経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。
ぐるっと日本




Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

北海道地方

オススメ
最新記事

北海道大雨、農作物など被害大きく

北海道は5日までに記録的な大雨に見舞われ、河川の氾濫などで農作物や観光、交通機関などへ影響が広がっている。気象庁によると、2~5日に旭川市や東川町など約20地点で1日当たりの降水量が7月としては観測史上最大を記録した。空知管内北部のきたそらち農業協同組合によると、957ヘクタールの水田や畑が冠水するなどの被害があった。特に、氾濫した雨竜川に近い多度志地区で栽培するコメやソバの被害が大きく、秋まき小麦の一部も倒伏したという。...

奨学金返済の支援検討 北海道で働こう応援会議総会で報告 制度新設へアンケート

学生らの道内就職を後押しするため道内の経済団体などでつくる「北海道で働こう応援会議」は14日、設立後初の総会を札幌市中央区の北海道新聞本社で開き、若者の奨学金返済を支援する制度の設立を検討していることなどを報告した。応援会議は、若者が高額な奨学金を返済するため、給与の高い道外企業へ就職する例が多いとみて、返済の支援制度を設けようと5月に検討チームを立ち上げた。...

北海道と中国の交流促進 知事と李首相が確認

中国の李克強首相が10、11の両日に北海道を訪問したのを受け、高橋はるみ知事は道と中国の交流拡大を訴えた。李首相は農業や科学技術分野などで協力していく考えを表明。双方が交流を一層深めていくことを確認した。「北海道には中国から多くの観光客が訪問するなど、交流は着実に進展している。この交流の輪をさらに拡大したい」。高橋知事は10日、札幌市内で開いた李首相との会談でこう述べた。李首相は「北海道は日本で重要な農業拠点。科学技術や農業の分野で協力したい」と応じた。...

セブン-イレブン 2018年度、北海道全店1000店に「ネットコンビニ」導入

セブン&アイ・ホールディングスは5日、2018年度末までに、北海道内のセブン‐イレブン全店・約1000店に「ネットコンビニ」を導入すると発表した。2017年10月から、北海道の札幌・小樽地区の15店で実証実験を開始。2018年度、上期中に北海道内の100店に拡大し、2018年度末までに北海道全店にネットコンビニを導入する計画だ。ネットコンビニは、実店舗の商品をお客へ届ける店舗出荷型の仕組みを活用。専用アプリでお客が商品を注文すると、注文データが該当店舗へ送付され、店舗で店内商品をピックアップする。...

阿寒湖氷上でバナナボート人気 3月末まで

北海道釧路市の阿寒湖の氷上でスノーモービルが引くバナナボートが人気を呼んでいる。 湖でヒメマスやウチダザリガニの漁をする漁師の冬の仕事にと10年ほど前に始まった。スノーモービルに引かれた8人乗りのバナナボートで、厚さ30センチ以上の氷が張った湖上1周5分のコースを時速20キロで走る。景色や爽快感が人気を呼び、今ではアジアからのツアー客を中心に600人以上が利用する。氷が薄くならない限り3月末まで楽しめる。...

JR北海道「日帰り周遊パス」3,500円で道内の普通列車に1日乗り放題

アイヌ文化ツアー4割増 中央バス系旅行会社、今年バス企画100本

北海道信金、営業を開始 預金1兆円台、道内首位

北海道松前沖漂着 道警、窃盗容疑で 被害額790万円

新千歳国際線ビル拡張工事で安全祈願祭

道内最大規模「きたみ菊まつり」始まる

秋サケ漁、記録的不漁だった前年の半分 道内序盤の漁獲量

直下型地震を想定 総合防災訓練

札幌円山動物園でナイトウォッチング企画 星空観察会や音楽ライブも

北海道観光振興機構と航空会社4社、鉄道会社2社が共同で「生HOKKAIDO」キャンペーンを展開

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東北地方

オススメ
最新記事

「大学発ベンチャー」仕組み構築 福島県、事業化支援へモデル

県は本年度、県内の大学を対象に、ベンチャー設立につながる可能性のある研究成果を発掘、事業化までを一貫して支援する取り組みに着手する。3年をかけて5件程度の成功モデルをつくり、県内で「大学発ベンチャー」が持続的に生み出される仕組みの構築につなげる。 県内の研究機関などでつくる「アカデミア・コンソーシアムふくしま」やコンサルファームの専門家が今夏ごろから県内大学の研究室を訪問し、保有特許などの研究成果を調査。...

山形県村山市、東京五輪×バラで街おこし

山形県村山市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンになった効果をいかそうと「ローズプロジェクト」を始めた。大規模なバラ公園がある同市は、ローズオイルなどで知られるブルガリアの新体操代表チームの誘致に成功した。華やかな選手団は大人気だが、地元でも低い「村山=バラ」の認知度を五輪を機に高めたい考えだ。19日、市内の東沢バラ公園で地元ロータリークラブがブルガリアの代表チームを招いてバラの記念植樹会を開いた。...

クマ被害防止へ対策強化を確認 秋田県、仙北で緊急会議

秋田県は25日、クマが人を襲う被害についての緊急対策会議を開いた。クマの目撃情報が相次いでいることに加え、仙北市では23日、動物に傷つけられた形跡がある男性の遺体が見つかった。事態を重くみて関係機関を集めた。山菜採りシーズンでもあり、被害防止に向けた入山規制などの対策を共有した。...

宮城県の平成29年29観光客が過去最高に 震災前年上回る

宮城県が発表した平成29年観光統計概要(速報値)によると、観光客入り込み数は前年比2.4%増の6229万人、宿泊観光客数は3.4%増の953万人となり、ともに過去最高となった。観光客入り込み数は過去最高だった震災前の22年の6129万人を1.6%上回った。県は仙台市などと展開した夏と冬の観光キャンペーンによる誘客効果が表れたと分析した。...

花巻―台湾便、8月定期化へ 岩手県初の国際定期便

...

減塩の総菜や弁当、青森県が産学で開発目指す

「復興まちびらき碑」除幕 いわき・小名浜港背後地の整備完了

サクランボ新品種、名称公募 山形県の「C12号」

「マサル」の縫いぐるみ販売へ 秋田犬保存会、大館で計画

岩出山「凍り豆腐」8月にもGI登録 宮城県内2例目、郷土料理に欠かせぬ食材

鈴を鳴らしながら街を行進する「チャグチャグ馬コ」が練り歩く

クロマグロ大型魚、青森県漁獲枠361トン

山菜出货事业局面不错

福島県のJヴィレッジ新駅着工 来春開業

東北の日本酒6銘柄が最高賞 山形での国際品評会

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

関東地方

オススメ
最新記事

住友商事 神奈川県相模原市に5.5万m2の物流施設竣工

住友商事は7月12日、神奈川県相模原市にマルチテナント型の物流施設「SOSiLA相模原」を5月28日に竣工したと発表した。神奈川県を主要エリアとする物流会社であるサン...

お台場エリアに建設中の新客船ターミナルの名称を「東京国際クルーズターミナル」と発表 東京都

東京都港湾局は9日、東京・青海に建設中の新しい客船ターミナルの名称を「東京国際クルーズターミナル」に決定したことを発表した。併せてWebサイト「東京国際クルーズターミナル」もオープンした。東京港では現在、クルーズ客船を晴海客船ターミナルで受け入れているが、航路の途中にレインボーブリッジがあるために、ここをくぐれない大型客船は大井埠頭へ接岸する状況となっている。これを解消するため、船の科学館の海側エリアに大型客船を受け入れ可能な新しい客船ターミナルの整備が進められている。これに伴い、晴海客船ターミナルの閉鎖も決定している。...

AI活用し、離岸流を自動検知 実証事業

...

川越氷川神社で夏の風物詩「縁結び風鈴」 持ち手が2本の恋花火も

川越氷川神社で、7日から、「縁結び風鈴」が行われると川越経済新聞が報じた。この行事は、風が思いを運んでくれると信じていた昔の人の思いを現代の人にも感じてほしいという思いから始まった。今年で5回目となり、今では川越の夏の風物詩として毎年にぎわう祭事となっている。昨年の来場者数は40万人以上。今では境内に約2000個の風鈴が飾られているが、当初は境内入り口と風鈴回路に飾られているのは888個だけだった。...

ドキュメンタリー映画「陸軍前橋飛行場」完成

...

栃木・矢板市、林業成長へ官民協議会

8月の水戸黄門まつり パレードに「カミナリ」、明治維新150年記念の花火も 

神奈川県、EV充給電設備導入に補助金

五輪費用、ふるさと納税で 東京都が検討

東京ディズニーシー拡張へ 『アナ雪』『ラプンツェル』などテーマに

「べに花まつり」PR 埼玉県桶川市

群馬県の東京アンテナ店、移転開業 京都吉兆が料理監修

栃木県企業、18年度69%が設備投資計画 帝国データ調べ

アマゾン、ロボット導入の物流拠点「アマゾン茨木 FC」開設

神奈川県、中国・遼寧省と新たな覚書 ロボット産業など

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

甲信越地方

オススメ
最新記事

古代の色彩「大賀ハス」 井戸尻史跡公園

長野県諏訪郡富士見町境の井戸尻史跡公園で古代ハスの「大賀ハス」が見頃を迎えている。町内外から訪れた人が淡いピンク色の花を楽しんでいる。大賀ハスは、生物学者の大賀一郎さんが1951年、千葉県の縄文時代後期から弥生時代にかけての泥炭層から発見したハスの実を発芽させた。同史跡公園では2002年に町の姉妹町、静岡県西伊豆町の住民から譲り受けた株を約600平方メートルのハス田で増やした。...

富士急ハイランド 14日から入園無料 「顔認証」公開

14日からの入園料を無料にする富士北麓の遊園地「富士急ハイランド」は12日、顔認証による入退場システムなど新施設を報道陣に公開した。顔認証は認証可能な小学生以上の全入場者が対象。ゲート通過時に一人一人の顔を瞬時に認証・記録し、入退場がコントロールできるようになるという。フリーパスを購入した来園者はチケットを提示しなくてもアトラクションに乗車できる。...

東洋一の夏模様 ハス見頃 上越・高田公園

上越市の高田公園でハスの花が咲き始めた。梅雨明けの夏空の下、水面を覆う青々とした葉の間から、スクッと伸びた桃色の花が顔をのぞかせ、見る人を楽しませている。高田公園のハスは約19ヘクタールの外堀のほとんどに広がり、その規模から「東洋一」と称される。10日は通学途中の高校生やウオーキングしている市民らが花を眺めていた。...

飯綱でイチゴ通年栽培へ 信州大と実証実験、新たな産業化期待

1年を通して収穫できる「四季成り性」イチゴの実用化に向け、信州大と飯綱町などは、栽培法を確立する試みに乗り出したと産経新聞が報じた。主要品種が出回らない暑い夏でも栽培できれば、付加価値の高いイチゴを消費者に提供できる上、新たな産業創出にもつながる。「イチゴの町」として、活性化に結びつくか。関係者の期待は膨らんでいる。...

山梨県の17年の観光客、過去最高を更新

山梨県は5日、2017年に県内を訪れた観光客は前年比0.4%増の3216万2千人、外国人延べ宿泊者数は前年比11.8%増の153万3千人だったと発表した。比較可能な11年以降、毎年増加し、ともに過去最高を更新した。調査は富士山などの観光地309地点と、信玄公祭りなど90のイベントを集計した。外国人宿泊者数は全国で10位と過去最高となった。堅調な富士山人気に支えられたほか、花見などを目的とした外国人観光客が増えた。...

新潟県長岡市のトキ観察施設、8月18日から公開

棚田の景観、ガイド付きで味わって 長野県上田市

中国四川省が山梨県で観光文化資源を売りこむ

新潟県内スキー客1.5%減 12~3月、外国人は好調

大型連休中の新幹線・特急のJR利用客は前年4%増加

ファナック、山梨県忍野村に3工場を新増設

「役者」や「弁慶」の凧絵展示 新潟

ごみ排出最少 信州V3 16年度分調査

新倉山浅間公園 富士山と桜の共演 観光客詰めかけ

育休男性助成金の条件緩和 新潟県、取得促す

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

東海地方

オススメ
最新記事

紀州の味「カツオの生節」づくりが最盛期 漬物と混ぜて食べると絶品 三重・尾鷲市

夏の味「カツオの生節」づくりが三重県尾鷲市で最盛期を迎えている。熊野灘ではこの時季、黒潮に乗って北上するカツオが増え、尾鷲市内の加工場では、地元に水揚げされたカツオで昔ながらの生節づくりが行われる。3枚におろしてゆでたカツオを水洗いし、小骨を取った後、桜などの木で3時間ほどいぶしてキツネ色になったら出来上がり。漬物と混ぜて食べると絶品と言われている。...

愛知・設楽町 「奥三河天狗なす」の出荷始まる

愛知県設楽町で伝統野菜に認定されている「奥三河天狗なす」の出荷が始まっている。「奥三河天狗なす」は普通のナスの約5倍の大きさがあり、まれに天狗の鼻のような形のものができることなどから名づけられた。愛知県設楽町のJA愛知東では生産者など約10人が集まり、JAの職員から栽培から出荷までの注意点などについて説明を受けていた。JA愛知東では名古屋市や浜松市などに約1万5000本の出荷を予定。...

提携60周年「交流深める」 米NPへ出発式 下田市

姉妹都市提携を結ぶ米国ニューポート市(NP市)の第35回黒船祭に合わせた下田市訪問団の出発式が11日、市役所で行われた。NP市は幕末に黒船を率いたペリー提督の生誕地で、今年は姉妹都市提携60周年。NP市で黒船祭が始まった1984年以降は、毎年欠かさず双方の黒船祭に訪問団を派遣しており、70周年へ新たな友好の歴史を刻む。...

大垣市にドンキ出店 創業者出身地、27日開店

ディスカウント店大手のドン・キホーテ(東京都)は12日、「ドン・キホーテ大垣インター店」(岐阜県大垣市浅草)を27日にオープンすると発表した。同市はドンキホーテホールディングス創業会長兼最高顧問の安田隆夫氏の出身地。ドンキの出店は県内5店舗目。投資額は非公表。大垣インター店は、旧ピアゴ浅草店を改装。鉄骨2階建ての1階部分に入り、2階は駐車場として整備する。...

海軍工廠跡地に平和公園 愛知県豊川市

第2次大戦中に米軍の空爆で2500人以上の犠牲者を出した豊川海軍工廠。かつては東洋一の兵器工場ともいわれたその広大な跡地の一部に、「豊川海軍工廠平和公園」が完成した。園内には、火薬庫、信管置き場、防空壕跡などが当時と同じ位置で修復・保存されている。...

泳ぐゾウ、横から観察しよう 裾野・富士サファリパーク

リストバンド型機器で在宅患者の脈拍データ発信

「度会県(現在の三重県南部、明治初期に存在)」ネット上に復活へ

ジブリパーク基本構想 愛知県が今年度に完成方針

自動運転実験、静岡県など産学官が連携

清流の漁業、丸ごと体感 「あゆパーク」2日オープン

ロード自転車のスピード体感  三重・いなべ市

名古屋城全体の「保存活用計画」が完成 木造天守を復元する上で必須

世界最大級のトカゲ、来日へ インドネシアからレンタル

初夏の訪れ告げる 長良川で「鵜飼開き」 1000人超の見物客から歓声

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

近畿地方

オススメ
最新記事

貸自転車の利用者急増 4、5月は前年の2.2倍

和歌山県串本町の南紀串本観光協会が手掛ける貸自転車「チョイのりサイクル」の利用者が急増している。4、5月の利用は前年の2・2倍。宿泊客やJR串本駅利用者の増加が影響しているとみられる。「チョイのりサイクル」はちょっとした空き時間の散策や、自然をゆっくり楽しんでもらう手段として、2009年度から始めた。自転車は電動アシスト付きで4カ所で貸し出し、借りた場所以外でも返却できる拠点がある。...

国宝の仏像、大英博物館へ 来秋出展予定

県や寺社などでつくる「奈良の仏像海外展示推進協議会」は、来年秋に英国・ロンドンの大英博物館で開く「奈良-信仰と再興」(仮称)展に、法隆寺の銅造観音菩薩立像(夢違観音、飛鳥時代)や東大寺の誕生釈迦仏立像及び灌仏盤(奈良時代)といった国宝仏などを出展する計画を明らかにした。県では東京五輪に向け、「日本のはじまり・奈良」の魅力を世界に発信するため、欧州で奈良の仏像などの展示を計画している。...

LINEで質問、AI即答 兵庫・丹波市が24時間対応システムの実験スタート

「丹波市役所はどこにありますか?」「市役所の住所は氷上町成松字甲賀1です」-。行政サービスに関する質問を無料通信アプリ「LINE」で送信すると、すぐに人工知能(AI)が答えてくれる。そんな24時間対応システムの運用を、兵庫県丹波市がこのほどスタートさせた。研究機関と連携した実証実験として、サービスの充実や言語解析技術の発展を探る。...

震度6弱 府内文化財29件で被害 北摂中心に確認 

府教委の調査で20日、地震の影響で少なくとも府内の文化財29件に被害が出ていることが分かった。うち国の重要文化財(建築物)が9件、特別史跡が1件などで、府教委などは引き続き被害状況を調べている。茨木、豊中、高槻、池田各市など北摂地域を中心に漆喰壁に亀裂が入ったり、一部が落下したりする被害があった。重要文化財の旧西尾家住宅(吹田市)では瓦が一部落ち、壁がはがれた。...

クジラの歯磨き、地元園児も体験 和歌山・くじらの博物館

「歯と口の健康週間」(4~10日)にちなみ、太地町立くじらの博物館で1日、飼育するクジラの歯磨きをするイベントが始まった。地元の「太地こども園」の園児28人も招かれ、クジラの歯の特徴などを教わっていた。この日のイベントは同館で飼育しているハナゴンドウなど4頭で行い、子供のハナゴンドウ「レン」と母親の「ニール」も親子で“参加”。ハナゴンドウの歯は下あごに数本しか生えないといった特徴を飼育員が説明し、ブラシを使ってやさしく歯を磨いた。...

「金魚のまち」夏恒例の「金魚すくい選手権大会」 奈良県予選参加者を募集中

淡路市、7人目出産家庭に100万円 祝い金最高額2組目

25年万博 加盟国へ更なる訪問 府議会、誘致活動で提言 

京都大が事業子会社設立、国立大で初 コンサルや研修など展開

長寿の秘訣 喫煙率低く、スポーツする人多い 男性全国1位、女性4位

和歌山・熊野でサッカーワールドカップ日本代表の必勝祈願祭

春風にのり子供たちが優雅に舞披露 春日大社で萬葉雅楽会

花、音楽、香り…五感で楽しむコンサート 六甲オルゴールミュージアムで始まる

大阪の商店街に歴史行列 道明寺歴史まつり

鬼の絵入り御朱印を授与 大江山の鬼嶽稲荷神社

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

中国地方

オススメ
最新記事

山口県周防大島町・海開きで園児が初泳ぎ

「瀬戸内のハワイ」と呼ばれる山口県周防大島町の海水浴場で海開きがあり、園児が初泳ぎを楽しみました。1キロにわたり砂浜が続く片添ヶ浜海水浴場で、海開きの安全祈願祭が開かれました。事前に砂浜の清掃が行われ、沖合100メートルにはサメよけのネットが張られている。片添ヶ浜は、周防大島町で最も規模が大きい海水浴場で、キャンプ場やホテルなどの宿泊施設も充実している。海開きに合わせ地元の園児が初泳ぎを楽んだ。...

「さらば鉄人」 衣笠祥雄さん 広島でお別れの会

広島カープの黄金期を支え、今年4月に亡くなった衣笠祥雄さんのお別れの会が広島市内で開かれ、プロ野球関係者やファンなど別れを惜しむ大勢の人が訪れた。お別れの会には、広島カープの緒方監督を始めとするカープの関係者や、衣笠さんと親交の深かった多くの野球関係者などが訪れ、衣笠さんとの別れを忍んだ。1965年にカープに入団した衣笠さんは2215試合の連続出場で『鉄人』と呼ばれ、球団史上初の国民栄誉賞を受賞した。...

岡山市の百貨店に県産品の特設コーナーがオープン 農産物や菓子など300種

県外や海外からの観光客に岡山県の特産品をPRし、手軽に買ってもらおうと、岡山市の百貨店に県産品を専門に扱うコーナーがオープンした。「おかやま百選」と呼ばれるこのコーナーは、岡山高島屋が開店45周年を機に設けたもので、岡山駅の地下街からアクセスの良い地下2階で営業を始めた。...

松江で水陸両用機運航開始 宍道湖上空など遊覧飛行

広島県尾道市を拠点に水陸両用機を運航する「せとうちSEAPLANES」は24日、松江市の中海を発着し島根半島や宍道湖などの上空を周遊する遊覧飛行を始める。当面はプレオープン期間として土、日曜(3連休などの場合は祝日も含む)のみで、1日3回を予定する。飛行時間は約50分間。尾道の遊覧飛行と同じコディアック100水陸両用機(乗客定員7人)を使い、中海に面した「なかうみスカイポート」を発着する。...

「妖怪ガイド」一新 水木ロード大規模改修で

鳥取県境港市の観光地・水木しげるロードに並ぶ妖怪ブロンズ像などを楽しむ際の「妖怪ガイドブック」の第19版ができた。累計111万部を販売する人気冊子。7月14日に完成予定の水木ロードの大規模改修で妖怪像が24体増えて177体となり再配置されたことから、ガイドブックも全面的に初めて見直したという。大きさは持ち運びに便利なように、従来と同じA5判で38ページ。...

東ソー物流/山口県周南市に2.5万m2の総合型物流センターを新設決定

広島市にヒルトン進出 中四国で初 22年にも開業

岡山県、果物テーマに観光キャンペーン 7月から

島根の19市町村かたどったパズルが人気 地元NPOの連携で製作「自分のまちを再認識」

県産天然イワガキ初競り 賀露で過去最高値

純米大吟醸で山口の「金雀40%」が最高賞 「IWC」の日本酒9部門結果を発表

広島県、AI・IoTの実証実験 3年で10億円投資

閉鎖ゴルフ場にメガソーラー 岡山県内で建設相次ぐ

津和野で新茶摘み「新芽の伸び、色つや最高」

中野岸壁に11万トンのクルーズ客船

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

四国地方

オススメ
最新記事

創業支援を強化 愛媛県、AIセミナーや創業クリエーター

起業家を輩出して経済活性化につなげようと、愛媛県が創業支援事業を強化している。AIに関するセミナーやビジネスプランコンテストの開催に加え、首都圏などから起業家を呼び込む「創業クリエーター」を設けた。地域間競争が激しくなる中、産業構造の転換と新たな雇用の場の創出につなげる狙いだ。5月下旬、松山市内のインキュベーション施設「テクノプラザ愛媛」で、県主催の「AI・IoT研究会技術セミナー」が開催された。...

四国最大級の水族館着工へ 20年3月開業目指す

香川県宇多津町浜一番丁のうたづ臨海公園内に建設が計画されている水族館について、準備会社と宇多津町などが26日、これまで仮称としていた「四国水族館」を正式名にすると発表し、現地で起工式を開いた。四国最大級の水族館になる予定で、2020年3月のオープンを目指して本格的な工事が始まる。町などによると、施設は延べ床面積7184平方メートル、展示水量2233トン。黒潮が流れる太平洋側や鳴門の渦潮など、さまざまな四国の水景をテーマにした展示スペースを設ける。...

バス2日乗り放題券 徳島県など、訪日客向け

徳島県と徳島県バス協会は、インバウンドの利便性を高めるため徳島市内を中心とした路線バスが2日間乗り放題になる乗車券を販売する。外国人対象の路線バスの乗り放題は四国で初の試み。市内観光地や四国八十八カ所霊場を巡る際に利用してもらうことを想定している。販売期間は7月1日から2019年9月末まで。乗車券の名称は「TOKUSHIMA...

高知県・市、中央産業団地を7月から分譲

高知県と高知市は同市の一宮地域に共同で整備していた「高知中央産業団地」の分譲を7月下旬から始める。南海トラフ地震による津波発生に備えてBCP(事業継続計画)対応を急ぐ市内企業の流出防止や県外企業の誘致につなげる。県と市はそれぞれ6月議会に関連議案を提出する。同団地は浸水被害想定区域でなく、開発面積は約13万平方メートル。このうち約5万平方メートルを製造業を対象に分譲する。...

楽天/農業サービス「ラグリ」が愛媛県にカットサラダ工場新設

かわつ花菖蒲園 一般開放始まる 香川県坂出市

香港のアンテナショップ、事業者を募集 徳島県

日本一の早堀りイモ「土佐紅」高知県香南市夜須町で収穫始まる

高機能素材の研究拠点 愛媛県、炭素繊維や植物由来

うまみジューシー「オリーブ地鶏」 牛・豚に続け

漁民の軌跡たどる 県立博物館で企画展

高知で幕末維新博の第2幕 21日から

平成の海援隊結成 「志国高知 幕末維新博」の一環

伊方原発2号機廃炉を正式決定 巨額安全対策費、採算合わず

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

九州地方

オススメ
最新記事

英国のコンテストで世界最高賞、宮崎の黒ビール「栗黒」販売好調

世界一の味わいを楽しんで-。宮崎県延岡市の地ビール製造会社「宮崎ひでじビール」が、英国のコンテストで世界最高賞に輝いた黒ビール「栗黒」の国内販売を始め、好調だ。当初は主に輸出向けに出荷していたが、県内外から国内販売を望む声が多く寄せられていた。 栗黒は、高温で乾燥させて黒色になるまで焦がした大麦と宮崎県産のクリを主原料にしたコーヒーのような濃厚な味わいが特徴。...

くじゅう山開き、山頂は“満員”

「第66回山開き」が行われた3日のくじゅう連山は、絶好の登山日和となり、県内外から多くの登山者が訪れたと西日本新聞が報じた。大船山(1786メートル)の頂上では、安全を祈願する「山頂祭」があり、神事の後、頂上を埋めた約600人が万歳三唱を行った。福岡県八女市の松崎秀樹さん(40)は重さ18キロのスイカを背負って運び、山頂で切り分け、振る舞っていた。晴れ渡る空と見頃を迎えたミヤマキリシマを背景に、登山者はほら貝を吹いたり、ペナントを手に記念撮影をしたりするなどして、それぞれの山開きを祝った。...

「阿蘇ジオパーク」8月に世界再認定審査

世界ジオパークに認定されている「阿蘇ジオパーク」の4年に1度の再認定審査が、今年8月、行われることになったとRKK熊本放送が報じた。これは28日の協議会の総会で報告されたもので、世界ジオパーク再認定の現地審査のため、8月6日からの4日間、アメリカと中国の審査員が阿蘇を訪れるという。阿蘇ジオパークは、『地質の世界遺産』と呼ばれるユネスコの世界ジオパークに4年前認定されたが、去年の再認定審査では『条件付き』となり、運営体制の強化が課題として指摘されていた。...

五島で国際トライアスロン 986人が限界に挑戦

「五島長崎国際トライアスロン大会 バラモンキング」(実行委員会など主催)が17日、五島市で開かれた。“鉄人”たちが水泳、自転車、マラソンの順で体力の限界に挑んだ。 大会は8回目。富江緑地公園をスタートし、五島港公園をゴールとするコースで行われた。総距離226.2キロと同147.1キロの部門に3カ国から986人が出場。同市はこの日、27.9度と今年の最高気温を記録。...

佐賀県が耐震診断を義務化 避難ルート沿道の建築物 九州初、大型地震に備え

日本最高峰のプレー観戦を 行橋で7月14-16日にビーチバレーフェスタ 京築地方の特産品販売も

鮎まつりにぎわう 鹿児島・さつま町 

スポーツチームのキャンプが盛況 経済効果も

大分・くじゅう連山大船山で山開き 絶景とミヤマキリシマ堪能 

崎津集落にある港で旅客船の火災を想定した訓練

長崎市の観光客 初めて700万人突破 過去最高を記録

アゲマキ漁が22年ぶり復活

辛子高菜 品切れ 「博多ラーメン」“名脇役”に異変 

鹿児島県産てん茶初上場 抹茶輸出の拡大に期待 県茶市場

Move
表示 0 | 5 | 10 | 15 記事

沖縄地方

オススメ
最新記事

沖縄の路線価、伸び率日本一 県内最高路線価は那覇市久茂地

沖縄国税事務所は2日、相続税や贈与税の算定基準となる2018年1月1日現在の県内路線価を公表した。県内3158地点の標準宅地評価基準額は、対前年変動率の平均値がプラス5%となり、上昇率が全国トップとなった。沖縄国税事務所によると、現在の計算方式になってから上昇率が5%を超えるのは全国でも初めてだという。...

薬学部創設へ10万筆 沖縄県薬剤師会、琉大に署名提出

...

ダム貯水率5割切る 県内少雨、農家懸念も

沖縄地方は8日の梅雨入り以降も少雨傾向が続いており、県内11ダムの貯水率が18日午前0時時点で平年を21・7ポイント下回る49・9%となった。昨年同日比でも9.5ポイント低い。南北大東など離島でもほとんど雨が降っておらず、農業関係者からは「今後も空梅雨が続けば影響が出てくる」と不安の声が上がっている。...

瀬長島来島者288万人 17年度、観光拠点整備が要因

沖縄県豊見城市の調査によると、瀬長島の2017年度の来島者が約288万人となり、那覇市の首里城公園地区に匹敵するほどになっている。市は、道路や駐車場などの整備と、商業施設やホテルの開業が観光客らを呼び込む要因となったと分析する。一方、瀬長島に向かう国道331号瀬長交差点では、約10年前と比べて交通量が1.5倍に増加しており、渋滞対策の必要性も浮き彫りとなっている。...

両陛下の沖縄訪問、宮内庁が正式発表 3月27~29日

宮内庁は5日、天皇、皇后両陛下が3月27~29日に沖縄県を訪問すると正式発表した。退位前に現地に足を運びたいというお二人の強い希望による訪問。沖縄訪問は皇太子ご夫妻時代を含め計11回目となる。宮内庁関係者によると、天皇陛下は象徴天皇として戦没者慰霊を大切な務めととらえ、なかでも、激しい地上戦があった沖縄への思いが強い。...

希少サンゴの移植許可 辺野古埋め立て海域 沖縄県

最新技術は「性フェロモン」 サトウキビの害虫防除、沖縄県農業研が実用化

純利益2000万円以上902社で過去最多 東京商工リサーチ

沖縄の企業、後継者不在8割 全国最多、社業継承遅れ

沖縄パワー全開 1000人の三線も 横浜・鶴見ウチナー祭

観光客最高504万6100人 8月単月で初の100万人突破 60カ月連続で前年同月を上回る

钟乳洞窟损坏特别决议

チビチリガマ荒らしで特別決議 読谷村議会「戦争犠牲者への冒涜」

高校求人は5年前の4倍 那覇職安調査、人材確保で前倒し傾向

「島あっちぃ」で活性化 31人、伊平屋観光県事業