経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
八木節や絶メシ 東京ドームでPR 20日まで「ふるさと祭り」 印刷
2019年 1月 17日(木曜日) 09:33
全国各地の祭りやグルメを集めた「ふるさと祭り東京」が11日、東京ドームで始まった。群馬県から桐生八木節まつりが初参加してステージで八木節を披露。高崎市と高崎観光協会は「開運たかさき食堂」と題したブースで地元の味をPRしている。20日まで。桐生八木節連絡協議会の選抜チームと桐生八木節キャンペーンスタッフの約30人が、青森ねぶたの巨大な山車が飾られたメインステージでおはやしと踊りを実演。
 
群馬県「すき焼き」でギネス記録 1時間に745皿提供 印刷
2018年 12月 20日(木曜日) 15:51

牛肉やネギ、シイタケなどすき焼きの食材が県産品でそろうことから「すき焼き応援県」を宣言している群馬県は11月25日、世界初の「すき焼き」に関するギネス世界記録に挑戦。1時間で745皿を提供し、見事ギネス世界記録に認定されたと産経新聞が報じた。ギネス記録への挑戦は、同日に前橋市のJAビルで開催されたイベント「オールぐんまdeすき焼きまつり」の最中に行われた。この日用意されたすき焼きは800人分約250キログラム。牛肉やネギ、しらたき、シイタケなどの具材は全て県産品。

 
日本ハム/群馬県伊勢崎市に業務用加工食品の新工場竣工 印刷
2018年 11月 30日(金曜日) 10:00

日本ハムは10月25日、群馬県伊勢崎市にグループ会社の日本ピュアフードが、業務用加工食品の新工場「伊勢崎プラント」を、10月24日に竣工したと発表した。新工場は敷地面積3万m2、延床面積1万3000m2。年産能力は9600トンで、11月1日から操業を開始する。従業員数は76名。伸長する外食・中食需要への対応や、製品の品質・安全性の向上を図る目的で建設した。

 
工場立地、群馬が全国1位 18年1~6月 栃木は失速 印刷
2018年 11月 06日(火曜日) 22:40
経済産業省が30日発表した2018年1~6月の工場立地動向調査(速報)で、北関東3県の立地件数は明暗が分かれた。群馬が都道府県別で1位(17年1~12月は2位)、茨城は4位(同5位)と順位を上げた一方、栃木は24位と同8位から急落した。調査対象は1千平方メートル以上の用地取得で、これまで製造業、ガス業、熱供給業が対象だったが、今回から水力、地熱、太陽光発電所を除く電気業を加えた。
 
日中国交正常化45周年 福田元首相、渋川で講演 印刷
2018年 10月 16日(火曜日) 19:23

福田康夫元首相は5日、日中国交正常化45周年と日中平和友好条約締結40周年を記念し、渋川市のホワイトパークで講演。中国やアジア諸国との関係などについて「世界中とお付き合いしていくことがこれからの日本の生きる道だ」と訴えた。特に日中関係については「良い関係でなくてはいけない」とし、南京事件にも言及。見解が分かれる犠牲者数について議論する問題ではないとし、「(事件が)あったことは事実。中国の全土にどれだけ被害を与えたか、日本人は考えなくてはいけない」と述べた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ