経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
CRI
米「ゴラン高原はイスラエルに主権」に非難相次ぐ 印刷
2019年 3月 29日(金曜日) 09:38

国連安保理は27日、ゴラン高原の問題に関する会議を開き、米国のトランプ大統領がゴラン高原についてイスラエルの主権を認めたことに対する各国からの非難の声が相次ぎました。

国連政治・平和維持問題担当事務次長であるローズマリー・ディカルロ氏は、「今の情勢に乗じてゴラン高原やその他の地域の情勢が損なわれることがないよう願うばかり」と語りました。

また、国連に駐在している呉海涛次席大使は、「一方的な行動で事実を変えることに反対する。地域の情勢の悪化は望まない」との立場を示しました。

フランスのアンヌ・グェグァン国連駐在次席大使は、「EUおよびそのメンバー国は、ゴラン高原についてイスラエルの主権を認めない」と強調しました。

 
習主席、ドイツのメルケル首相とパリで会談 印刷
2019年 3月 27日(水曜日) 09:22

フランスのパリを訪問中の習近平国家主席は現地時間26日、グローバルガバナンスに関するフォーラムの閉幕式に出席したドイツのメルケル首相と会談しました。

その中で、習主席は両国関係のさらなる発展に対する3つの期待として、「一つ目に、中国とドイツの協力強化により、世界に協力・ウィンウィンの関係の模範を樹立すること。二つ目に、中国とヨーロッパの協力をリードすることにより、世界により安定した要素を加えること。三つ目に、グローバルガバナンスを推進することにより、多角主義を維持すること」との意見を示しました。

それに対し、メルケル首相は「ドイツは中国の開放拡大によりもたらされる市場のチャンスを着実に生かすとともに、中国企業のドイツ進出に対しては、公正で良好な市場環境を提供したい。ドイツは中国とヨーロッパとの協力関係を推進し、ヨーロッパと中国が手を携えて多角主義を維持していくことを支持する」との姿勢を示しました。

 
深セン政府、高雄訪問団を歓迎 印刷
2019年 3月 25日(月曜日) 22:07

中国共産党広東省委員会副書記を兼任する深セン市委員会の王偉中書記と深セン市人民政府の陳如桂市長は24日、台湾・高雄市の韓国瑜市長率いる訪問団と会談を行いました。

王書記は一行の深セン訪問を歓迎し、韓市長が「九二共通認識」を堅持し、両岸の交流・協力の促進に努める姿勢を深く称賛しました。そして、「深センは今、『広東・香港・マカオグレーターベイエリア(以下:大湾区)発展計画綱要』の実行と中国の特色ある社会主義先行モデル区建設という目標に向かって前進している。大湾区建設がもたらす貴重なチャンスを高雄市と共にシェアし、双方の交流プラットフォームを積極的に構築して、新時代における両岸都市交流メカニズムを探究したい」と示しました。

それに対して韓市長は深セン市政府の歓迎に感謝し、「今回の訪問を契機に各分野における交流を強化して、交流メカニズムを構築し、互恵共栄を図りたい」と述べました。

 
中日観光トップフォーラムが新潟市で開催 印刷
2019年 3月 24日(日曜日) 23:10

中国駐新潟総領事館、中国旅行社協会、新潟県の共催による「中日観光トップフォーラム」が23日に新潟市で開催され、両国の観光業界、航空会社、自治体の代表ら約200人が参加しました。

近年、中日関係の改善と発展に伴って、両国間の人的往来がますます頻繁になり、昨年には延べ1100万人を超え、これまでの記録を更新しました。中国側の統計によりますと、昨年、中国大陸の訪日観光者数は延べ906万人に達し、前年同期と比べて14.3%増えました。中でも、ほとんどが観光を目的とした訪日です。香港、マカオと台湾地区を含めた中国の訪日観光者数は延べ1500万人を超え、日本のインバウンド市場において最大のマーケットとなりました。

日本駐在中国大使館の郭燕公使はフォーラムで挨拶し、「今年は中日両国および中日関係にとって非常に重要な一年であり、両国関係をさらに発展させる重要なチャンスに直面している。新潟県は田中角栄元首相の故郷であり、中日友好の伝統ある地域である。トキの保護事業や姉妹都市との友好交流などの面において豊かな成果を収めてきた」と述べ、田中元首相の遺志を受け継ぎ、実務的協力と人的交流を強化し、両国関係を新たなレベルまで押し上げていくよう新潟に大きな期待を寄せました。

一方、孫大剛駐新潟総領事は「中日双方の観光面において、非対称、不均衡という現象が際立っている。中国の訪日観光者数の急増とは対照的に、日本の訪中旅行者数の増加の勢いは見られないが、大きく成長する余地がある」と指摘しました。孫総領事は今回訪日した遼寧・黒龍江・福建・吉林・陝西5省の観光代表によるプロモーションが、日本人にとって、中国を広く理解するための新たな窓口を開き、実務的協力に向け新たな見方、考え方を提供するものとなることに期待しました。

日本の観光関係者や大手旅行社の代表はいずれも発言の中で、今後も観光資源の魅力を充分に発揮し、観光産業におけるイノベーションを推進して、国際的競争力を高め、すべての観光客が気軽に、そして思う存分に楽しめる観光環境の創出に努めていく考えを示しました。

日本政府観光局(JNTO)の志村務総括理事は、「観光・個人・リピーター」が今の中国人観光客のキーワードとなっているとし、「我々は、20代と30代の若者層、あるいは家族旅行層をターゲットとしている。そして、個人旅行やリピーター、見本市層に分けてそれぞれ対策をとっている。その中では、地方遊客と深度遊客のために、体験型コンテンツを発掘して、情報発信を強化する。また、訪日した経験のない方々に対して、引き続き日本の魅力的な情報を発信していく」と語りました。

中国旅行業界の代表は明日からの2日間で、新潟県のスキー場など代表的な観光資源を視察し、産業・文化など幅広い分野で交流を行う予定です。新潟県もこのフォーラムの開催を契機に、2020年の東京五輪や2022年の北京冬季五輪など一連の大規模なスポーツ大会を通じて、スキーと食をテーマに、中国における新潟の知名度を高め、より多くの中国人観光客の誘致を加速する狙いです。

 
中国の方所書店、英国で最優秀賞を受賞 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:44

图片默认标题_fororder_1

方所の広州書店。床から天井まで本がぎっしり並んでいる(撮影:朱子栄)

中国の書店「方所」が、イギリスのロンドンでのブックフェアで最優秀賞を受賞しました。設立から8年足らずですが、運営や文化、芸術のスタイル多様化に努めたことが高く評価されたものです。

图片默认标题_fororder_2

店の様子(撮影:朱子栄)

広東省の広州店は2011年にオープンし、敷地面積が1800平方メートルです。店内にはカフェ、セレクトショップ、手工芸の売り場などがそろっています。この店は、これまでの経営モデルを変えてマルチタイプな書店とし、購読や格調、ショッピングなど様々な面における市民のニーズに応えています。

图片默认标题_fororder_3

店内にあるカフェ(撮影:朱子栄)

この店では、定期的に芸術品展示会やセミナー、新書発表会を行っており、内容は芸術や文化、ライフスタイルに及び、都会の読書愛好者の交流の場にもなっています。このようなカルチャー性をふんだんに取り入れた書店スタイルで、多くの人に親しまれるようになっています。

图片默认标题_fororder_4

店内にある工芸品の売り場(撮影:朱子栄)

スペインから来たアンドンさん一家3人は、毎週この店を訪れます。アンドンさんは、「ここは大変くつろげる。本もおもちゃもアクセサリーもあって大好きだ。息子もここのおもちゃや雰囲気がとても好きだ」と話しました。

图片默认标题_fororder_5

スペインから来たアンドンさん一家3人(撮影:朱子栄)

8年間の努力を経て、方所書店は大勢の常連客が集まるようになっています。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 585 ページ