経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
群馬県、県庁最上階に動画スタジオ 印刷
2019年 9月 09日(月曜日) 18:42

群馬県の山本一太知事は、県庁の最上階に動画スタジオを設置する構想を明らかにした。スタジオ内で撮影や編集、配信ができ、県の特産品を紹介する動画の撮影などに活用する。規模や開設時期は未定。開設を通じ県の情報発信を強化する。県庁32階の展望ホールの一角にガラス張りのスタジオを設置する。CMの撮影や県民を招いた公開放送などでの活用を想定する。関連費用を9月補正予算案に盛り込み、同18日開会の定例県議会に提案する方針だ。

 
浅間山噴火で降灰確認 入山規制、人的被害はなし 印刷
2019年 8月 19日(月曜日) 09:26

7日夜に浅間山で小規模噴火が発生し、噴火警戒レベルが3(入山規制)に引き上げられ、麓の群馬、長野両県は8日、それぞれ対策会議を開き、同日朝の段階でけが人や建物への被害がないことを確認した。群馬県嬬恋村と長野原町で降灰が確認された。周辺には軽井沢町など観光地が多く、夏休みシーズンの真っ最中のため観光客の安全にも万全を期す構えだ。噴火は2015年6月以来で、レベル3は2009年4月以来となる。

 
群馬県と4市町、「世界遺産カード」発行 全20種類、観光施設で割引も 印刷
2019年 7月 23日(火曜日) 17:43
群001;.馬県は16日、世界文化遺産の「富岡製糸場と絹産業遺産群」を構成する4市町と連携して制作した「世界遺産カード」の概要を発表した。20日から各市町ごとに5種類、計20種類を配布する。カードを提示すると、博物館などの観光施設で入場料の割引やグッズのプレゼントを受けられる。カードの配布で若年層の関心を高め、集客の増加につなげる。
 
五輪ホストタウン 富岡 甘楽 片品を追加 群馬県登録8市町村に 印刷
2019年 7月 02日(火曜日) 10:05

2020年東京五輪・パラリンピックの海外選手と地域住民が交流するホストタウンについて、政府は28日、群馬県の富岡、甘楽、片品の3市町村を含む22件を第14次登録として追加認定したと発表した。群馬関係の登録は計8件、全国は計345件となった。五輪まであと1年。県内各自治体は、交流事業による地域活性化に期待を寄せ、選手らの受け入れ体制づくりを本格化させる。

 
八ツ場ダム コンクリート打設工事が12日に完了見通し 秋に試験湛水 計画から70年 総仕上げへ 印刷
2019年 6月 10日(月曜日) 18:10

群馬県の八ツ場ダム(長野原町)の建設事業で、ダム本体のコンクリート打設が12日にも完了する見通しとなった。国土交通省八ツ場ダム工事事務所と清水・鉄建・IHI異工種建設工事共同企業体(JV)が同日、打設完了式典を開く。ダムは秋から始まる試験湛水(たんすい)を経て、来年3月に完成する予定。計画発表から約70年が経過したダム建設事業は、総仕上げの段階に入る。

最終更新 2019年 6月 10日(月曜日) 18:11
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 17 ページ