経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
ぐるっと日本




Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

北海道松前沖漂着 道警、窃盗容疑で 被害額790万円

北朝鮮の木造船が漂着した北海道松前町の無人島・松前小島の漁業関連施設の備品などがなくなった問題で、道警が窃盗の疑いで、木造船に乗っていた北朝鮮国籍の船員を逮捕する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。9日にも逮捕する。...

新千歳国際線ビル拡張工事で安全祈願祭

新千歳空港ターミナルビルディング(千歳市)は9日、国際線ターミナルビル拡張工事の安全祈願祭を同ビル南側の増設予定地で行った。東京五輪が開かれる2020年に完成予定。 総工費は650億円。外国人観光客の増加に対応するため、国際線ターミナルビル(地上4階・地下1階、延べ床面積約6万平方メートル)を南側に増築し、床面積は計約12万平方メートルにする。駐機場は現在の6カ所から9カ所とする。...

道内最大規模「きたみ菊まつり」始まる

北見で道内で最大規模といわれる菊まつりが始まった。今年で65回目となる「きたみ菊まつり」は菊の花およそ1万5000鉢が展示される道内では最大規模の菊まつり。花は市の栽培センターや農家、愛好家が丹精込めて育てたもの。会場には恒例の大河ドラマのシーンを再現した菊人形も並び、祭りを盛り上げている。地元の特産品が並ぶ物産展やフードコーナーなどイベントも多彩なきたみ菊まつりは北見駅南多目的広場などで29日まで。...

秋サケ漁、記録的不漁だった前年の半分 道内序盤の漁獲量

...

直下型地震を想定 総合防災訓練

9月1日は「防災の日」。札幌では住民およそ1200人が参加して、震度7の直下型地震を想定した大規模な防災訓練が行われたと北海道放送が報じた。道と札幌市が合同で実施した1日の訓練は、市内で最大震度7の直下型地震が発生したとの想定で行われ、住民およそ1200人と61の関係団体が参加。西区の札幌市消防学校では、警察と消防が連携して大型バスに閉じ込められたけが人を助け出す訓練が行われた。...

札幌円山動物園でナイトウォッチング企画 星空観察会や音楽ライブも

北海道観光振興機構と航空会社4社、鉄道会社2社が共同で「生HOKKAIDO」キャンペーンを展開

全国初、太陽光発電テント納入 北海道・上砂川町

記録的大不漁だったスルメイカ漁 今季"初水揚げ" 去年の2倍近くに 北海道函館市

苫小牧のIR候補地を高評価 カナダの投資会社クレアベスト来苫

アイヌ民族の文様デパートの紙袋に 札幌丸井三越がデザイン一新「北海道に根差す」PR

国立アイヌ民族博物館基本設計公表 17年度着工、地上3階建て

新幹線効果顕著、五稜郭タワー10年ぶり100万人台確実

択捉島、進む観光地化 ツアー集客本格化 日本の投資期待も

JR北海道、2月に新研修センター 86億円投資

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

福島県産リンゴ輸出目指す JAベトナム研修団、ジェトロ働き掛けへ

福島民友新聞によればベトナムを訪れているJA福島中央会の海外農業事情視察研修団が7日、最大の経済都市ホーチミンで日本貿易振興機構(ジェトロ)の現地事務所を訪れ、経済情勢や日本産農産物の輸出を巡って意見を交わした。県産ナシのベトナム輸出に力を尽くしたジェトロの大久保文博さんは意見交換で、現地で来冬にも、新たに県産リンゴの販売を目指し、関係先へ働き掛けていく考えを示した。...

北木造船 海岸美化費で撤去へ 山形県、廃棄物扱い

...

秋田で「運転代行アプリ」の運用始まる 安心利用できる環境づくり目指し 

ウェブ制作会社「トラパンツ」が7日、秋田市内で運転代行アプリ「DAIKO」の運用を始めたと秋田経済新聞が報じた。秋田市発祥とされる飲酒時の自動車の運転代行サービス。業者により料金が異なったり、ドライバーに自宅を知られてしまったりするなどの不安があることから、「誰でも安心して利用できる仕組みを」と、目的地までの料金の目安を事前に表示したり、ドライバーの名前や顔を表示したりするほか、利用者がドライバーのサービスを評価できる機能などを盛り込んだ専用アプリを開発した。...

仙台の冬の風物詩「光のページェント」開幕 「みんなで灯す、心の明かり」テーマに

杜の都・仙台の冬の風物詩「SENDAI光のページェント」が8日に開幕し、定禅寺通に光の回廊が現れたと仙台経済新聞が報じた。「冬の仙台を明るくしたい」「杜の都を光の都へ」という思いから、1986(昭和61)年に始まった同イベント。市民をはじめ観光客など毎年県内外から多くの見物客が訪れ、にぎわいを見せる。...

震災から6年9か月 待望の市民ホール「TETTO」完成 釜石市

東日本大震災で被災した市民文化会館に代わる新たなホールが、岩手県釜石市に完成し、8日記念式典が行われた。8日開館した釜石市民ホールは、市が57億円をかけて中心市街地に整備した。建物は鉄筋コンクリート造りの地上4階、地下1階建てで木材を波のように加工した、壁が印象的なメインホールは800席余りあり、1階部分の380平方メートルは、座席を取り外して使うこともできる。...

スルメイカ取れない 八戸港水揚げ3年連続減 イカ資源に「負のサイクル」と専門家

最終処分へ「指定廃棄物」初搬入 富岡・国有埋め立て処分場

日本一の大鍋で芋煮会を。山形市が製作費2700万円をクラウドファンディングにて募集中

横手で「こうじ」の世界学ぶ理科実験教室 よこての発酵文化を紹介 

仙台光のページェント 電球の取り付け始まる

東京五輪・パラ五輪へ 復興ホストタウンに5市村手

深浦「日本一の大イチョウ」ライトアップ始まる

横手で「ふるさとダリア銘華展」 展示ダリアの無料配布も

北米生息のアザラシ漂着 水族館が保護 山形・鶴岡

福島の酒で「カンパイ」 英議事堂から復興発信

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

アフリカ大使ら横浜へ インフラを視察

2019年の第7回アフリカ開発会議(TICAD)の横浜開催を控え、アフリカ各国の大使らが8日、横浜市内を訪れ、質の高いインフラ整備を行う日本の技術力を視察したと神奈川新聞が報じた。国土交通省と外務省が共催するシティー・ツアーに参加したのは、14カ国から駐日大使7人を含む大使館関係者19人。東名高速道路と横浜港の直結を目指す横浜環状北西線の横浜青葉ジャンクションの工事現場を訪れた後、高度な港湾荷役を誇る横浜港を観光船「マリーンシャトル」で視察。歴史的建造物を活用した集客施設の横浜赤レンガ倉庫も訪れた。...

子供食堂の支援を明言 都知事「食事と安心できる場所必要」

都議会定例会は8日、一般質問が行われ、小池百合子知事は、子供たちに無料や安価な食事を提供する「子供食堂」について「子供が健やかに育つためにはバランスの取れた食事や安心して過ごせる居場所が重要だ」と述べ、活用促進に向けて取り組むとした。子供の貧困対策の一環として、自治体や子供食堂を主催する民間団体などを支援していく方針。...

センリョウ箱詰め急ピッチ 館山

正月飾りなどに使われるセンリョウの出荷に向けた準備がピークを迎えている。館山市畑地区で盛んに栽培されており、赤や黄色の小さな実を付けたセンリョウが次々と切り出されている。「千両」と書くことから縁起物として人気が高い。同地区の35の生産者らで作るJA安房豊房千両部会の部会長、山川国雄さん方では、竹で囲われた「千両小屋」の中でセンリョウが切り出され、長さや実の付き具合などで6段階に選別、箱詰めする作業が急ピッチで進む。...

埼玉県、トマトの生産性向上へ実証実験

埼玉県は、県農業技術研究センター久喜試験場(同県久喜市)で、土耕のハウス栽培でトマトの収量と品質を高める次世代技術の実証研究を始めた。月1回、県内の生産者などを対象にした研修会も開く。トマトは需要が伸びており、収益につながりやすい。高品質のトマトを長期間出荷できる技術を広め、生産者の所得向上につなげることをめざす。...

高崎だるま市に初詣スポット巡回バス運行 会場面積も2倍、人出期待

JR高崎駅西口駅前通りを舞台に今年から始まった「高崎だるま市」(元旦と2日)が来年、大幅に拡充される。日程は同じだが、会場を発着点とした市内初詣スポットを巡る巡回バスを初めて運行するほか、会場面積を2倍に。高崎市は「約25万人という今年の人出を上回りたい」と意気込む。一方、対立を機に分離開催となった少林山達磨寺(鼻高町)では1月6、7日に開催予定で、ともに独自色を打ち出している。...

冬を彩るポインセチア とちぎ花センターで企画展

現場映像を生中継 潮来、ドローン使い防災訓練

五輪前哨戦で万全態勢 セーリングW杯江の島大会 実行委を発足

先人の社会貢献を振り返る舞台 三井記念病院が企画「見直す契機に」

「チバニアン」見学殺到 市原市 急きょ無料バス運行

塩化銅で草加の川変色 排水の業者を処分

尾瀬見渡す道の駅 テラスや足湯、直売所 来年7月開業

少花粉スギ植え替え促進 栃木県、タマホームと協定

勇壮、武者行列 まち練り歩く 坂東・岩井将門まつり

「宇宙での実験を頑張りたい」 横浜、飛行士・金井さんらトークショー

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

新潟市HPを一新 街の情報探しやすく

新潟市は今月からホームページ(HP)を一新した。トップページのデザインを変え、市の魅力を紹介して観光コースを案内するサイトも新設した。市によると、2016年度、ホームページへのアクセス数は月平均347万件。アクセス数は毎年増えていることから、リニューアルに取り組んだ。新たなトップページの画面は、市内の風景などの写真を大きく見せた。市外の人向けに「魅力」「移住」「企業立地」など、テーマごとの情報を探しやすくしている。...

シナノケンシがロボット分野に本格参入へ・2製品を発表

上田市に本社がある精密モーター製造のシナノケンシが、ロボット関連の2つの製品を新たに開発し今後、ロボット分野に本格的に参入する意向を明らかにした。が新たに開発したのは、ロボットハンドと、人の動きを支援するパワーアシストスーツなどに使われる「アクチュエータ」という制御システム。このうち、3つのツメをもつロボットハンドは、硬いものから柔らかいものまで様々な形状のものをつかむことができ、2年後をめどに商品化を目指している。...

乗り心地向上 スーパーあずさ新型車両を公開

...

新潟で蓮池薫さん講演「北朝鮮は追い込まれている」

...

日本電産、ロボット部品生産12倍 長野県に新工場

日本電産は31日、工業用ロボットの関節部分の部品「減速機」の月産能力を2021年3月期までに12倍に引き上げると発表した。18年4月に、子会社の日本電産シンポ(京都府長岡京市)が新工場を長野県上田市に設ける。投資額は約150億円。減速機はロボットの力の制御に使われ、人手不足を背景にメーカーの需要が急拡大している。電産シンポが別の子会社の敷地内に床面積1万4100平方メートルの工場をつくる。...

富士河口湖で「紅葉まつり」 紅葉トンネルや夜間ライトアップも 

新潟知事、原発再稼働で東電にクギ 「安全なくばイエスなし」

日銀の短期経済観測調査・企業の業況感はバブル期以来の高水準に

2017年夏季の富士山登山者数、昨年と比べ3.9万人増 環境省が発表 

長岡市摂田屋地区を巡るイベント「おっここ摂田屋市」開催

中野市、「ぼたんこしょう」ブランド化へ原産地呼称管理制度

今夏富士登山22万3800人 前年比4%増 外国人客が後押し 

糸魚川と長野でサイクリング快適に トラックで自転車輸送

長野県産米「風さやか」東南アジアに輸出へ

河口湖駅と富士山五合目バス乗場で音声認識多言語翻訳アナウンス実証実験

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

国内最大規模のレタス工場が本格稼働 三重・名張

レジャー・外食の晃商(京都市)は、発光ダイオード(LED)照明を使ってレタスなどを水耕栽培する植物工場「名張シティファーム」を三重県名張市に整備し、20日、完成式を開いた。フル稼働時にはレタスを1日1万5000株生産する計画で、レタスの植物工場としては国内最大規模となる。中部や関西のスーパーなどに出荷する。人工光を利用する完全閉鎖型の植物工場で、敷地面積は約7247平方メートル。後継者が見つからない耕作放棄地を賃借した。...

名古屋城天守閣の復元 名古屋市はエレベーターを設置せず忠実な復元をめざす 

名古屋市が2022年末の完成を目指している名古屋城天守閣の木造復元で市は、エレベーターを設置しない方針を示した。16日開かれた有識者会議で、名古屋市は名古屋城の天守閣を元の姿により忠実に復元するため、エレベーターを設置しない方針を示した。バリアフリー化には階段にレールをつけて昇降するチェアリフトを設ける案を提出しおおむね了承された。...

津波災害特別警戒区域、土肥を全国初指定へ 伊豆市防災計画

...

古い町並み雪化粧 高山市で積雪

冷気を伴った気圧の谷が通過した影響で、飛騨地域では21日早朝にかけて雪が降った。岐阜県高山市中心部では観光名所の古い町並みがうっすらと雪化粧し、冬の到来を告げた。 岐阜地方気象台によると、同市中心部では20日午後4時30分ごろから雪が降り始め、21日午前6時までに1センチ未満の積雪となった。同中心部では16日に初雪が観測されている。...

ドローンを使ったごみの不法投棄を監視するシステム 三重県が初めて導入

...

「菌床しいたけ」の出荷がピーク 屋内の施設で栽培でき安定した収穫  

大道芸ワールドカップ 静岡市で開幕 103組のアーティストが出場

「明宝ハム」新本社工場 郡上市に来月完成

トヨタ部品とヤマト運輸、三重県で共同物流 走行距離・時間を大幅削減

住友商、愛知県でバイオマス発電所の運転開始 出力7.5万キロワット

日本一早い初滑り 富士山2合目、イエティに500人

光の世界でインスタ映えを 美濃和紙あかりアート展

「三重銀行」+「第三銀行」=「三十三」 経営統合後の持ち株会社の名称が決まる

事故等の現場へ医師が救急車で出動 年度内にも試行 救命率向上に期待

帆船「みらいへ」初寄港 園児ら歓迎 富士・田子の浦港

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

今年も仙人風呂オープン 田辺・川湯温泉

田辺市本宮町の川湯温泉で1日、冬の風物詩「仙人風呂」がオープンした。川底からわく温泉を、川の水で適温にした露天風呂で、初日は招待された地元の保育園児らが「一番風呂」を楽しんだほか、開放的な温泉を楽しもうという人たちが県内外から訪れた。川湯温泉街の前を流れる熊野川の支流・大塔川は、73度ほどの温泉が湧き出る。毎冬、熊野本宮観光協会などが川の一部をせき止めるなどして「千人が入れるほど」という巨大な湯船を開設。川の水で40度ほどに湯温を調節し、野趣あふれる温泉が楽しめる。...

奈良県猿沢インを外国人専用の避難所に 全国初、災害時に250人程度

...

日本三大ネギ「岩津ねぎ」の収穫

兵庫県朝来市で岩津ねぎの収獲が始まっている。岩津ねぎは群馬の下仁田ネギ、博多万能ねぎとともに日本三大ネギとも言われている。今年は、相次ぐ台風の影響でネギが倒れる被害も出たが、甘く柔らかいネギに仕上がったという。23日の販売解禁後、来年3月下旬までおよそ200トンが出荷されるという。...

大阪城公園で「大阪城イルミナージュ」 幕末情緒を光の饗宴で 

...

京都国立博物館「国宝展」が50万人突破 会期終了迫る 

京都国立博物館(京都市東山区)で開催中の「国宝展」の来場者が50万人を突破し、21日、記念式典が行われたと烏丸経済新聞が報じた。同館120周年に当たることを記念して10月3日に始まった同展。国宝指定されている885件の中のおよそ4分の1に相当する210件を4期に分けて展示している。...

琵琶湖疏水の観光船試乗会

10万人が避難訓練 「世界津波の日」で和歌山県

熟成半年、サトイモ焼酎完成 生産地の奈良・三宅町で試飲会「優しい味」

都市づくりで連携 神戸市と世界銀行が覚書締結

大阪・本町で模型ホビーの祭典 プラモ・鉄道模型59社が一堂に

京都市「宿泊税条例案」可決 修学旅行生は除く、民泊は対象

大津・三井寺、ライトアップされた国宝で野外オペラ

アメリカへの柿の輸出解禁 柿の生産量日本一の和歌山県

国宝指定の木簡がずらり!「地下の正倉院展」

神鋼、環境アセス手続き延期 火力発電所計画

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

広島県・市がG20閣僚会議誘致へ

広島県と広島市が、2019年に日本で初めて開催される「20カ国・地域(G20)首脳会合」に伴う関係閣僚会合の誘致に乗り出すことが30日、分かった。広島は昨年4月に先進7カ国(G7)外相会合を開催した実績があり、会場は同じ広島市内のホテルを想定するという。 G20は、首脳会合のほかに、財務大臣などの関係閣僚会合がある。外務省の募集に対し、これまで首脳会合には大阪府・大阪市や愛知県、関係閣僚会合には新潟県・新潟市や岐阜県などが誘致を表明している。...

湯原温泉「総選挙」全部門で上位 スポーツ・レジャー1位など

...

松江観光周遊バス「レイクライン」 野波保育所の子供たちXマスの飾り付け

...

鳥取県、「ポケGO」イベントで18億円効果 安全面は反省

鳥取県は11月30日、鳥取砂丘などで11月24~26日に開催したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」イベントの成果や課題を話し合う会議を開き、経済効果が約18億円に上ったと明らかにした。一方、周辺の渋滞緩和のため、会場を当初の砂丘のみから県東部全域に拡大したことで、安全に楽しんでもらうというコンセプトそのものが揺らいだとの指摘が出た。...

「勇新丸」など南極海へ出港 山口・下関

福山鞆の浦で祝賀行事 朝鮮通信使資料 ユネスコの記憶遺産に登録 

岡山・真庭で寒締め大根の出荷始まる 身太り良く甘み十分とJA太鼓判

出雲大社や鳥取砂丘 都道府県シール人気 JAL、客室乗務員が配布

鳥取県の美しい星空PR 「星取県」商品、次々と発売へ

地域商社やまぐち」発足 山口県の特産品を国内外に発信

広島駅に新幹線改札口近く「総合案内所」 鉄道と観光の情報発信 

「がん哲学カフェ」岡山県内に広がる 悩む患者らへ前向きに生きる力を

島根特産の西条柿「こづち」初出荷 香港への輸出本格化

山陰に早くも冬の使者 出雲にコハクチョウ、米子ではマガン確認

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

「しまなみ海道が世界の中心に」 駐日伊大使、自転車レース開催を愛媛知事に提案

愛媛県美術館で開催している「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』展」(24日まで)の観覧などのため来県したジョルジュ・スタラーチェ駐日イタリア大使が県庁を訪れ、中村時広県知事と文化やスポーツ交流について歓談した。自転車やスキーが趣味という大使は、公邸にチタン製のイタリアの自転車を飾っていることなどを紹介。中村知事は「しまなみを自転車で走ってみては」と早速PRした。...

空海ゆかり「ボタン」で町おこし 善通寺市

弘法大師空海が中国から日本に持ち帰ったといわれる「ボタン」で町おこしをめざす。善通寺市の小学生らが公園にボタンの苗を植えた。この企画は善通寺市が企画したもので、四国霊場第75番札所、総本山善通寺の近くにある「香色山ふれあい公園」に関係者が集まった。ボタンは、中国原産の花。平安時代初期に弘法大師空海が遣唐使で中国にわたった際、「うどん」などとともに日本に持ち帰ったといわれている。...

クリスマスを飾る「ポインセチア」出荷 小松島市

徳島県小松島市ではクリスマスに飾る観葉植物「ポインセチア」の出荷が最盛期を迎えている。赤と緑のコントラストが美しいポインセチア。花の少ない冬の時期の貴重な観葉植物として親しまれていて、徳島県は国内有数の産地。ビニールハウスに1万鉢以上が並ぶ小松島市の農家では、高さ50センチから80センチほどに育ったポインセチアがひとつひとつ丁寧に形を整えられ、フィルムで包まれていく。...

高知工科大 開学20周年記念式典

高知工科大学が開学20周年を迎え、記念式典が行われたとテレビ高知が報じた。高知工科大学は高知県内唯一の工科系大学で、1997年、私立大学として開学した。その後、2009年に全国で初めて私立から公立大学法人へ移行。2015年には県立大、高知短期大法人と統合し、高知市の永国寺キャンパスにも学部を開設するなど研究の幅を広げている。これまでにおよそ8500人を社会に送り出してきた。...

松山・城山公園で「伊予のくに バイクロア」 盛況受け今年も開催 

「小豆島 島鱧」の加工場完成 骨切り機や急速冷凍機完備 土庄・四海漁協が披露

那賀町で木育円卓会議

秋葉まつりの里 仁淀の歴史展 高知・仁淀川町

「伊予国府」所在地、遺構や遺物から探る 今治で企画展

太鼓台、勇壮に舞う 小豆島の秋祭りシーズン幕開け

「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」AIや藍 活用アピール 徳島で商談会始まる

ヤナセ天然スギ 計画伐採今年で休止 高知・馬路村

今治造船 国内で17年ぶりの大型ドック完成

武士の装いに見る美意識 丸亀の資料館で特別展 

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

伊藤ハム、鹿児島の豚肉工場拡張 生産能力1.4倍に

伊藤ハム(兵庫県西宮市)は、子会社の「サンキョーミート」(鹿児島県志布志市)が同市で運営する豚肉処理工場の設備を拡張し、生産能力を現行の約1.4倍に高めると発表した。投資額は約40億円。和牛の価格が高騰し、安価な豚肉の需要が伸びていることに対応する。豚肉の処理工程で使う洗浄用の水の使用量を減らし、環境への負荷も抑える。...

3千人のファン歓声 宮崎市で大相撲宮崎場所

大相撲の冬巡業「大相撲宮崎場所」は8日、宮崎市総合体育館であった。元横綱日馬富士関の暴行問題で角界が揺れる中、約3千人のファンが詰め掛け、変わらない相撲人気の高さを印象づけた。...

別府で温泉シンポジウム「ONSENアカデミア」、「スポーツと健康」テーマに 

別府ビーコンプラザ(別府市山の手町12)で11月25日・26日、温泉の魅力と可能性を探る「別府ONSENアカデミア」が開かれると大分経済新聞が報じた。温泉を主軸とした観光事業に力を入れる自治体が集まり、地域資源の温泉を守りその魅力を検証し、新たな可能性を全国や世界に向けて発信する同シンポジウムは今年で2回目。「スポーツと健康」をテーマに2日間、講演会や分科会、全体会議などを行う。...

九州電力、特許無償提供 熊本地震で被災の企業を対象に 

九州電力は、熊本地震で被災した熊本県内の企業を対象に自社保有の特許を期間限定で無償提供する取り組みを始めた。被災企業に特許技術を活用してもらうことで、コストを抑えた迅速な新製品開発や新規事業の展開につなげ、熊本地震からの早期復興を支援する。九電として災害復興に特許を提供するのは初めて。...

大学生内定率64.9% 長崎県内就職希望は過去最高

長崎労働局は30日、来春卒業予定の県内大学生の就職内定状況(10月末時点)を発表した。内定率は前年同期比3・1ポイント減の64・9%だったが、就職希望者3086人のうち、県内希望者は44・4%(1370人)で、記録の残る1999年度以降で最高だった。景気の回復や人手不足感の強まりを背景に企業の採用意欲は強く、学生優位の「売り手市場」が続いており、より良い条件を求めて活動を続ける学生が多くなったことが内定率を押し下げた要因。...

全国初 タブレットで出題、解答 佐賀大・推薦入試 間違った場合は類似問題で「学習する力」試す

列車も停止 政令市初の緊急速報メール活用“ミサイル対応訓練”

林業の技を競う 県きこり達人競技会

モンゴルと交流へ着々 五輪ホストタウン・都城

イオン環境財団、大分県竹田市で植樹を実施、3年計画の2年目、伐採跡地を再生

JR九州、熊本駅に新ビル 駅前広場を災害時拠点に

「千々石ミゲルら使節の4少年の歴史知り 地元誇らしく」南島原

唐津くんち、曳き納め 過去最多63万人

小倉「魚町銀天街」で鞴祭り 商店街の火災よけ呼び掛ける 

鹿児島の養鰻業者がウナギの人工ふ化に成功、観賞魚輸入会社と共同で 

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

沖縄の企業、後継者不在8割 全国最多、社業継承遅れ

帝国データバンク(TDB)沖縄支店は8日、沖縄県内企業の後継者問題に関する実態調査の結果をまとめた。県内企業の84.3%が後継者不在で、全国平均の66.5%を大幅に上回り全国で最も多かった。前回2011年の調査と比べても18.4ポイント増えており、県内企業で後継者が不足している実態が改めて浮き彫りとなった。...

沖縄パワー全開 1000人の三線も 横浜・鶴見ウチナー祭

第2回鶴見ウチナー祭(同実行委員会主催、鶴見区共催)が4日から2日間、横浜市の鶴見区弁天町の入船公園で開催された。2日間で約7万人が来場し、沖縄の料理や音楽を満喫した。来場者は沖縄料理や泡盛、オリオンビールを堪能しながら、三線やゆし豆腐作り、琉装を体験。沖縄音楽や琉球舞踊、地元鶴見のエイサー、南米帰りの県人らによるサンバ演舞を楽しんだ。千人で安里屋ゆんたを演奏する「1千人三線」も開催され、盛況だった。...

観光客最高504万6100人 8月単月で初の100万人突破 60カ月連続で前年同月を上回る

...

钟乳洞窟损坏特别决议

...

チビチリガマ荒らしで特別決議 読谷村議会「戦争犠牲者への冒涜」

...

高校求人は5年前の4倍 那覇職安調査、人材確保で前倒し傾向

「島あっちぃ」で活性化 31人、伊平屋観光県事業

現地の味そのまま! 女子も大好きな沖縄フードがセブンに登場

5月有効求人倍率、過去最多1.13倍 失業率は改善3.5%

内閣府 離島振興に6.9億円交付 新規で22事業

ドクターヘリ発信基地、浦添に完成 関係者ら出席し竣工式

4月第3日曜は「もずくの日」 沖縄県那覇市でモズク早食いなどイベント

白い百獣の王が来た 沖縄こどもの国、あす歓迎セレモニー

沖縄-愛媛-北海道 農作業バイト、繁忙期にリレー

県産医療機器、中城発アジアへ 三鷹光器