経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山口県
「馬関まつり」で朝鮮通信使の再現行列 下関市 印刷
2018年 9月 07日(金曜日) 19:38

国土交通省は10日、西日本豪雨で土砂災害の被害が大きかった広島県呉市など9地区で、2次災害防止のため砂防ダム計20基を新設すると発表した。早ければ2年で完成する見通し。広島県内では豪雨の死者108人のうち87人が土砂災害で亡くなっている。砂防ダムの設置は、広島市安芸区矢野東地区など同市内で12基、坂町で3基、呉市天応地区で5基。まず土砂崩れの恐れがある場所に頑丈なネットワイヤや大型土のうを設けた上で、砂防ダム建設のための用地買収に着手する。

最終更新 2018年 9月 07日(金曜日) 19:39
 
山口・「七夕ちょうちんまつり」始まる 印刷
2018年 8月 17日(金曜日) 11:04

日本三大火祭りの一つとされる山口市の夏の風物詩、七夕ちょうちんまつりが昨夜、始まった。「山口七夕ちょうちんまつり」は、山口市の中心商店街一帯で始まった。およそ2万個のちょうちんに火がともされると、光のトンネルが現れた。ちょうちんまつりはおよそ600年前の室町時代、守護大名の大内氏が先祖の冥福を祈るために、ササ竹の高灯籠に火をともしたのが始まりとされている。

 
イノベーション創出拠点を開設 山口県宇部市 印刷
2018年 7月 27日(金曜日) 10:42

山口県宇部市は、起業・創業支援の拠点を7月末にも開設する。地域の産業活性化の中核施設としてJR宇部新川駅近くに「うべ産業共創イノベーションセンター 志」を設ける。地元の産学官と金融が連携し、新たなビジネスモデルや新事業の創出を目指す。センターは宇部市中央町のビル1階部分、63平方メートルでオープンする。運営事業者候補には山口フィナンシャルグループ(FG)の地方創生会社、YMFG ZONEプラニング(下関市)を選定した。

 
山口県周防大島町・海開きで園児が初泳ぎ 印刷
2018年 7月 04日(水曜日) 17:31

「瀬戸内のハワイ」と呼ばれる山口県周防大島町の海水浴場で海開きがあり、園児が初泳ぎを楽しみました。1キロにわたり砂浜が続く片添ヶ浜海水浴場で、海開きの安全祈願祭が開かれました。事前に砂浜の清掃が行われ、沖合100メートルにはサメよけのネットが張られている。片添ヶ浜は、周防大島町で最も規模が大きい海水浴場で、キャンプ場やホテルなどの宿泊施設も充実している。海開きに合わせ地元の園児が初泳ぎを楽んだ。

 
東ソー物流/山口県周南市に2.5万m2の総合型物流センターを新設決定 印刷
2018年 6月 13日(水曜日) 10:07

東ソーグループの東ソー物流は7日、南陽事業所に隣接する山口県周南市臨港地区に、冷凍・冷蔵・加温機能を有し化学品専用として西日本最大規模となる総合物流倉庫「第二りんかい物流センター」の建設を決定したと発表した。新物流倉庫は、常温庫、凍結庫、冷凍庫、冷蔵庫、加温庫、移動式ラック等を備え、多温度帯をカバーし、化学品専用の物流センターとしては西日本最大規模を誇る。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ