経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長崎県
「出島」大規模改修へ 本年度から 老朽化で長崎市方針 印刷
2019年 8月 30日(金曜日) 18:34

長崎市出島町の国指定史跡「出島和蘭商館跡」を含む出島復元の整備方針を審議する市出島史跡整備審議会が23日、同市内で開かれ、市は本年度から順次、老朽化した建物の大規模改修を進めることを明らかにした。市によると、出島の建物は第1期復元から19年が経過し、雨による腐食などが進んでいる。本年度は2月ごろから、特に緊急性が高い「カピタン部屋」など3棟の物見台や床板、しっくいなどを改修する方針。

 
国境の島 韓国人客が激減 収束見えず募る危機感 印刷
2019年 8月 08日(木曜日) 10:07

元徴用工問題や半導体材料の輸出規制強化を巡り、日本と韓国の対立が深まる中、国境の島・対馬市で韓国人観光客が激減し、観光関連業者が打撃を受けていると長崎新聞が報じた。長崎県対馬振興局の調査では、特に団体客の減少が目立つ。長崎県の担当者は「事態がいつ収束するか見通せない。今後さらに減少する可能性がある」と危機感を強めている。

 
ハウステンボス、料金を値下げ 入場者目標を310万人回復に 印刷
2019年 7月 16日(火曜日) 17:18

長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボス(HTB)の坂口克彦社長は9日、場内で記者会見し、10月以降の事業展開を発表した。年間入場者数の310万人回復を目標に掲げ、料金値下げや観光客の動向調査に基づいた情報発信で、新たな客層にアピールする。 10月1日に料金を改定する。これまで別料金を取っていた観覧車など6施設を「1DAYパスポート」(大人7千円)で利用可能とする。パスポートの対象は計58施設となる。パスポート料金は据え置きで、事実上の値下げとなる。

 
釣りで島おこし 青方を国の「モデル港」に 印刷
2019年 6月 26日(水曜日) 11:00

長崎県五島振興局上五島支所と新上五島町、上五島町漁協は、同町の中心部にある青方港の一部を国土交通省の「釣り振興モデル港」事業へ応募する計画を進めている。釣りを通し、観光振興につなげたい考えだ。同事業は観光資源として港湾の釣り施設や防波堤を活用する。指定を受けると国からの情報発信や安全対策への助言などで支援を受けることができる。現在、青森港や北九州港など全国で13港が指定されている。

 
藤山神社でフジ見頃 佐世保市 印刷
2019年 5月 10日(金曜日) 09:36

佐世保市小舟町の藤山神社でフジが見頃を迎えた。境内には樹齢650年以上の県天然記念物の大フジ、珍しい紅白の花が咲く「紅白フジ」など5種類約40本がある。藤棚から垂れた小さな花が風に揺れ、上品な香りが漂う。前田邦彦宮司によると、花は今月末ごろまで楽しめるという。

最終更新 2019年 5月 14日(火曜日) 15:18
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ