経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
徳島県
政治・民間関係なし 日韓の子、徳島市でテコンドー交流 印刷
2019年 8月 28日(水曜日) 16:54

韓国・釜山市テコンドー協会の約50人が、徳島市国府町西黒田の北井上コミュニティセンターで、県内の小中高生らと競技を通じて交流した。協会所属の5道場で学ぶ小学生らと、オリーブテコンドークラブ徳島道場(徳島市)の約30人が参加。韓国の指導者の動きに合わせて全員で蹴りや突きなどを練習した後、韓国の児童らが演武を披露した。協会はこれまで九州や大阪などを訪れており、徳島県観光協会の協力などで初めて来県した。

 
阿波踊り演舞場の設営始まる 徳島市 印刷
2019年 8月 06日(火曜日) 09:46

徳島市の阿波踊り(12~15日)開幕を前に、演舞場の設営作業が1日、藍場浜公園で始まったと徳島新聞が報じた。作業員ら約30人が敷板の上に支柱を立てたり、鉄パイプを組み合わせたりして桟敷の骨組みを作った。完成すれば、約5千人の観客を収容する長さ122メートルの演舞場となる。2日から市役所前、4日から南内町、7日から紺屋町で作業を始める。10日までに設営を終え、11日に市消防局の安全点検を受ける。

 
徳島市の阿波踊りチケットきょう一般発売 印刷
2019年 7月 11日(木曜日) 16:45

徳島市の阿波踊り(8月12~15日)の運営を担う民間3社の共同事業体は、1日午前10時からチケットの一般販売を始める。全てのチケットには、特定の観光施設で入場料が割引されるなどの特典が初めて付く。販売が始まるのは、4有料演舞場、選抜阿波おどり(あわぎんホール)、前夜祭(アスティとくしま)のチケット。今夏から市役所前演舞場の後半2部(午後8時半~10時半)が、主に有名連だけが踊り込む「プレミアム演舞場」となる。

 
ホタルの群舞、幻想的 徳島県上勝町 印刷
2019年 6月 23日(日曜日) 15:16
徳島県上勝町正木の藤川谷川で、ゲンジボタルの群舞が見頃を迎えている。6月上旬まで楽しめる。日没後、淡い光を発したホタルが草むらや水辺から姿を見せる。ピークの午後8時すぎには無数の光が一帯を舞い、神秘的な光景が広がる。8日には、近くで「藤川谷村ほたる観賞会」があり、午後7時半からホタルの生態などを学ぶ教室が開かれる。焼きそばや焼き肉などの屋台も出る。
 
登山客の安全祈願 剣山で山開き 印刷
2019年 5月 08日(水曜日) 09:15

西日本第2の高峰・剣山(1995メートル)の山開きが4月29日、三好市東祖谷菅生の劔神社であり、氏子らが登山客の安全を祈願したと徳島新聞が報じた。三好、美馬両市とつるぎ町の職員、剣山観光推進協議会員ら約150人が参列。馬岡秀雄宮司が祝詞を読み上げた後、参列者が玉串を奉納した。神事の後、白い法被姿の氏子ら約20人がみこしを担ぎ、境内から登山口のリフト乗り場前駐車場までの約300メートルを練り歩いた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ