経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岩手県
ハナショウブ色鮮やかに 毛越寺あやめまつり開幕 印刷
2019年 6月 25日(火曜日) 09:48

平泉町の毛越寺で20日、あやめまつりが開幕した。境内の浄土庭園西側に設けられた広さ約30アールのあやめ園ではハナショウブが紫や白、黄色など鮮やかな花を咲かせ、訪れた参拝客らの目を楽しませている。7月10日まで。本堂で一山の僧侶や御詠歌衆による花供養法要が営まれ、梅雨の合間の青空が広がる中、僧侶があやめ園そばにある開山堂や常行堂までを練り歩き読経。21日間にわたるまつり開幕を告げた。

 
公海操業へ サンマ漁船出発 大船渡市 印刷
2019年 6月 06日(木曜日) 10:50

岩手県大船渡市では30日、サンマ漁船が公海上での漁に向けて出港した。出港したのは大船渡市の水産会社「鎌田水産」のサンマ漁船・第八三笠丸。公海上でのサンマ漁は、ロシア200海里水域でのサケ・マス流し網漁が禁止されたことに伴う代替事業として20016年から試験操業が行われてきた。これまで漁の期間は8月から12月末までと定められていたが、サンマの不漁が続く中で漁獲量の確保につなげようと、ことし3月に水産庁が省令を改正したことで通年での操業が認められた。

 
国産初、日本工営のらせん水車が岩手県で始動 印刷
2019年 5月 14日(火曜日) 16:45

日本工営は4月22日、同社が開発・製造したらせん水車が岩手県一関市の八幡沢発電所で採用され、4月10日に運転開始したと発表した。らせん水車は低落差で発電ができ、枯れ葉や草などのゴミが詰まりにくい長所があり、農業用水路での小水力発電に適している。八幡沢発電所では既に導入した海外製に続き、2例目として日本工営の製品を採用、国産のらせん水車を国内で導入した初の事例となった。

 
SL銀河、4月29日から運行 花巻―釜石間 印刷
2019年 4月 15日(月曜日) 18:54

JR盛岡支社は、蒸気機関車「SL銀河」の2019年度運行日程を発表した。4月29日に運行を開始し、9月29日までの土日・祝日を中心に花巻-釜石間で上下48本を運行。今年でデビュー5周年を迎えることから、景品が当たるスタンプラリーなどのイベントも展開する。同支社によると、花巻発は4月29日を皮切りに、5月2、5、11、18、25日、6月1、15、22、29日、7月6、13、20、31日、8月3、7、10、17、24、31日、9月7、14、21、28日と続く。

 
東北6県児童が熱戦 六三四の剣杯剣道 印刷
2019年 3月 24日(日曜日) 23:05
第6回「六三四の剣」杯少年少女剣道大会(北上市剣道協会主催)は10日、同市相去町の北上総合体育館で開かれ、東北6県から集まった小学生剣士が日ごろの鍛錬の成果を競い合った。北上も舞台になっている漫画「六三四の剣」を顕彰し、少年少女の健全育成と心身の鍛錬につなげようと開催。県内最大規模の小学生大会で、今年は東北各県から1018人、317チームが出場し、団体戦3部門、個人戦3部門で上位を争った。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ