経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
徳島県
「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」AIや藍 活用アピール 徳島で商談会始まる 印刷
2017年 10月 22日(日曜日) 15:13

徳島県内外の企業などが出展する展示商談会「徳島ビジネスチャレンジメッセ2017」が12日、アスティとくしま(徳島市)で開幕した。18回目となる今回のテーマは「AI(人工知能・藍・愛)」。215の企業・団体が出展、昨年を35上回る。14日まで開く。AI技術を活用したロボットを集めたブースを設置したほか、徳島特産の藍を活用した製品などを展示する。知的財産の活用といった様々なテーマのセミナーや商談会、小学生を対象にした職業体験も実施する。

最終更新 2017年 10月 22日(日曜日) 15:14
 
阿波藍の魅力を発信 徳島でサミット 印刷
2017年 9月 27日(水曜日) 23:22
徳島特産の阿波藍をPRする「とくしま藍サミット2017」が16日、徳島市藍場町の藍場浜公園で開催された。2020年の東京五輪・パラリンピックのエンブレムで藍色の「組市松紋」をデザインしたアーティストの野老朝雄さんや徳島県内の藍師、染め師らによるトークイベントのほか藍染め体験コーナー、藍製品を展示・販売するブースが出展。
 
バス16人死傷事故 運送会社を家宅捜索 印刷
2017年 9月 04日(月曜日) 09:26
徳島県鳴門市で、バスにトラックが追突し、高校生ら16人が死傷した事故で、警察は28日朝から、トラック運転手の勤務先を家宅捜索した。25日、徳島自動車道で、エンジンが故障して路肩に停車中のマイクロバスに、大型トラックが追突。バスを運転していた岡本勉さん(30)と、高校1年の森下汐音さん(15)が死亡し、他の生徒ら14人が重軽傷を負った。警察は、トラック運転手の菊池誉司容疑者(50)が居眠り運転をしていた可能性があるとみて、勤務する愛媛県松山市の運送会社「東西物流」を過失運転致死傷の疑いで家宅捜索した。
 
燃料電池車の産業利用促す 徳島県、フォークリフトに補助 印刷
2017年 7月 21日(金曜日) 10:54
徳島県は水素エネルギーを使った燃料電池車の産業分野への導入を促進する。燃料電池を使ったフォークリフトへの補助制度を今夏中に始める。バスについても議論を進め、2020年をメドに運行開始を目指す。燃料電池車の利用は乗用車が中心。産業分野の利用増で水素を供給するステーションが広がり、燃料電池車の導入が進むという好循環につなげる。
 
ハモ漁最盛期 1キロ4000円 印刷
2017年 6月 27日(火曜日) 17:31
徳島県小松島市では夏の味覚「ハモ」の出荷がピークを迎えていると毎日放送が報じた。 小松島市は年間約100トンのハモを水揚げする西日本一の特産地。ハモの鋭い歯に気を付けながら、漁協の人たちは大きさ別に素早く選別していく。今年は梅雨の時期にもかかわらず雨が少ないこともあり水揚げ量が減っていて、1キロあたり4000円ほどと例年よりも高値で引き取られ、京阪神方面に出荷される。ハモ漁はお盆までが最盛期で9月ごろまで続くという。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ