経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
故宮養心殿でまもなく大規模修復工事、職人116人を動員 印刷
2018年 8月 29日(水曜日) 09:21

3

『北京日報』によりますと、故宮博物院内にある養心殿を研究・保護する大型プロジェクトは実施開始から2年8ヶ月が経ち、ついに来週にはプロジェクトのメイン工事となる養心殿の修復がスタートするということです。

それに先立って、「職人基本訓練試験反省会とシンポジウム」が27日に開かれ、左官・大工・石細工・絵装飾・表具師といった6業種の職人116人が訓練に合格し、修復の資格を取得しました。

 
「一帯一路」の提携協議調印国と国際機構は100以上に 印刷
2018年 8月 28日(火曜日) 09:58

中国が世界に「一帯一路」イニシアチブを提出してから、今年で5周年を迎えました。この5年間で「一帯一路」イニシアチブに全世界から積極的な賛同があり、103の国及び国際機構が中国と関連する提携協議に調印しました。

27日、中国「一帯一路」建設活動指導グループ弁公室の寧吉喆副主任は北京で行われた記者会見で、「一部の協力プロジェクトは実質的な進展を遂げている」と述べました。さらに「今年6月までに、中国と『一帯一路』関係国家の貨物貿易額は累計で5兆ドルを超え、直接的な対外投資額は700億ドルを上回った。これは関係国におよそ10万以上の雇用機会を創出したことになる」と説明しました。

 
アジア大会:体操女子団体総合で中国が金メダル 印刷
2018年 8月 24日(金曜日) 09:19

ジャカルタ・アジア大会は22日に体操の女子団体総合決勝が行われ、いずれも2000年以降に生まれた陳一楽、羅歓、章瑾、劉津茹、劉婷婷の5人が出場した中国が165.250点で金メダルを獲得し、この種目12連覇を達成しました。

女子体操チームの喬良監督は試合後、「優勝はチームワークによるもの。2020年の東京オリンピックが最大の目標であり、今はカタールでの世界選手権に向けて練習している」と述べました。

 
米企業、中国製品への追加関税によるダメージを懸念 印刷
2018年 8月 22日(水曜日) 09:34

米通商代表部(USTR)は現地時間20日、新たな301条調査に関する公聴会を行いました。公聴会に参加した米国企業の代表の多くは、「中国から輸入する2千億ドル相当の商品に対して25%の追加関税を課すことは、米国企業の製品の価格上昇や米国消費者の日常的な支出の増加をもたらすほか、企業経営にも厳重な影響を与えるだろう」と指摘し、「中国商品へのさらなる報復関税を課すことに反対する」と表明しました。

米国では毎年約1800万台の自転車が販売されていますが、その大部分は中国から輸入されたものです。米国自転車製品サプライヤー協会のマーゲビシャス理事は、「最も憂慮すべきは、すべての自転車が影響を受けるという点だ。特にキッズ用の自転車は主に輸入に頼っている。子供たちが最初に触れる自転車はキッズ用のものであり、その経験が、将来的にも彼らが自転車を使うかどうかに関わってくる。我々の業界にとって非常に重要なものだ」と述べました。

また、サプライチェーンの移転によって関税を回避できるかという質問について、マーゲビシャス理事は「自転車の部品は中国で生産されたものだ。これらの製品は独自の安全基準を満たさなければならない。サプライチェーンを別の国へと移すためには非常に長い時間がかかるため、非常に困難で、複雑なことだ」と指摘しました。

 
チベット 民族の団結が強まり各種の宗教が共存 印刷
2018年 8月 15日(水曜日) 18:09

国連の人種差別撤廃委員会は13日、スイスのジュネーブで、あらゆる人種差別の撤廃に関する国際条約に関する中国の実施報告を審査しました。中国代表団のメンバーで、チベット社会主義学院の副院長を務めるラタン博士は「チベットでは、チベット仏教や、イスラム教、カトリックなど複数の宗教が共存している。これらの活動場所は1787カ所もあり、僧侶や尼僧は4万6000人いる。また、まとまった宗教活動も保護され、受け継がれている」と示しました。

そしてラタン博士は、「先月、チベット社会主義学院とチベット自治区文化庁が共同で、チベット無形文化の後継者のためのセミナーを実施した。専門家や学者を招いて、文化産業の発展や無形文化遺産の保護、生態保護などに関する政策や法律、業務知識などを説明した。文化企業の経営に役立てればと思っている」と説明しました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 564 ページ