経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
和歌山県
鯨類研究所が太地町に支所 2022年度の開所目指す 印刷
2019年 3月 14日(木曜日) 09:35

クジラの町として知られる和歌山県太地町が、鯨類の生態研究などに取り組んでいる「日本鯨類研究所」(東京都)の支所を町内に整備する。招致に取り組んでいた町が7日、2022年度の開所を目指し、設計費用など4563万円を盛り込んだ19年度の一般会計当初予算案を発表。町は「日本のクジラ研究の最高機関である研究所の整備は、町にとって非常に大きな意味を持つ」としている。

 
熊野古道的旅游项目 印刷
2019年 2月 18日(月曜日) 18:34

和歌山县的田边市熊野策划部门针对熊野古道中边路的外国游客的增加,为了让人们领略长长的古道,开始强化小边路和大边路、伊势路的旅游措施的强化。这是纪伊民报报道的。随着游客的增加和长期滞在化,这是为了推进地区经济的活性化。2017年的田辺市外国游客住宿客3万7千人,5年之间增加了10倍据说。

 
ネットで簡単、県産品を土産に 印刷
2019年 1月 26日(土曜日) 20:04

和歌山県が30日からサービス開始 66品から選んで

県は30日から、インターネットで簡単に県産品を土産に贈れるカタログギフトサービス「みやげっとdeプレミア和歌山」を開始する。ネットで決済後、知人などにメールやLINEでURLを送付すると、受け取った人が専用サイトから欲しい商品を選べる。県の担当者は「ビジネス客や観光客に県産品を手軽に利用してほしい」と呼びかけている。

 
創建1600年、奉祝ムード演出 世界遺産の闘鶏神社 印刷
2019年 1月 07日(月曜日) 18:17

世界遺産の闘鶏神社(和歌山県田辺市東陽)が来年、創建1600年を迎える。各種団体でつくる「記念事業推進協議会」(榎本長治会長)は、能楽やウオークイベントなど年間を通じてさまざまな記念事業を企画。25日から市内各所に看板や横断幕、のぼりを設置し、奉祝ムードを高めている。

最終更新 2019年 1月 07日(月曜日) 18:23
 
梅の収穫、過去3番目の多さ 和歌山県、5年ぶり増加 印刷
2018年 12月 10日(月曜日) 18:23

今年の和歌山県内梅収穫量は昨年より4割近く多い7万3200トンだった。2014年から減少が続いていたが、5年ぶりに増加し、過去3番目の多さとなった。天候に恵まれ、果実数が多かったほか実太りも良く、面積当たりの収穫量が昨年を大幅に上回った。農林水産省近畿農政局が20日、発表した。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 14 ページ