経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
「高崎だるま市」に35万人 SC・百貨店もにぎわう  印刷
2018年 1月 12日(金曜日) 09:33

高崎市は1月1日・2日に開催した「高崎だるま市」の来場者が35万人と発表したと高崎前橋経済新聞が報じた。「高崎だるま市」はJR高崎駅西口で昨年初開催した新生だるま市。昨年の2倍に広げた会場にはだるま店50店が出店した。このほか、だるまの名入れブース、古いだるまの回収ブースを用意した。だるまの名入れサービスは昨年は職人1人だったが3人に増やした。

 
高崎だるま市に初詣スポット巡回バス運行 会場面積も2倍、人出期待 印刷
2017年 12月 18日(月曜日) 22:35

JR高崎駅西口駅前通りを舞台に今年から始まった「高崎だるま市」(元旦と2日)が来年、大幅に拡充される。日程は同じだが、会場を発着点とした市内初詣スポットを巡る巡回バスを初めて運行するほか、会場面積を2倍に。高崎市は「約25万人という今年の人出を上回りたい」と意気込む。一方、対立を機に分離開催となった少林山達磨寺(鼻高町)では1月6、7日に開催予定で、ともに独自色を打ち出している。

 
尾瀬見渡す道の駅 テラスや足湯、直売所 来年7月開業 印刷
2017年 11月 22日(水曜日) 21:10
国土交通省は17日、道の駅として、来年7月下旬に開業予定の「尾瀬かたしな」(群馬県片品村鎌田)など、15道県の17カ所を追加登録した。「尾瀬かたしな」は村内初の道の駅で、尾瀬国立公園を眺められるテラスをはじめ、足湯や地元農産物の直売所などを整備する。尾瀬や栃木県日光市を訪れる観光客を呼び込む新たな拠点として誘客に期待がかかる。
 
スバル無資格検査 県財界「早く信頼回復を」 県内に下請け733社 印刷
2017年 10月 30日(月曜日) 23:05

9月の日産自動車に続いて群馬の基幹企業スバルでも27日、無資格検査問題が発覚した。しかも、現場は太田市の群馬製作所本工場と矢島工場の2工場で、スバル城下町の太田市や県財界からも、驚きの声とともに「できるだけ早く信頼回復に務めてほしい」という悲痛な声があがっている。スバルは本社こそ東京都渋谷区恵比寿に置いているが、自動車製造工場は全国でも群馬県内に現場となった2工場と大泉工場(大泉町)の3工場が請けおう。

 
ぐんまちゃん 中国人投票でもナンバーワン ご当地キャラ人気で表彰 印刷
2017年 10月 10日(火曜日) 20:11

中国人が投票した「全日本ご当地キャラクター人気投票inチャイナ」の結果発表と表彰式が27日、都内で行われ、ぐんまちゃんが1位に輝いた。全国のご当地キャラ30体がエントリーし、中国の大手旅行代理店のホームページで投票を17~26日に受け付けた。2位は花笠マハエ(沖縄県)、3位は壺侍(佐賀県)だった。大沢正明知事は「国内に続き、中国でも優勝できたことはうれしいニュース。応援してくれた皆さんに心から感謝する。これをきっかけに、中国をはじめ東アジアとの交流を積極的に進めたい」とコメントした。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ