経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山口県
海峡臨み、1万1000人走る 山口県下関市 印刷
2018年 11月 19日(月曜日) 09:33

山口県下関市で「明治維新150年記念 下関海響マラソン2018」が行われ、秋晴れの下、約1万1000人のランナーが関門海峡や日本海の響灘を臨む海沿いのコースを元気に走った。3000人以上のボランティアが運営に協力し、沿道からは市民が声援。ゴールテープ係は長州藩で活躍した幕末の志士、高杉晋作らに扮して、11回目の大会を盛り上げた。

 
県の郷土料理を詰め込んだ「ぎゅっ!とやまぐち弁当」 印刷
2018年 10月 28日(日曜日) 15:47
山口県と県物産協会、広島駅弁当(広島市)は県の郷土料理を詰め込んだ駅弁「ぎゅっ!とやまぐち弁当」を開発した。明治維新150年を記念した企画で、JR新山口駅内の売店で販売している。弁当は、「岩国寿司」風の押しずしや、瓦そば、長州どりの「山賊焼」など県内各地の郷土料理や特産品を詰め込んだ。パッケージには角島大橋や錦帯橋などの観光名所をあしらっている。
 
オリックスが山口県に56.4MWのメガソーラー、1.8万世帯分を発電 印刷
2018年 10月 03日(水曜日) 18:04

オリックスは、このほど山口県美祢市で、最大出力56.4MWの大規模太陽光発電所「OR山口美祢ソーラー発電所」の建設に着手したと発表した。同社が開発・運営するメガソーラーの中で最大規模の発電所で、美祢環境振興がが所有の約116haの土地を活用し、20万5172枚(予定)のパネルを設置する。年間予想発電量は、一般家庭約1万8000世帯分の年間消費電力に相当する6488万264kWhを見込んでおり、2021年10月に運転を開始する予定だ。

 
「馬関まつり」で朝鮮通信使の再現行列 下関市 印刷
2018年 9月 07日(金曜日) 19:38

国土交通省は10日、西日本豪雨で土砂災害の被害が大きかった広島県呉市など9地区で、2次災害防止のため砂防ダム計20基を新設すると発表した。早ければ2年で完成する見通し。広島県内では豪雨の死者108人のうち87人が土砂災害で亡くなっている。砂防ダムの設置は、広島市安芸区矢野東地区など同市内で12基、坂町で3基、呉市天応地区で5基。まず土砂崩れの恐れがある場所に頑丈なネットワイヤや大型土のうを設けた上で、砂防ダム建設のための用地買収に着手する。

最終更新 2018年 9月 07日(金曜日) 19:39
 
山口・「七夕ちょうちんまつり」始まる 印刷
2018年 8月 17日(金曜日) 11:04

日本三大火祭りの一つとされる山口市の夏の風物詩、七夕ちょうちんまつりが昨夜、始まった。「山口七夕ちょうちんまつり」は、山口市の中心商店街一帯で始まった。およそ2万個のちょうちんに火がともされると、光のトンネルが現れた。ちょうちんまつりはおよそ600年前の室町時代、守護大名の大内氏が先祖の冥福を祈るために、ササ竹の高灯籠に火をともしたのが始まりとされている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ