経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
大分県
大分の水族館「うみたまご」で戌年にちなんだ生き物展示  印刷
2018年 1月 05日(金曜日) 19:18

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」ワンダーゾーンで現在、特別展示「謹賀新年2018~干支(えと)とお正月の生きものたち~」が開かれていると大分経済新聞が報じた。 毎年末に翌年のえとにちなんだ海生生物を紹介する同展。今年は2018年の戌年や正月にゆかりのある生き物を5つの水槽で展示するほか、縁起の良い魚を入れた水槽3つを年賀状作成の支援企画として新たに用意した。

 
別府で温泉シンポジウム「ONSENアカデミア」、「スポーツと健康」テーマに  印刷
2017年 12月 09日(土曜日) 00:12

別府ビーコンプラザ(別府市山の手町12)で11月25日・26日、温泉の魅力と可能性を探る「別府ONSENアカデミア」が開かれると大分経済新聞が報じた。温泉を主軸とした観光事業に力を入れる自治体が集まり、地域資源の温泉を守りその魅力を検証し、新たな可能性を全国や世界に向けて発信する同シンポジウムは今年で2回目。「スポーツと健康」をテーマに2日間、講演会や分科会、全体会議などを行う。

 
イオン環境財団、大分県竹田市で植樹を実施、3年計画の2年目、伐採跡地を再生 印刷
2017年 11月 18日(土曜日) 00:05

環境活動と環境団体への支援を行う公益財団法人イオン環境財団(理事長・岡田卓也イオン名誉会長)は、大分県竹田市で11日に植樹を実施する。3年計画の2年目となり、森林資源の確保と伐採跡地の森林再生を目指す。市内の小中学生100人も環境学習の一環で参加し、小中学生を含む500人のボランティアで、6400本の木を植える。

 
大分・亀塚古墳公園で「海部のまつり」 ハニワ作り体験も  印刷
2017年 10月 25日(水曜日) 23:31
大分市の亀塚古墳公園(大分市大字里)で22日、「海部のまつり」が開かれる。主催は街づくりグループ、商工会議所青年部などでつくる実行委員会。古里の歴史に親しんでもらおうと毎年開かれる同イベントは今回で24回目。「亀塚古墳」は県内最大の古墳で形状は前方後円墳で、5世紀初頭の築造と推定されている。国の史跡に指定されたことをきっかけに公園を整備し広く知ってもらおうと祭りを始めたと言う。
 
大分県、台風被害の津久見市と佐伯市に災害救助法適用 印刷
2017年 10月 02日(月曜日) 22:08
大分県は19日、台風18号で家屋に大規模な浸水被害が出た津久見市と佐伯市に、災害救助法と被災者生活再建支援法の適用を決めた。確認された浸水被害はさらに増え、両市など11市で少なくとも1787棟となった。大分県の広瀬勝貞知事は被災状況を視察。記者団に「早期の復旧に向け、県を挙げて全力で支援する」と語った。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ