経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東北地方
EU 福島県産米などの輸入規制を年内にも一部解除へ 印刷
2017年 10月 06日(金曜日) 00:55

EU=ヨーロッパ連合は、6年前に起きた東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと福島県産のコメなどに科してきた輸入規制について、年内にもその一部を解除する方針を決定した。EUは福島第一原発の事故のあと東北や関東地方などから輸出される食品に対して、放射性物質の検査を受け、安全基準を満たしていることを示す証明書の添付を義務づけるなどの輸入規制を科している。

最終更新 2017年 10月 06日(金曜日) 00:55
 
山形で日本一の芋煮会 「2代目鍋太郎」で3万食 印刷
2017年 10月 04日(水曜日) 21:34

直径6メートル、高さ1.6メートルの大鍋「2代目鍋太郎」で牛肉やサトイモを煮込む山形の秋の風物詩「日本一の芋煮会フェスティバル」が17日、山形市の馬見ケ崎河川敷で開かれ、県内外から訪れた人は熱々の芋煮約3万食を味わった。大鍋には、県産のサトイモ6トンやネギ3500本、牛肉1.2トン、日本酒90リットルなどの具材が入れられ、早朝から大網などでかき混ぜながらじっくりと煮込んだ。

 
秋田県で木質バイオマス発電所の建設開始 燃料用木質チップは地元木材 印刷
2017年 10月 04日(水曜日) 21:34
タケエイ(東京都港区)と子会社の秋田グリーン電力(秋田県大仙市)は9月26日、秋田県大仙市と立地協定を締結し、木質バイオマス発電所建設工事を開始すると発表した。営業運転の開始は2019年の春頃を予定。この木質バイオマス発電所の敷地面積は13,029平米。発電能力は7,050kW。
 
初出荷へ向け 宮城でカキの水揚げ始まる 印刷
2017年 10月 04日(水曜日) 21:33

29日から始まる生食用カキの出荷に向け、宮城県でカキの水揚げ作業が始まった。このうち、石巻市の渡波地区では、漁師が沖あいの養殖施設でロープに吊るしたカキを次々と引き上げていった。今シーズンは台風の影響でカキが落下するなどの被害が出たが、県内のカキの生産量は去年と同じおよそ1700トンを見込んでいる。震災後初めて解禁日の9月29日に出荷されます。

 
サンマ 昨年比20日遅く初水揚げ 岩手・宮古市魚市場 印刷
2017年 10月 04日(水曜日) 21:30

岩手県の宮古市魚市場に23日朝、サンマが初水揚げされた。昨年より20日遅く、魚体も小ぶり。乗組員らは「サンマがいなくて苦労した」と悲鳴を上げた。福島県いわき市・中之作漁協所属の「第11権栄丸」(199トン)。北海道の東約870キロの公海で、20日から21日にかけて操業。22トンを漁獲し、約40時間かけて宮古港を目指した。重さ120グラムの小型が中心。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 61 ページ