経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
連休中の消費 例年の7割まで回復の見通し 印刷
2020年 9月 30日(水曜日) 20:32

中国旅游研究院が先週末に公開したデータから、10月1日から8日までの国慶節・中秋節の連休中、消費が昨年同期の7割にまで回復するだろうと見込まれています。

9月中旬現在、全国では約76%の旅行社が営業を再開させ、中でも、団体客向け業務は例年の4割ほどにまで回復しています。「星」ランクのつく格付けホテルは、経営回復のテンポを速め、9421社が操業を再開させ、全般的な再開率は91%に上っています。

西南部にある雲南省昆明市は個性豊かな町づくりを進め、大勢の観光客を惹きつけています。また、重慶市は市民や観光客を現地に引き留めるため、音楽、グルメ、文化祭など100余りの行事を行うということです。

 
第3回中国国際輸入博覧会 11月上海で 印刷
2020年 9月 25日(金曜日) 22:29

第3回中国国際輸入博覧会は11月5日から10日にかけて、上海で開催されます。報道機関の申し込みに対応するサービスプラットフォームは今月24日に本格的な運用が始まりました。申し込みの締め切りは10月20日です。

新型コロナウイルスの予防対策上、招かれるのは主に、国内記者や中国大陸駐在の外国の記者、香港とマカオの記者、中国台湾の記者で、公式サイト、APP、微信(ウィーチャット)を通じて登録することができます。

 
中国のコロナ対策、複数の海外メディアから成功例と報道 印刷
2020年 9月 24日(木曜日) 08:40

中国では、新型コロナウイルスの封じ込めに段階的な重要な成果を収め、経済社会活動の再開が軌道に乗り、大学・小中学校も相次いで教室での対面授業を再開させています。中国はなぜ感染を抑え込み、どのようにしてウイルスを撃退したかが、海外メディアから注目されています。多くのメディアは、「中国の成功は、政府による厳格な対応措置に一人ひとりの支持と切り離すことができない」と示しています。

中国のコロナ対策、複数の海外メディアから成功例と報道_fororder_6-1
米誌「ニューズウィーク」:6カ月間でウイルスに勝つ 中国はどうやってできたか

米誌「ニューズウィーク」は、「先月、武漢で開催されたプールパーティーは、中国の状況が米国やインドなどの国が直面している状況と全く異なるものと感じさせてくれた。中国がコロナ対応に成功した理由は、厳格な対応措置と人々の政府への信頼にある」と伝えました。

中国のコロナ対策、複数の海外メディアから成功例と報道_fororder_6-2
米誌「サイエンス」に発表された研究報告書

米誌「サイエンス」が4月に発表した論文は、「中国が感染拡大から50日内に講じた厳しい予防抑制措置は、数十万人を感染から守った可能性がある」としています。作者の一人であるオックスフォード大学のクリストファー・デイ客員教授は声明を通して、「中国の予防措置はすでに功を奏しているようだ。彼らは感染の連鎖を断ち切り、感染者とハイリスク者との接触を断ち切ることに成功した」と指摘しました。

中国のコロナ対策、複数の海外メディアから成功例と報道_fororder_6-3
「バンコック・ポスト」:中国はかくも早く新型コロナに打ち勝てた理由

中国はどのようにして新型コロナに打ち勝ったかについて、タイの「バンコック・ポスト」は記事で、「中国はわずか3カ月で新型コロナの抑制に成功した。これを支えた3本の柱とは、力強いリーダーシップ、全面的な共同予防抑制メカニズム、幅広い支持である」と報道しました。

 
CRI時評】世界に必要とされる国連の姿とは 印刷
2020年 9月 24日(木曜日) 08:24

【CRI時評】世界に必要とされる国連の姿とは_fororder_4ac8865cccfc815dbbd9c04679be8ac

「新たな情況と新たな課題に直面し、我々は真剣に考えなければならない。世界はどのような国連を必要としているのか?ポストコロナの時代、国連はどのような役割を発揮しなければならないのか?」中国の習近平国家主席は21日、国際連合創設75周年を記念するハイレベルサミットでこのような「時代の問」を提起した。

国連は過去75年間、かけがえのない役割を果たしてきた。幾多の試練を重ねて、70億以上の人々がより良い暮らしに対する期待を寄せており、国連憲章は依然として世界平和と発展の重要な保障だ。現在、世界は百年未曾有の大変局に直面しており、新型コロナウイルスの世界的大流行がこの変化に拍車をかけている。保護主義、一国主義といじめ的行動が抬頭しており、世界はこれまで以上に強力な国連を必要としている。

【CRI時評】世界に必要とされる国連の姿とは_fororder_1abd647d4e8deb08b8fbc5655fa931e

習近平主席は大国と小国の相互尊重と一律平等を強調し、協議・協業・共有を堅持して国連における発展途上国の立場と発言権を的確に向上させることを強調した。多国間主義を実践する鍵は行動だ。安全保障、開発、人権などの分野におけるグローバルな課題に直面し、習近平主席は国連が「行動に焦点を当てる」べきであると強調し、国連の活動の優先事項として公衆衛生などの非伝統的な安全保障の課題に対応し、生存権と発展権の保護と促進をいっそう重視することを指摘した。

「我々は一貫して多国間主義の実践者になる」これは習近平主席が世界に向けて発した断固たるコミットメントだ。中国は新しい基準に立ち、公平を要点として、人類運命共同体の構築を推進し、世界のさらなる団結と進歩の実現に取り組んでいく。(CRI論説員)

 
武漢・ソウル国際線旅客便が再開 8カ月ぶり 印刷
2020年 9月 18日(金曜日) 18:19

武漢とソウルを結ぶ国際線旅客便が16日、再開しました。ソウル・武漢定期便は1月の新型コロナウイルス感染拡大以来8カ月ぶりに再開された初の国際線旅客便の路線として週1回往復運航します。同日、武漢とロンドンおよびアムステルダムを結ぶ貨物専用便の全運航も開始されました。民用航空局(民航局)の指導の下、武漢空港を離着陸する従来の国際航空路線の再開は限定的で段階的に実施します。

武漢・ソウル国際線旅客便が再開 8カ月ぶり_fororder_网3 图片

なお、新型コロナウイルスの感染拡大で停止された武漢と日本を結ぶ直航コンテナ船は、5月に同市新港の陽邏コンテナ埠頭で運航を再開し、また長江の増水による影響を受けた武漢発・日本行きの直航コンテナ定期船「華航漢亜1号」と「華航漢亜2号」の航路は8月に運航を再開しました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 628 ページ