経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
雨続き…日照時間は平年の半分、農作物への影響懸念 印刷
2017年 8月 22日(火曜日) 18:49

夏休みも終盤が近づく中、雨や曇りなど夏らしくない空模様が続いている。県内各地で日照時間が平年を大きく下回る事態となり、農作物への悪影響も懸念され始めた。前橋地方気象台の発表によると、梅雨明け直後の7月23日から今月9日までに、県内13カ所で観測された日照時間は軒並み平年の半分以下となった。日照時間が平年を半分近くまで下回ったのは平成15年以来のことだという。

 
群馬・草津町 ふるさと納税で金券継続 印刷
2017年 7月 31日(月曜日) 12:00

群馬県草津町の黒岩信忠町長は24日、ふるさと納税の返礼品として金券を取り扱わないよう求めた総務省に対し「従わない」と拒否したことを明らかにした。「金券は温泉旅館など約300社に経済効果があり、地方創生に役立っている。法令上もモラル上も問題ない」と反発した。同省と協議は続けるという。同券の人気を追い風に2016年度のふるさと納税では15年度比5割増の13億2600万円を受け入れた。

 
群馬で介護職員の合同入職式 人材確保や定着めざす 印刷
2017年 7月 06日(木曜日) 19:46
介護現場で働く職員が、事業所の垣根を越えて悩みを相談したり、一緒に楽しんだりする仲間を増やす機会にと、群馬県介護福祉士会などは29日、前橋市大手町2丁目の群馬会館で、介護施設で働く1年未満の介護職員らの合同入職式を初めて開いた。需要が高まる介護現場の人材確保や定着につなげたい考えだ。
 
ウナギつかみ取りも 吉井「どろんこ祭り」 印刷
2017年 6月 14日(水曜日) 17:40

高崎市吉井町で4日、恒例の「吉井どろんこ祭り2017」が開催され、水を張った田んぼで、親子連れなどが泥だらけになって梅雨入り前の晴れ間を楽しんだ。800匹のウナギを田に放してウナギのつかみ取りが始まると、待ちかねた子供たちが田に飛び込み、どろだらけになってウナギと格闘。障害物競争や親子手つなぎ競争、しろかき競争などでは、参加者が泥水でびしょぬれになりながらも笑顔を見せていた。

 
雪解けの尾瀬 湿原に春の息吹 片品で山開き ミズバショウも顔出す 印刷
2017年 5月 24日(水曜日) 18:14
陽光が反射する雪解け水のほとりで、遅い春を待ちわびたミズバショウが顔を出した。周囲には雪化粧の至仏山や燧ケ岳。群馬、福島、栃木、新潟の4県にまたがる尾瀬国立公園の山開きが19日、片品村戸倉の尾瀬ぷらり館西側広場で行われ、本格的な尾瀬の行楽シーズンが訪れた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ