経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長崎県
ハウステンボス、料金を値下げ 入場者目標を310万人回復に 印刷
2019年 7月 16日(火曜日) 17:18

長崎県佐世保市のテーマパーク、ハウステンボス(HTB)の坂口克彦社長は9日、場内で記者会見し、10月以降の事業展開を発表した。年間入場者数の310万人回復を目標に掲げ、料金値下げや観光客の動向調査に基づいた情報発信で、新たな客層にアピールする。 10月1日に料金を改定する。これまで別料金を取っていた観覧車など6施設を「1DAYパスポート」(大人7千円)で利用可能とする。パスポートの対象は計58施設となる。パスポート料金は据え置きで、事実上の値下げとなる。

 
釣りで島おこし 青方を国の「モデル港」に 印刷
2019年 6月 26日(水曜日) 11:00

長崎県五島振興局上五島支所と新上五島町、上五島町漁協は、同町の中心部にある青方港の一部を国土交通省の「釣り振興モデル港」事業へ応募する計画を進めている。釣りを通し、観光振興につなげたい考えだ。同事業は観光資源として港湾の釣り施設や防波堤を活用する。指定を受けると国からの情報発信や安全対策への助言などで支援を受けることができる。現在、青森港や北九州港など全国で13港が指定されている。

 
藤山神社でフジ見頃 佐世保市 印刷
2019年 5月 10日(金曜日) 09:36

佐世保市小舟町の藤山神社でフジが見頃を迎えた。境内には樹齢650年以上の県天然記念物の大フジ、珍しい紅白の花が咲く「紅白フジ」など5種類約40本がある。藤棚から垂れた小さな花が風に揺れ、上品な香りが漂う。前田邦彦宮司によると、花は今月末ごろまで楽しめるという。

最終更新 2019年 5月 14日(火曜日) 15:18
 
脂乗ったブリ大漁 5千匹を水揚げ 五島市 印刷
2019年 4月 11日(木曜日) 09:31

長崎県五島市玉之浦町の沖数キロの定置網漁でブリの大漁が続き、水揚げされる港が活気づいている。この時季のブリは、彼岸すぎから4月中旬ごろまで「彼岸ブリ」の名で取引され、丸々と太って、脂の乗りが良い。同町の水産会社「柿森水産」の定置網には体長約1メートル、重さ約8キロのブリが3、4日の両日で約5千匹かかった。

 
法王訪日、6月にも日程発表 11月25日軸、長崎など 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:42

昨年6月に日本人で6人目の枢機卿に就任した前田万葉枢機卿は14日、長崎県庁に中村法道知事を表敬訪問し、フランシスコ・ローマ法王の訪日日程について、「6月下旬から7月上旬までに正式に発表される」との見通しを示した。6月にもバチカンから担当者が来日し、訪問場所や行事を調整するという。前田枢機卿によると、今年11月25日を軸に3泊4日程度滞在し、東京や長崎、広島などを訪問することを検討している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ