経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
発車オーライ!「春運」直前の列車を空撮 印刷
2019年 1月 21日(月曜日) 18:22

中国の旧正月(春節)の帰省ラッシュを指す「春運」。この期間中、鉄道などの交通機関も増便などの特別対応を実施します。

2019年の「春運」前日に当たる1月20日、翌21日から3月1日までの40日間にわたって大勢の旅客を運ぶ高速列車の「たたずまい」を空撮で捉えました。

图片默认标题_fororder_3-1

图片默认标题_fororder_3-2

图片默认标题_fororder_3-5

「春運」前日に当たる1月20日の午前2時、中国鉄路南昌局グループの高速列車。待機中の様子は、さながら「陸の空母」だ。

图片默认标题_fororder_3-6

图片默认标题_fororder_3-4

图片默认标题_fororder_3-3

2019年の「春運」期間中、旅客に快適な旅を提供するため、南昌局グループではCRH380A型動力ユニット53台、CRH2A型動力ユニット19台、整備士600人余りが24時間体制で対応する。

最終更新 2019年 1月 21日(月曜日) 18:23
 
顔認証決済の商店街が初登場 印刷
2019年 1月 18日(金曜日) 14:11

图片默认标题_fororder_csacsa

中国初の顔認証決済による商店街がこのほど、浙江省温州市の五馬街で登場しました。24元の食事セットを清算する時に、顔認証を利用すると、金額は23.52元と安くなります。しかもわずか数秒という速さで処理が可能で、これにより、今後の買い物は携帯入らずで済ますことができます。

地方紙「銭江晩報」によりますと、この商店街は温州市政府とアリペイが連携して立ち上げたものだということです。デジタルサービスは商店街だけではなく、行政や金融など、多くの分野に浸透しています。温州市は杭州市に次いで、2番目のデジタル転換モデル都市に変わろうとしています。専門家によりますと、今後3年間で、顔認証決済が爆発的に成長すると予測されています。

 
中国、製造業の質の高い発展へ様々な措置を講じる 印刷
2019年 1月 17日(木曜日) 09:34

工業情報化部の辛国斌副部長は16日、国務院新聞弁公室の記者会見で、「従来産業の適正化や改善、企業のコスト軽減などを通じて、製造業の質の高い発展を推進する」と述べました。

先ごろ開催された中央経済活動会議で、製造業の質の高い発展を推進することが活動の軸に据えられました。これについて辛副部長は、「中国はここ数年、鉄鋼業の設備削減を重点に策を講じ、多くの成果を収めた。2016年以降で粗鋼の生産設備1億5000万トン分を削減したほか、鉄スクラップを原料とする1億4000万トン分の鉄鋼設備を廃棄した。この結果、需給関係が大きく変化している。今後も鉄鋼の設備廃棄に努めるほか、セメントやガラスなども削減に取り組んでいく」と述べました。

さらに辛副部長は、「企業のコスト軽減にも力を入れ、製造業の競争力を一層向上させていく」と強調しました。

また、この記者会見で、人力資源・社会保障部の邱小平副部長が、雇用情勢を安定させる策について、「企業の負担軽減や活力アップにより雇用を確保していく」と述べました。

さらに、商務部の任鴻斌部長補佐は貿易について、「質の高い成長を進め、貿易強国を造り上げ、経済や社会の発展により大きく貢献していく」と述べました。

 
去年の輸出入貿易は安定=税関総署 印刷
2019年 1月 15日(火曜日) 11:28

税関総署の李魁文報道官は14日、北京で、「去年の対外貿易は全体として安定を保ち、輸出入総額も史上最高の30兆5100億元に達した。引き続き貨物貿易でトップの地位を保つことが見込まれるとともに、今年の対外貿易も安定と質の向上が可能だと思われる」と述べました。

李報道官によりますと、去年は主要貿易パートナー国との輸出入が全面的に成長を遂げた他、「一帯一路」沿線諸国との貿易協力も持続的成長を見せ、その成長速度は貿易総額の成長速度を3.6%上回るものだったということです。

また、貿易構造も最適化が進み、輸出では機械設備と電力設備が約六割を占め、自動車、スマートフォンの輸出もわずかに増加したほか、アパレル、玩具などの労働集約型製品の輸出も小幅の増加を見せました。輸入では、原油、天然ガス、銅などの大口商品は輸入量と価格が共に上昇を見せたものの、粉鉱石、大豆の輸入量はやや減少を見せたということです。

李報道官は、対外貿易の品質と効率が一層向上した原因として、これを商環境の改善によるものとした上で、「去年、一連の減税措置と費用低減、そして貿易港一帯の商環境の最適化に関する政策が実施され、貿易利便化のレベルが著しく向上した。また、一部の製品に関して輸出時の税還付率を2度にわたり向上したことで、輸出の成長を効果的に促進した他、薬品、自動車とその部品、日用品などの輸入関税を引き下げたことも、輸入の成長を促進している」と指摘しました。

 
中国、朝米対話を希望 印刷
2019年 1月 09日(水曜日) 10:39

中国外交部の陸慷報道官は8日の定例記者会見で、「中国は朝米双方が引き続き対話を保ち、前向きな成果を収めることを希望するとともに支持する」との姿勢を示しました。

習近平中国共産党中央委員会総書記・国家主席の招きに応じて、朝鮮労働党委員長・国務委員会委員長の金正恩(キム・ジョンウン)氏が7日から10日の日程で中国を訪問しています。今回の訪問は米朝会談と関係があるかどうかという記者からの質問に対して陸報道官は「中国と朝鮮がハイレベル往来を保つことは両国の伝統的友好関係の重要な一部である」と述べ、「朝鮮半島問題の鍵となる当事者として、米朝双方がコンタクトを保つことは非常に有益なものだと、中国は一貫して見ている。そのため、中国は朝米双方が引き続き対話を行い、前向きな成果を収めることを変わることなく支持する」と答えました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 575 ページ