経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福岡県
太宰府「令和」熱続く 展示館3万人超 匂い袋も販売へ 印刷
2019年 5月 10日(金曜日) 09:35

新元号「令和」ゆかりの地、太宰府市は10連休も人の波が続いている。大宰府政庁跡東の大宰府展示館は29日、雨にもかかわらず多くの観光客が訪れた。1日の新元号発表からの入館者は既に3万人を突破、近くの坂本八幡神社もにぎわいを見せている。展示館では、その序文が令和の典拠となった「梅花の歌」(万葉集)の舞台「梅花の宴」のジオラマが変わらぬ人気だ。

 
令和の“聖地”太宰府沸く 訪問客続々と、駐車場も満車 印刷
2019年 4月 09日(火曜日) 20:16

新元号「令和」が公表されて以降、典拠となった万葉集の一節の舞台とされる福岡県太宰府市には連日、多くの観光客が訪れている。歌が詠まれたとの説がある大宰府政庁跡周辺の坂本八幡神社や大宰府展示館などには、平日にもかかわらず多くの家族連れが目立ち、さしずめ“聖地巡礼”の雰囲気に包まれている。令和は、大伴旅人が開いた「梅花の宴」で詠まれた歌の序文が由来。坂本八幡神社は大伴邸があったとの説がある。

 
LINE Payで自動車税 福岡県が全国2例目の導入 4月下旬以降受け付け 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:27

福岡県は新年度、スマートフォンの無料通信アプリ「LINE」の決済サービス「LINE Pay」を使って自動車税を納付できるようにする。キャッシュレス化で納税者の利便性を高め、期限内納付率の向上を目指す。同税納付にラインペイを導入するのは神奈川県に次いで全国2例目。スマホでアプリをダウンロードした後、銀行やコンビニなどで入金(チャージ)。納税通知書のバーコードを読み込めば、24時間どこにいても納税できる。

 
各国イメージの和服展示 福岡、五輪へ盛り上げ 印刷
2019年 2月 22日(金曜日) 10:03
2020年東京五輪・パラリンピックに向け、世界各国・地域の文化・歴史を題材に作られた和服が、福岡県久留米市の呉服店「きもの蝶屋」で展示されている。来年3月までに全206着がそろう予定で、機運を高めようと企画された。今月28日まで。日本の伝統文化を通じて「世界は一つ」というメッセージを伝えたいと、久留米市の一般社団法人「イマジンワンワールド」が14年に制作を開始。寄付を募り、全国の着物作家ら200人以上の協力を得た。
 
大口開け福待つ 櫛田神社大お多福面 印刷
2019年 1月 31日(木曜日) 09:26

2月3日の節分を前に、福岡市博多区上川端町の櫛田神社の楼門前に25日、福を招く「大お多福面」がお目見えした。2月12日ごろまで飾り付けられる。大お多福面は高さ5.3メートル、幅5メートル。木枠に和紙を貼り付けて作られている。大きく開いた口をくぐって参拝してもらい、商売繁盛や家内安全などの福を呼び込んでもらう趣向だ。この日朝、氏子ら25人ほどが頭、目、口の三つに分かれたお多福面を1時間余りかけて組み立てた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ