経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
大分県
からあげの聖地・大分県中津市で「第11回からあげフェスティバル」開催 印刷
2018年 9月 12日(水曜日) 19:33

総動員数が50万人を突破している、全国屈指のグルメイベント「からあげフェスティバル」が9月15、16日の2日間、大分県中津市のイオンモール三光E駐車場特設会場で開催される。からあげの聖地・大分県中津市と、からあげ専門店発祥の地・大分県宇佐市からは、16店舗のからあげ専門店が参加し、さらに県外枠として、北海道、埼玉、愛知、兵庫より5店舗を加え、合計21店舗の絶品からあげ店がイベントを盛り上げる。

 
大分県が目視外ドローン実験、山間地宅配 来年1月から 印刷
2018年 8月 22日(水曜日) 09:30

大分県は来年1月から、同県佐伯市の山間地で、目視外飛行による小型無人機「ドローン」を使った宅配の実証実験を始める。国土交通省の運用ルール改正方針を受け、実施する。県は「買い物弱者対策でドローン宅配を実用化し、西日本随一のドローン拠点を目指す」としている。大分県は事業者を公募し、大分市のドローン製造・販売企業「シーアイドローン」を選んだ。同社の計画では、佐伯市内のスーパーを約3キロの日用品を積んで離陸。携帯電話の通信網を活用した自動運転で高度約130メートルを秒速10メートルで飛行し、約3キロ離れた集落まで約7分で配達する。

 
IoTスクエア、大分県姫島車えび養殖IoTプロジェクトを開始 印刷
2018年 7月 31日(火曜日) 19:10

株式会社 IoT スクエアは、姫島車えび養殖株式会社と共同で、車えび養殖において IoT 技術を活用した環境データの収集・分析により生産性向上を目指すプロジェクトを、大分県および姫島村のご支援のもと開始いたした。なお、本プロジェクトの開始について、平成 30 年 25日に、大分県庁において安東副知事に対して報告会を実施した。

 
くじゅう山開き、山頂は“満員” 印刷
2018年 7月 09日(月曜日) 15:54

「第66回山開き」が行われた3日のくじゅう連山は、絶好の登山日和となり、県内外から多くの登山者が訪れたと西日本新聞が報じた。大船山(1786メートル)の頂上では、安全を祈願する「山頂祭」があり、神事の後、頂上を埋めた約600人が万歳三唱を行った。福岡県八女市の松崎秀樹さん(40)は重さ18キロのスイカを背負って運び、山頂で切り分け、振る舞っていた。晴れ渡る空と見頃を迎えたミヤマキリシマを背景に、登山者はほら貝を吹いたり、ペナントを手に記念撮影をしたりするなどして、それぞれの山開きを祝った。

 
大分・くじゅう連山大船山で山開き 絶景とミヤマキリシマ堪能  印刷
2018年 6月 17日(日曜日) 10:23

竹田市の大船山(1,786メートル)で3日、くじゅう連山に夏山シーズンの到来を告げる山開きがあった。くじゅう連山は九重町から竹田市北部にかけてまたがる火山群で、一帯は阿蘇くじゅう国立公園に指定されている。九州本土最高峰の中岳(1,791メートル)をはじめ、標高約1,700m級の山々が連なり「九州の屋根」とも呼ばれる。春の5月下旬から6月中旬にかけて咲くミヤマキリシマや秋の紅葉が有名。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ