経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
東京都
ハロウィーン「街荒らされた」 来年に向け対策検討 渋谷区長
関東地方 - 東京都

ハロウィーンで東京都渋谷区の繁華街でトラブルが相次いだことを受け、渋谷区の長谷部健区長は1日、「これだけ街が荒らされたことに対して、何かしらの対応をしなければならない」と述べ、来年に向けて対策を検討する考えを示した。同区の繁華街には、仮装した若者らが大勢押し寄せ、痴漢や窃盗などの容疑で逮捕者が出た。長谷部区長は「一部の心ない人たちによって、街を荒らされたのはじくじたる思いだ」と話した。

 
築地解体スタート 五輪へ急ピッチ
関東地方 - 東京都

豊洲市場(江東区)開場にともない83年の歴史に幕を下ろした築地市場(中央区)で11日、解体に向けた作業が始まった。都は周辺の渋滞を防ぐため、1カ月以内に築地から豊洲につながる環状2号線(環二)の暫定道路を開通させる考えを示しており、解体工事を急ぐ構え。都は約1年4カ月かけて、155棟の建物の解体を予定している。2020年東京五輪・パラリンピックで主要な輸送ルートとしての役割も期待される環二は築地跡地を通ることから、都は暫定道路の工事に支障がある青果門の付近の建物から解体に着手し、整備を急ぐとしている。

 
「目黒のさんま祭り」7000匹に舌鼓 東京都品川区
関東地方 - 東京都

古典落語「目黒のさんま」にちなむ「目黒のさんま祭り」が、東京都品川区のJR目黒駅東口周辺で行われた。23回目を迎えた今年は約3万人が来場。岩手県宮古市が提供したサンマ7000匹が無料で振る舞われた。実践女子大学もボランティアで加わり、祭りを盛り上げた。紀州備長炭で焼いたサンマの香ばしい白煙が立ち込める会場には、午前10時前から1キロメートル近い長蛇の列ができた。

 
メルカリ、東京都国立市で「メルチャリ」の実証実験
関東地方 - 東京都

メルカリは22日、同社が展開するシェアサイクルサービス「メルチャリ」において、東京都国立市で実証実験を開始すると発表した。自転車の台数は100台以上、ポート数は70カ所を予定している。メルチャリは、ユーザーと地域が参加型で運営するシェアサイクルサービス。リアルの場でのシェアリングエコノミー促進を目指し、2018年2月に福岡でサービスを開始した。専用のスマートフォンアプリ(iOS版のみ、Android版は近日公開予定)で自転車を解錠でき、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指している。

 
豊洲市場の認可申請 東京都、農林水産相に
関東地方 - 東京都

東京都は1日、築地市場から移転する豊洲市場について農林水産相に認可申請を行った。10月11日に予定する開場に向けた法的手続きの一環。農水相が約1カ月で認可する見込みで、移転に向けた準備が整う。豊洲市場をめぐっては、土壌汚染対策追加工事が7月に完了。都が設置した専門家会議が「追加対策で将来リスクを踏まえた安全性が確保された」との結論に至ったことを受けて、小池百合子知事が同31日、安全宣言を行った。

 
1 / 14 ページ