経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
鳥取県
鳥取県産ジビエ、消費拡大しよう 仏料理人・高山さんが講習会 印刷
2018年 9月 06日(木曜日) 19:04

料理の普及を通して鳥取県産ジビエ(野生鳥獣肉)の消費を拡大しようと、県は、日本を代表するフレンチの料理人の一人、高山英紀さん(40)による料理講習会や試食会などを、鳥取市のホテルニューオータニ鳥取で開いた。高山さんは兵庫県芦屋市の「メゾン・ド・タカ芦屋」の料理長。昨年10月、世界最高峰の仏料理コンクール「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」日本代表選考会で優勝し、来年1月、仏リヨンで開かれる本選に出場する。

 
大山開山1300年、鳥取で記念式典 印刷
2018年 8月 15日(水曜日) 18:07

鳥取県の大山にある大山寺(大山町)が開創から1300年を迎えたことを祝う記念式典が9日、鳥取県米子市で開かれた。式典には地元住民400人を含めた約900人が出席した。 主催者を代表して鳥取県の平井伸治知事が「大山の1300年の時を振り返りながら、ともに生きていく決意を固める日を迎えた。大山さんありがとう」とあいさつ。秋篠宮家の長女、眞子さまも出席され、「長い歴史と豊かな自然環境で育まれた大山の様々な恵みの価値を再確認し、国内外に知られていくことは誠に意義深いこと」と述べた。

 
ドローン安全大学校 開所 印刷
2018年 7月 26日(木曜日) 09:54

無人航空機いわゆる「ドローン」の操縦を指導する学校が米子市内に完成し、関係者らが開所を祝った。開所したのは、鳥取県米子市法勝寺町に完成した「ドローン安全大学校」。この学校は、ドローンを正しく安全に操縦してもらおうと学校法人米子自動車学校が整備した。27日には鳥取県知事や米子市長それに地元企業の代表者などが出席してオープニングセレモニーが開かれた。

 
「妖怪ガイド」一新 水木ロード大規模改修で 印刷
2018年 7月 02日(月曜日) 22:06

鳥取県境港市の観光地・水木しげるロードに並ぶ妖怪ブロンズ像などを楽しむ際の「妖怪ガイドブック」の第19版ができた。累計111万部を販売する人気冊子。7月14日に完成予定の水木ロードの大規模改修で妖怪像が24体増えて177体となり再配置されたことから、ガイドブックも全面的に初めて見直したという。大きさは持ち運びに便利なように、従来と同じA5判で38ページ。

 
県産天然イワガキ初競り 賀露で過去最高値 印刷
2018年 6月 11日(月曜日) 18:49

山陰を代表する夏の味覚・天然イワガキの初競りが1日、県漁協賀露市場(鳥取市)など県内6カ所であった。賀露では1430キロの水揚げがあり、最高額(1キロあたり)が1800円、平均額(同)が1117円で、いずれも過去最高値での取引となった。漁期は8月末まで。県産の天然イワガキは「夏輝(なつき)」というブランド名で販売され、中でも希少価値の高い大ぶりのもの(殻の長さが13センチ以上)にはラベルをつけて売り出している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ