経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
兵庫県
空き家を同時に活用し問題を解決。新しい手法として注目される 印刷
2019年 11月 05日(火曜日) 16:48

全国的な課題となっている空き家問題。その解決策として複数の空き家をまとめて改修、ホテルとして活用する取り組みが兵庫県丹波篠山市ですすんでいる。取り組んでいるのはスタートアップ企業のNOTE。同社社長は2018年の旅館業法改正で、フロントが1棟ごとに必要なこと、客室の最低数といった規制の撤廃に着目し、空き家を複数まとめストーリ性を持たせたホテルにするアイディアを思いついた。個性的なホテルは人気を集め、年間利用客数もレストランを含め5,000人以上に。ホテルの成功は若者の移住や飲食店の開業を呼び込み同市は活況を呈している。空き家活用による地域活性化の成功例として注目される。

 
安藤忠雄さん 神戸に子ども向け図書館建設を計画 印刷
2019年 9月 23日(月曜日) 19:32

建築家の安藤忠雄さん(77)が、神戸市中心部に「こども図書館神戸(仮称)」を建設する計画のあることが9日、関係者への取材で分かったと神戸新聞が報じた。安藤さんは東遊園地(同市中央区)の「慰霊と復興のモニュメント」近くに建設したい意向を示しており、同遊園地周辺が候補地に挙がっている。建物の規模や開館時期は未定だが、安藤さんが設計・建設し、神戸市に寄贈する形になる見込み。

 
5メートル超の高潮、阪神間で大浸水 兵庫県 印刷
2019年 8月 23日(金曜日) 10:43

兵庫県は1日、阪神地域を対象に、5メートルを超える高潮被害を想定したハザードマップ(高潮浸水想定区域図)を公表した。防潮堤などの水防施設が破壊されれば、海抜ゼロメートル地帯が多い尼崎市の大半が浸水するなど被害は広範囲に及ぶと予測。県は避難先を確認するなど日常的な防災意識の向上を訴えている。マップは、中心気圧910ヘクトパスカルの台風襲来を想定。過去最大とされる昭和9年の室戸台風級の規模で、尼崎市~芦屋市の海岸に波高5.2~5.5メートルという「想定しうる最大規模の高潮」の被災を分析した。

 
千年の歴史を学ぶ場 兵庫津ミュージアム開設へ 印刷
2019年 7月 31日(水曜日) 09:33

千年の歴史を誇る兵庫津の魅力を知ってもらおうと、兵庫県は神戸市兵庫区中之島2に「兵庫津ミュージアム」(仮称)を開設すると神戸新聞が報じた。2021年度に初代県知事の伊藤博文らが通った初代県庁を当時の所在地の近くに復元。22年度には隣接地に県の史料などを展示する施設を一体的に整備する。観光や学習の新たな拠点施設として期待される。

 
京都に淡路島のハモ奉納 洲本で「はも道中」出立式 印刷
2019年 7月 09日(火曜日) 18:53

淡路島(兵庫県)の夏の味覚、ハモを京都市の八坂神社に奉納する「はも道中」が5日に行われるのを前に、道中の無事を願う出立式が4日、洲本八幡神社であった。主催する淡路島観光協会の関係者ら約30人が、キャンペーンの成功を祈った。はも道中は、かつて「御食国」と呼ばれた淡路島から朝廷に食材を献上していたことにちなみ、島の食の魅力を広げようと2009年から毎年実施している。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ