経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
宮城県
大川小津波訴訟 二審も賠償命令 石巻市と宮城県に14億円 印刷
2018年 5月 07日(月曜日) 22:52

東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった石巻市大川小の児童23人の19遺族が、市と宮城県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は4月26日、「学校は適切な避難場所を定めておくべきだった」と事前防災の過失を認め、市・県に計約14億3610万円の賠償を命じた。教員らの避難対応の過失を認定した一審仙台地裁判決を変更し、校長ら大川小の管理職と市教委に組織的な過失があったとした。学校の事前防災を巡り、法的責任を認めた司法判断は初めて。

 
名取市津波訴訟、遺族の請求棄却 防災無線故障、市責任認めず 仙台地裁 印刷
2018年 4月 10日(火曜日) 19:18

東日本大震災の津波により、宮城県名取市閖上地区で乳児だった長男ら家族4人が犠牲となったのは、市の防災無線が機能せず避難が遅れたためなどとして、仙台市の夫婦ら遺族4人が名取市に計約6770万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、仙台地裁であった。高取真理子裁判長は市の責任を認めず、遺族側の請求を棄却した。遺族側は控訴する方針。

最終更新 2018年 4月 10日(火曜日) 19:19
 
風力発電の適地を紹介 事業者参入促進へ宮城県が地図作製 印刷
2018年 2月 25日(日曜日) 20:50

宮城県は再生可能エネルギーの導入を促進するため、風力発電所の建設適地を一覧できる地図を初めて作製した。県内の21カ所、計153.05平方キロを「導入可能性エリア」として表示。エリアごとに土地利用の状況や環境保全、地形など制約条件を説明している。各エリアの適否に関し23日まで広く意見を募り、改めて年度内に公表する。

 
石ノ森章太郎氏、生誕80周年 石巻・萬画館で特別企画展開幕 第1弾「ジュン展」 印刷
2018年 1月 31日(水曜日) 19:37

石ノ森章太郎氏(1938~98年)の生誕80周年を記念したイベントが25日、石巻市中瀬の石ノ森萬画館で始まった。2階の特別企画展「石ノ森章太郎とジュン展」をメインに、3階には漫画家たちから石ノ森氏に届いたお祝いの色紙を展示。石ノ森氏が日本の漫画界や漫画家らに与えた影響の大きさを浮き彫りにしている。

 
仙台空港の出入国者3割増 印刷
2018年 1月 09日(火曜日) 23:11

年末年始、仙台空港から出入国した人の数が、前の年に比べ3割増えたことが分かった。仙台入国管理局によりますと、仙台空港の年末年始の出入国者数は1万2221人と前の年に比べ30.2%多くなった。ピーチ・アビエーションの台北便就航など国際便の運航便数が1.5倍に増加したことが要因とみられている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ