経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福井県
「戌」の土人形かわいい! 江戸末~明治期12点、大野市 印刷
2018年 1月 16日(火曜日) 22:22

ことしの干支「戌」にちなみ、江戸末期から明治期にかけて旧大野郡内外で作られたとみられる犬の土人形が、大野市民俗資料館で展示されている。旧大野郡の郷土玩具「梅屋人形」とされる人形など12点が並び、来場者の目を楽しませている。31日まで。

 
ミサイル不安、漁船保険加入急増 「北」の違法操業、トラブル懸念 印刷
2017年 12月 19日(火曜日) 18:23

北朝鮮による相次ぐミサイル発射を受け、漁船保険の一種で戦争や銃撃による被害に備える「戦乱等特約」の加入が福井県内で急増している。今年9月末時点ではゼロだったが、11月末までに356隻が入った。北朝鮮籍とみられる漁船の違法操業が問題となった日本海の好漁場「大和堆」でトラブルに巻き込まれるリスクも高まり、漁業者の不安が顕在化している。

 
サバ養殖、もう勘だけに頼らない IoT活用で全国初 印刷
2017年 11月 28日(火曜日) 22:09
刺し身でも食べられるサバの養殖に取り組む福井県小浜市などは20日、IoT技術を活用し、効率化を図る新事業の詳細を発表した。海中の水温や酸素・塩分濃度を自動的に集計し、海上に出なくても、いけすの状況が把握できるようにする。えさをやる記録も情報端末でデータ化し、漁業者の勘だけに頼らないノウハウを蓄積していく。
 
仏料理界の巨匠が福井知事表敬 「いちほまれに強い印象」 印刷
2017年 11月 03日(金曜日) 23:24

「キノコの魔術師」と呼ばれるフランス料理界の巨匠、レジス・マルコンさんが27日、日仏の食文化交流に尽力している越前市出身の大沢晴美フランスレストラン文化振興協会代表とともに、県庁の西川一誠知事を表敬訪問した。マルコンさんは26~29日に滞在し、原木シイタケや上庄さといも、昆布、越前打刃物など農林水産物、伝統工芸品の産地を視察する。西川知事は「県産ブランド米『いちほまれ』を自信を持って世の中に送りたい。おいしい魚介類などもあり、福井のよさを知ってもらいたい」などと紹介。

 
「幕末明治150年博」来年開催へ準備本格化 印刷
2017年 10月 11日(水曜日) 23:48

県は、幕末明治に活躍した福井の先人たちの英知や生き方、偉業などを貴重な資料の展示やイベントなどで紹介し、全国に情報発信する平成30年開催の「幕末明治150年博」(仮称)の実施計画案をまとめた。5日に福井市内で県、全市町、経済団体、観光団体など44団体の代表らでつくる実行委員会を設立し、初会合で計画案を承認する見込み。承認後は開催への準備作業が本格化する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 11 ページ