経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
石川県
特産品、専用車で出張販売 石川県の都内アンテナ店 印刷
2017年 10月 11日(水曜日) 23:47

東京・銀座にある石川県のアンテナショップ「いしかわ百万石物語・江戸本店」は、ケータリング車両を使った特産品の出張販売を始めた。和菓子や酒など20種類近くを積み込み、イベント会場や福祉施設に仮設店舗を設けて販売する。都内に店を構える全国のアンテナショップで同様の試みは初めてという。

 
来年度の北陸経済、プラス成長の見込み 中部圏社会研究所が発表 印刷
2017年 9月 17日(日曜日) 18:39

中部圏社会経済研究所(名古屋市)が8日発表した2018年度の北陸三県の経済見通しは、輸出や生産の増加、個人消費の伸び率拡大を見込み、実質経済成長率を前年度プラス1.8%とした。プラス成長は6年連続となる。企業、家計部門の伸びを見込む一方、中国経済の成長鈍化で民間企業設備や外需は前年度より寄与度が低下する。同研究所は人手不足の深刻化や地政学リスクなどを懸念材料に挙げた。

 
7年ぶり大キリコ乱舞 輪島で曽々木大祭 印刷
2017年 8月 25日(金曜日) 17:03

輪島市町野町曽々木、春日神社の例大祭「曽々木大祭」は17日行われ、国指定名勝である曽々木海岸の「窓岩」を背に、大小4基のキリコが集結した。今年は高さ10.5メートルの大キリコが7年ぶりに乱舞した。大キリコは巡行に50人以上が必要で、青年団員が年々減って動かせずにいたが、今年は団員が輪島出身の友人や知人に声を掛けて担ぎ手を確保した。

 
天才絵師が競演 金沢で「江戸絵画の真髄展」開幕 印刷
2017年 8月 02日(水曜日) 19:02

東京富士美術館所蔵「江戸絵画の真髄展」(北國新聞社、一般財団法人石川県芸術文化協会主催)は7月28日、金沢21世紀美術館で始まり、開幕を待ちわびた愛好者らでにぎわった。北陸初公開となった伊藤若冲の「象図」「鶏図」をはじめ、展示された54点の半数以上が県内初公開で、来場者は江戸に花開いた天才絵師たちの競演に心躍らせた。

 
キリコ、炎に舞う 能登・宇出津であばれ祭が開幕 印刷
2017年 7月 10日(月曜日) 21:59

日本遺産「能登のキリコ祭り」の先陣を切る石川県無形民俗文化財「あばれ祭(まつり)」は7日、能登町宇出津で2日間の日程で開幕した。キリコ42基が燃えさかる大たいまつのそばで乱舞すると、港町の熱気は最高潮に達した。各町内を出発したキリコは、町役場前の宇出津港いやさか広場に集まり、高さ約7メートルの大たいまつ5本が点火されたのを合図に、若衆が「サカヨッソイ」と気勢を上げながらキリコを上下に激しく揺らした。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 10 ページ