経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
栃木県
栃木の1万人プール、今夏初日は客4人も 1千万人到達 印刷
2019年 9月 05日(木曜日) 09:28

「マンプー」の愛称で親しまれている栃木県真岡市の井頭公園「1万人プール」が26日、開業47年目にして入場者が1千万人に達し、1千万人目の入場者に花束と記念品が贈られた。1973年7月に開業した。1周400メートルの「流れるプール」や「波のプール」など、水の表面積は計1万500平方メートル。1人1平方メートルとして1万人が泳げることから名付けられた。

 
アマゾンの魚と泳ぐカピバラが人気 栃木県大田原市 印刷
2019年 8月 19日(月曜日) 09:25

栃木県なかがわ水遊園(大田原市)では、南米アマゾン川に生息する魚や植物などを飼育している。体長2メートルを超える世界最大級の淡水魚ピラルクや巨大ナマズのピライーバなどが目玉だが、これら巨大魚に交じって泳ぐカピバラも人気を集めている。このカピバラは、2013年に那須どうぶつ王国(那須町)から「出向」してきたオスの茶々丸くん(6)。泳いでいるピラルクにまたがろうとしたり、亀をつついたりする姿が来場者の笑いを誘っている。

 
栃木県のイチゴ出荷額、過去最高見込み 19年産 印刷
2019年 7月 23日(火曜日) 17:42

栃木県はJAグループによる2019年産の県産イチゴの販売金額が過去最高になる見込みだと発表した。販売額は前年比8%増の259億400万円、出荷量は同4%増の2万951トンとなる見通し。とちおとめとスカイベリーの2品種ともに出荷量と1キログラムあたりの単価が前年を上回るとしている。

 
日本の伝統「和食」を発信 小山でサミット 印刷
2019年 6月 10日(月曜日) 18:08

日本の伝統文化「和食」の魅力を発信しようと「和食サミット」が26日、料理の神様を祭る小山市の高椅神社で行われた。地域の食材を使い、職人の繊細な技が光る和食の作品が料亭ではなく参道にずらり。サミットは小山市と日本調理師連合会などが初めて開催。北は北海道、南は熊本と全国の職人が腕を振るった日本食、30作品が展示され、審査の結果、6作品が表彰された。

 
ダム湖にバス3台 豪快に入水 日光・湯西川に春告げる水陸両用車の運行開始 印刷
2019年 4月 17日(水曜日) 09:52

日光市の湯西川地区に春の訪れを告げる水陸両用バスの運行が12日、始まった。第1便の3台が観光センター「湯西川水の郷」を出発。湯西川ダム湖に水しぶきを上げながら次々に入水し、乗客を沸かせた。水陸両用バスは、湯西川ダム建設の際、地元の振興を目指して導入された。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ