経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東北地方
「大学発ベンチャー」仕組み構築 福島県、事業化支援へモデル 印刷
2018年 7月 12日(木曜日) 21:48

県は本年度、県内の大学を対象に、ベンチャー設立につながる可能性のある研究成果を発掘、事業化までを一貫して支援する取り組みに着手する。3年をかけて5件程度の成功モデルをつくり、県内で「大学発ベンチャー」が持続的に生み出される仕組みの構築につなげる。 県内の研究機関などでつくる「アカデミア・コンソーシアムふくしま」やコンサルファームの専門家が今夏ごろから県内大学の研究室を訪問し、保有特許などの研究成果を調査。

最終更新 2018年 7月 15日(日曜日) 21:49
 
山形県村山市、東京五輪×バラで街おこし 印刷
2018年 7月 11日(水曜日) 18:36

山形県村山市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンになった効果をいかそうと「ローズプロジェクト」を始めた。大規模なバラ公園がある同市は、ローズオイルなどで知られるブルガリアの新体操代表チームの誘致に成功した。華やかな選手団は大人気だが、地元でも低い「村山=バラ」の認知度を五輪を機に高めたい考えだ。19日、市内の東沢バラ公園で地元ロータリークラブがブルガリアの代表チームを招いてバラの記念植樹会を開いた。

 
クマ被害防止へ対策強化を確認 秋田県、仙北で緊急会議 印刷
2018年 7月 11日(水曜日) 18:35

秋田県は25日、クマが人を襲う被害についての緊急対策会議を開いた。クマの目撃情報が相次いでいることに加え、仙北市では23日、動物に傷つけられた形跡がある男性の遺体が見つかった。事態を重くみて関係機関を集めた。山菜採りシーズンでもあり、被害防止に向けた入山規制などの対策を共有した。

 
宮城県の平成29年29観光客が過去最高に 震災前年上回る 印刷
2018年 7月 11日(水曜日) 18:34

宮城県が発表した平成29年観光統計概要(速報値)によると、観光客入り込み数は前年比2.4%増の6229万人、宿泊観光客数は3.4%増の953万人となり、ともに過去最高となった。観光客入り込み数は過去最高だった震災前の22年の6129万人を1.6%上回った。県は仙台市などと展開した夏と冬の観光キャンペーンによる誘客効果が表れたと分析した。

最終更新 2018年 7月 11日(水曜日) 18:34
 
花巻―台湾便、8月定期化へ 岩手県初の国際定期便 印刷
2018年 7月 11日(水曜日) 18:27
台湾の格安航空会社(LCC)タイガーエア台湾の張鴻鐘董事長は4日夜、岩手県花巻市で記者会見し、花巻空港と台湾を結ぶ国際定期便を8月1日から就航すると明らかにした。申請手続きは最終段階で、近く正式に認可される見通しだとの認識を示した。岩手県初の国際定期便となる。タイガーエア台湾は中華航空の子会社で、2017年9月、花巻空港に就航した。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 74 ページ