経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東海地方
国内最大規模のレタス工場が本格稼働 三重・名張 印刷
2017年 11月 30日(木曜日) 23:44

レジャー・外食の晃商(京都市)は、発光ダイオード(LED)照明を使ってレタスなどを水耕栽培する植物工場「名張シティファーム」を三重県名張市に整備し、20日、完成式を開いた。フル稼働時にはレタスを1日1万5000株生産する計画で、レタスの植物工場としては国内最大規模となる。中部や関西のスーパーなどに出荷する。人工光を利用する完全閉鎖型の植物工場で、敷地面積は約7247平方メートル。後継者が見つからない耕作放棄地を賃借した。

 
名古屋城天守閣の復元 名古屋市はエレベーターを設置せず忠実な復元をめざす  印刷
2017年 11月 30日(木曜日) 00:06

名古屋市が2022年末の完成を目指している名古屋城天守閣の木造復元で市は、エレベーターを設置しない方針を示した。16日開かれた有識者会議で、名古屋市は名古屋城の天守閣を元の姿により忠実に復元するため、エレベーターを設置しない方針を示した。バリアフリー化には階段にレールをつけて昇降するチェアリフトを設ける案を提出しおおむね了承された。

 
津波災害特別警戒区域、土肥を全国初指定へ 伊豆市防災計画 印刷
2017年 11月 30日(木曜日) 00:05
伊豆市土肥地区を中心とした防災まちづくり計画を検討する「市津波防災地域づくり推進協議会」の第6回会合が22日、市役所土肥支所で開かれ、指定となれば全国初となる津波災害特別警戒区域(オレンジゾーン)について、指定を目指すことを了承した。ただ、「危険な場所と受け取られかねない」など依然として市民の間に観光面への影響を懸念する声があり、「丁寧に進める」との記載を盛り込んだ。
 
古い町並み雪化粧 高山市で積雪 印刷
2017年 11月 30日(木曜日) 00:05

冷気を伴った気圧の谷が通過した影響で、飛騨地域では21日早朝にかけて雪が降った。岐阜県高山市中心部では観光名所の古い町並みがうっすらと雪化粧し、冬の到来を告げた。 岐阜地方気象台によると、同市中心部では20日午後4時30分ごろから雪が降り始め、21日午前6時までに1センチ未満の積雪となった。同中心部では16日に初雪が観測されている。


 
ドローンを使ったごみの不法投棄を監視するシステム 三重県が初めて導入 印刷
2017年 11月 07日(火曜日) 23:02
ごみの不法投棄をドローンで監視する新たなシステムを、三重県が初めて導入する。四日市市の処分場で行われた試験飛行では訓練を受けた県の職員がドローンを操り、不法投棄の監視作業などを公開した。このシステムはドローンのカメラで撮影した数百枚の画像を3次元化して廃棄物の量を割り出すこともできる。ヘリコプターを使った大掛かりな作業に比べて効率的な監視ができるほか、廃棄物の測量の際に職員がけがをすることも防げるという。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 41 ページ