係を促進するとの覚書を交わし、節目の年に友好を深める新たな一歩を踏み出した。...

平成最後の神嘗祭  三重・伊勢神宮

...

熱田神宮で「新嘗祭」 約300人が参列し今年1年の実りに感謝

静岡県、観光交流客1億5648万人 17年度、5年連続で過去最高

南宮大社歴史刻む 11月に51年に1度の式年遷宮祭

豪華客船「にっぽん丸」が初寄港 津市

愛知県の国際展示場の愛称決定 アイチ・スカイ・エキスポに

日本一深~い街、沼津市。静岡県沼津市が「深海」にまつわるスポットをまとめたガイド誌を作成

スギ材の曲がり防ぎます 岐阜県森林研が技術開発

南海トラフ想定図上訓練 三重、官民チームが参加

26年アジア大会は秋開催 愛知・名古屋、契約締結

有効求人倍率1.73倍 製造や運輸、需要続く 静岡県内7月

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

明日香村と連携協定の企業が橘を収穫

明日香村と連携協定を結び、村の花・タチバナを栽培している企業が、その実の収穫を初めて行った。収穫を行ったのは、大和郡山市に研究開発拠点を置く住宅外装メーカー・ケイミューです。ケイミューでは、2015年に県、明日香村と三者で結んだ協定をきっかけに、高松塚古墳の近くにある遊休農地を利用し、およそ250本のタチバナの木を栽培してきた。きょうは、今年実を付けた100本から7500個あまりの実を初めて収穫した。...

海外介護人材の確保強化 兵庫県と神戸市が支援

不足する介護人材を海外から確保しようと、兵庫県と神戸市が、介護施設での外国人技能実習生の受け入れ支援に乗り出している。県社会福祉協議会内に、海外の送り出し機関と実習施設間の調整を担う「ひょうご外国人介護実習支援センター」を既に開設。ベトナムの送り出し機関と契約も結んだ。国が設けた外国人技能実習機構に対し、同センターが受け入れ窓口の「監理団体」となるための申請をしており、本年度中の許可取得を目指す。...

大阪府阪南市で「全国アマモサミット2018」が開幕

海草「アマモ」の再生をキーワードに、研究者や市民が海の環境改善を目指す「全国アマモサミット2018in阪南」が3日、大阪府阪南市立文化センターで開幕した。全国から約800...

iPS細胞でパーキンソン病患者の脳に移植 京大が世界初の臨床試験

iPS細胞を使った再生医療の未来に向け、大きな一歩となりそだ。京都大学の高橋淳教授らのグループはヒトのiPS細胞からつくった神経細胞をパーキンソン病患者の脳に移植する手術を世界で初めて行ったと発表した。手術は先月、50代の男性に行われ、術後の経過に問題はないという。...

第8回びわ湖一周ロングライド2019 3/10開催決定!

春の琵琶湖湖畔を爽快に走るサイクリングイベント「第8回びわ湖一周ロングライド」の開催が2019年3月10日(日)に決定した。今年は滋賀県長浜市が発着地となり、琵琶湖大橋より北側を周回するコースや初心者向けの平坦コースを設定。通過制限時間はあるがタイムレースではないので、日本一の湖の雄大な景色を楽しみながらチャレンジできる。...

南海トラフ地震を想定 和歌山で大規模訓練

マツタケの近縁種、人工栽培に成功 奈良県森林技術センター

当帰の葉で地域再生目指す‐兵庫県と兵庫医療大が連携

KYB改竄で大阪府の松井一郎知事「補償求める」

巫女舞と舞楽、初の奉納 京都・和貴宮神社

びわ湖環境ビジネスメッセ開幕 長浜バイオ大学ドームで

和歌山県が米CNNや英BBCに特設ページ開設 高野山や熊野三山など動画PR

奈良県・京都府・滋賀県・大阪府の13寺院で「秋の特別拝観」開催!

兵庫県8月の有効求人倍率1.46倍 前月比0.01ポイント上昇

「防災情報メール」を多言語化

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

マツタケ豊作 大きさ、香りも上々 備後地方 昨年より3割安の販売所も

全国的なマツタケの豊作が言われる中、広島県備後地方でも多くの地域で例年以上の収量となっている。直売所や道の駅では昨年に比べ2、3割安く販売されている場所もあり、売れ行きも好調のようだ。世羅町小世良のマツタケ専門の直売所「まつたけ村」は9月15日に今シーズンの営業を始め、これまでに約4トンを販売。岩手や長野県からも仕入れているが、10月に入り半分以上を県内産が占め、価格も昨年より3割ほど安いという。...

岡山後楽園で冬支度 松のこも巻き 虫を誘導する伝統的な駆除法

岡山市の後楽園で17日、松を害虫から守る「こも巻き」が行われた。アカマツやクロマツなど約240本がわらをまとい、名園は一足早く冬を迎える準備を整えた。こも巻きは、冬ごもりをする害虫が松の枝葉から地中に降りる習性を利用し、わらで編んだこもに虫を誘導する伝統的な駆除法。同園の秋の風物詩として知られる。園を管理する造園業者9人が、3人一組でこもを松の幹に巻き付け、わら縄で縛っていった。...

成蹊大学生と島根県立大学生がコラボで地域活性化 「吉祥寺駅フェスタ」で島根県産の農産品を販売

成蹊大学経済学部 経済地理学ゼミの学生と島根県立大学総合政策学部...

全国初、県立高生を私立校寮へ 県外生受け入れ

鳥取県教委は、県外から鳥取の県立高校に入学する生徒の受け入れ環境づくりに取り組んでいる。今年度、県外出身の入学者数は生徒募集を始めた2016年度から約3倍の14人に増えた。一方で、受け入れ生徒の住居の確保が課題となっており、来年度から寮のある私立・倉吉北高と県教委が連携していくことになった。倉吉北高で16日、協定書の調印式があった。私立高校の寮に県立高校の生徒を受け入れるのは全国初。...

オリックスが山口県に56.4MWのメガソーラー、1.8万世帯分を発電

カープ「優勝記念 花電車」3連覇を祝い運行開始

観光サイトを9年ぶりに新装 AIが旅を案内

出雲村田製作所、3年で400人雇用 島根県・出雲市と立地覚書

災害時の外国人対応窓口「とっとり緊急時情報センター」設置へ 

「馬関まつり」で朝鮮通信使の再現行列 下関市

国が広島県に砂防ダム20基新設へ

豪雨災害復旧へ506億円 岡山県9月補正案

松江市、AIを活用した観光施策の立案を支援する実証実験を開始

鳥取県産ジビエ、消費拡大しよう 仏料理人・高山さんが講習会

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

生コン600キロ、山中に落下 高知・大豊でヘリから、被害なし

20日午後1時25分ごろ、高知県大豊町で四国電力の送電線新設工事のため、西日本空輸(福岡市)がヘリコプターで運んでいた生コンクリート約600キロが同町内の山中に落下した。四国電によると、負傷者や建物などへの被害は確認されていない。国土交通省は事故につながりかねない重大インシデントと認定。運輸安全委員会は原因調査のため、航空事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。...

灯籠4000本に包まれライブ 今治・大西でフェスタ

愛媛県今治市大西地域の秋の祭典「おおにしフェスタ」が21日、同市大西町宮脇の藤山健康文化公園であり、約4000本の灯籠点灯や、同市出身のラジオパーソナリティー正岡省吾さんのライブなど多彩なプログラムでにぎわった。...

オリーブ出荷量 香川シェア9割、熊本・広島面積拡大

健康志向から人気の高いオリーブオイル。農林水産省の特産果樹生産動態等調査によると、原料となるオリーブの2015年産の国内の出荷量は香川県が379トンで首位。全国シェアは9割を超え、讃岐うどんとともに香川の食の魅力を象徴する。しかし、栽培面積をみると王座に揺らぎもみえる。需要の伸びを見込んで他県もオリーブの栽培面積を広げている。10年産調査では栽培地は香川と岡山の2県だったが、15年産調査では11県に拡大。香川の全国シェアは10年の92%から15年には55%に下がった。...

知事会見AIでテキスト化 全国初システム本格導入

...

高知県土佐清水市に豪華客船 四万十川や足摺など幡多観光満喫

日本最大級の豪華客船「ぱしふぃっくびいなす」(2万6594トン)が27日、高知県土佐清水市養老のあしずり港に寄港した。乗客425人の多くが四万十川や足摺岬など幡多観光を満喫した。全長183メートルで12階建て。展望バス付きのスイートルームなどがある。今回は名古屋市を出発点にした4泊5日の「屋久島・あしずりクルーズ」の一環で、名古屋に戻る途中、4年ぶりに土佐清水市を訪れた。...

四国電「伊方原発、再開準備進める」大分地裁決定受け

香川県は「謎肉県」 日清食品とコラボ

吉野川の和太鼓集団、初の海外公演 伊で10月

龍馬が縁で協定締結 高知県と東京都品川区

愛媛県特産サトイモ「伊予美人」出荷始まる

四国電、イチゴ生産・販売に参入 銀座千疋屋などと

徳島-香港に季節定期空路 徳島県発表、交流拡大に期待

「大綱」100人が編み込み 高知県土佐市で8/18まつり

西日本豪雨 愛媛県が「柑橘復興チーム」設置

LCC高松ーソウル便が10月下旬から毎日運行 高松空港の国際路線では初

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

明治維新150年、鹿児島で提灯行列

明治改元から150年を迎えた23日夜、鹿児島市で提灯行列があった。市民ら約400人が、市中心部を練り歩き、維新の原動力となった先人たちの偉業に思いをはせた。市やNPO法人で構成する団体などの主催。鹿児島の秋を彩る「おはら祭」も1949年に1回目が催された際、戦後初という提灯行列で幕を開けたことから、今回の節目も提灯で祝おうと企画した。...

県総合運動公園に津波避難施設整備、3万人収容増

宮崎県は大地震による津波に備えようと、宮崎市熊野のKIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園に避難施設を新たに造る計画を立てている。大規模イベント時に避難者が増えることを想定し、収容人数が約3万人増える見通しだ。県都市計画課によると、同公園では南海トラフ巨大地震による津波が最短25分で到達し、最大10メートルの浸水が想定されている。...

県産干ししいたけ、多彩な料理に変身 11月から県内29店でフェア

大分産の干ししいたけを生かした料理が楽しめる「大分とっても美味(おい)しいたけフェア」が11月1日から、県内の飲食店など計29店舗で始まる。11月末まで。11月25日まで開催される国民文化祭に合わせ、県椎茸振興協議会が初めて企画。大分、別府、国東、中津、宇佐、豊後高田、佐伯7市の飲食店や旅館で、しいたけを使ったギョーザやラーメン、釜飯など趣向を凝らした品々が楽しめる。...

25日から養殖ノリの種付けが解禁

養殖ノリの種付けが解禁となり、有明海ではノリ網の設置作業が行われた。午前5時30分まだ月の明かりが煌々としている午前5時過ぎ。長洲町の沖合1.5キロメートルほどにある養殖場では大潮の影響で流れが速い中、作業員たちは海に胸まで浸かりながら網を支柱に固定していた。ノリの種付けは有明海沿岸で養殖が盛んな熊本、佐賀、福岡3県で25日から一斉に解禁となったもの。...

「長崎しま旅 わくわく乗船券」 往復運賃割安に 2月28日まで

長崎県と長崎県観光連盟は26日、国境離島新法に基づく国の交付金を生かし、個人・グループ旅行者の離島航路の往復運賃を実質的に値引きする「長崎しま旅 わくわく乗船券」を31日から来年2月28日まで販売すると発表した。通常の往復運賃相当額に離島で体験できるプログラムのクーポン券を付け、島での宿泊も条件にすることで、島民の割引運賃に近づけた。7千枚を発売する。...

高杉晋作の漢詩碑除幕 佐賀・鳥栖市に建立

九電、ドローン事業を開始 発電設備点検用機器を活用

甑島架橋工事のクレーン1基が消失 台風24号

ドローンで植林お助け、宮崎県が実証実験

大分県立美術館で「海と宙の未来」展&プラネタリウム 深海と宇宙の神秘ぎっしり

熊本・八代港に「くまモンパーク」 県や国など基本計画

「島のふれあい館」開設 昭和30年代の生活再現

玄海原発燃料税拡大条例、佐賀県議会が可決

「昆劇」が九州初公演 中国の世界無形文化遺産 10月5日福岡市、6日岡垣町

川内原発30キロ圏内に安定ヨウ素剤を配備

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

沖縄の観光客数、上半期は519万人 過去最高も台風が影

沖縄県が25日に発表した、今年上半期(4~9月)の入域観光客数は前年同期比3%(15万1200人)増の519万7300人で過去最高を更新した。国内外の航空路線の拡充や、クルーズ船の寄港回数増などが主な要因となった。一方で9月の入域観光客数は台風の影響を受け、4.3%(3万5600人)減の80万1500人で、前年同期比を下回った。外国客は12.8%(19万1700人)増の168万9500人と過去最高を更新した。...

首相「真摯に受け止める」 沖縄県知事選で

...

関空閉鎖、沖縄県観光に痛手 旅行社は伊丹、神戸に変更検討 貨物便運休、物流も影響

4日から5日にかけて近畿・四国地方を中心に各地で猛威を振るった台風21号の影響で、関西空港の滑走路が水没し、復旧のめどが立っていない。重要な空港が利用できない状況に、沖縄観光や物流への影響を懸念する声が出た。県観光振興課によると、台風21号の影響により3日から5日にかけて、沖縄発着便は全国で60便が欠航し、影響人数は8192人となった。...

安室奈美恵さん、沖縄県の「観光大使」に

沖縄の魅力をPRするため、県が2012年度に作成した沖縄観光ブランド「Be....

世界初 “ハブ毒”の遺伝子解析に成功

OIST=沖縄科学技術大学院大学はハブのすべてのゲノムを解読し、世界で初めてハブの毒を作り出す遺伝子の全貌が解明されたと発表した。沖縄科学技術大学院大学の佐藤矩行教授は26日会見を開き、九州大学などとの共同研究で奄美大島産のオキナワハブからDNAを抽出・解析し、ハブのすべての遺伝情報=ゲノムの解読に成功したことを発表した。解析の結果、ハブの毒液の遺伝子が246種類のタンパク質で構成されることがわかり、佐藤教授は「今回の研究がより効果の高い抗体や新薬の開発などにつながる」と今後の応用に期待を述べた。...

沖縄の路線価、伸び率日本一 県内最高路線価は那覇市久茂地

薬学部創設へ10万筆 沖縄県薬剤師会、琉大に署名提出

ダム貯水率5割切る 県内少雨、農家懸念も

瀬長島来島者288万人 17年度、観光拠点整備が要因

両陛下の沖縄訪問、宮内庁が正式発表 3月27~29日

希少サンゴの移植許可 辺野古埋め立て海域 沖縄県

最新技術は「性フェロモン」 サトウキビの害虫防除、沖縄県農業研が実用化

純利益2000万円以上902社で過去最多 東京商工リサーチ

沖縄の企業、後継者不在8割 全国最多、社業継承遅れ

沖縄パワー全開 1000人の三線も 横浜・鶴見ウチナー祭