経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
神奈川県
横浜みなと博物館「柳原良平アートミュージアム」 印刷
2018年 5月 11日(金曜日) 09:28

サントリーウイスキーの広告キャラクター「アンクルトリス」(トリスおじさん)の生みの親として知られるイラストレーターの柳原良平。横浜みなと博物館内に3月末、オープンした「柳原良平アートミュージアム」は、柳原の遺族が横浜市に寄贈した作品約5千点のうち、約50点を常設展示している。横浜に長く住み、船の造形美に心酔して作品に描き続けた柳原の、目に楽しいイラストの世界が堪能できる。

 
神奈川県、先端医療産業活性化へ武田薬品と連携 印刷
2018年 4月 13日(金曜日) 19:14

神奈川県は6日、先端医療産業を活性化するため武田薬品工業と覚書を交わした。武田が外部企業などに開放している湘南研究所(同県藤沢市)にベンチャー企業や大学などを誘致する。有望な企業などを全国から呼び込み、再生・細胞医療企業が集積する「ライフイノベーションセンター(LIC)」(川崎市)に続く先端医療の拠点へと育てたい考えだ。湘南研究所は武田の創薬研究拠点。一部を「湘南ヘルスイノベーションパーク」として外部のベンチャー企業などに開放しており、昨年10月から呼び込みを始めた。

 
旧吉田茂邸、来場10万人超 昨春公開、目標の3倍超 神奈川県大磯町 印刷
2018年 3月 26日(月曜日) 21:50
太平洋戦争後に首相や外相を務めた吉田茂氏の住んだ邸宅(神奈川県大磯町)の来場者が、2017年4月の一般公開から1年足らずで10万人を超えた。町が目標としていた年間3万人をはるかに上回る人気ぶり。火災でいったん焼失したが町ができる限り再現し、ゆかりの品とともに公開を始めた経緯があり、町の観光資源として好調なスタートを切った。
 
展望席の眺望楽しんで 新型ロマンスカー試乗会 印刷
2018年 3月 01日(木曜日) 09:57

小田急電鉄の新型ロマンスカーGSE(70000形)の報道陣向け試乗会が23日、行われたと神奈川新聞が報じた。「箱根につづく時間を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに、3月17日から営業運転を開始する。GSEは7両編成で全400席。新宿-箱根湯本間を土曜、休日は3~4往復、平日は2~3往復する。

 
東南アジアの訪日観光客に照準 神奈川県、ハラルビジネス支援強化 印刷
2018年 2月 05日(月曜日) 19:41

増加傾向にある東南アジア圏からの訪日観光客をターゲットに、県はイスラム教の戒律に沿った「ハラルビジネス」への支援を進めている。インバウンド需要の一層の拡大が見込まれるものの、一般の観光施設、飲食店などでは対応に苦慮する例もあるのが現状。慶応大と連携し、もてなしを学ぶ研修会を充実させる一方、ムスリム(イスラム教徒)向けの飲食店ガイドも提供し、双方の敷居を下げて誘客の旗振り役を担う考えだ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ