経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
三重県
伊勢・二見興玉神社で夫婦岩の大しめ縄張り神事 雨の中、新しく結ばれる 印刷
2019年 9月 12日(木曜日) 09:20

二見興玉神社(伊勢市二見町)で5日、夫婦岩の大しめ縄張り替え神事が行われたと伊勢志摩経済新聞が報じた。10時から執り行われた神事では、大しめ縄や氏子らをおはらいで清めた後、張り替え作業の安全を祈願する祝詞が奏上された。その後、雨の中大しめ縄の張り替え作業が行われた。大しめ縄は、台風の影響で4本が切れて辛うじて1本だけで結ばれていた。

 
ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」 印刷
2019年 8月 22日(木曜日) 10:39

ユネスコ無形文化遺産「鳥出神社の鯨船行事」

 
絶滅危惧種のハマボウ見ごろ 汽水域に黄色の大きな花 印刷
2019年 7月 31日(水曜日) 10:40

蒸し暑い日が続く中、三重県松阪市を流れる碧川の河口近くでは、夏を彩る花、ハマボウが見ごろを迎えていると三重テレビ放送が報じた。海水と川の水が混じり合う汽水域に育つ花で、ハイビスカスに似ている。碧川に港があった江戸時代、船が寄港するための目印になるようにと植えられたのが始まりと言われている。今年も、例年通り7月中旬に花が咲き始め、今がちょうど満開となっている。

 
三重県最大72MWのメガソーラー、九電工など着工 印刷
2019年 7月 09日(火曜日) 09:38

九電工などは、三重県において、同県では最大級となる出力約71.9MWのメガソーラー「宮リバー度会ソーラーパーク発電所」の建設を開始した。三重県度会郡度会町にある山林を用地とした。敷地面積は約140haとなっている。事業主体は、九電工のほか、東京センチュリー、再生可能エネルギー発電を手掛けるベルテクノエナジーなどが出資して、2014年7月に設立した特定目的会社(SPC)・合同会社宮リバー度会ソーラーパーク(三重県度会郡度会町)となる。

 
昨年の県内入り込み、4260万人 観光客、3年連続で最多  印刷
2019年 6月 18日(火曜日) 09:13

鈴木英敬三重県知事は5日の定例記者会見で、平成30年の県内の観光入り込み客数が前年より41万人増の4260万5千人だったと発表した。統計を開始した17年以来、三年連続で最多を更新した。ナガシマリゾート(桑名市)や伊勢神宮(伊勢市)など県内の主要観光地が堅調だったことに加え、ツアーやキャンペーンの企画でそれぞれの観光地が集客を伸ばしたためとみている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ