経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
石川県
能登ワイン 酸味、甘みバランスよく 印刷
2019年 9月 10日(火曜日) 19:27

5日の石川県内は高気圧に覆われて晴れ、正午までの最高気温は金沢32.8度、輪島29.9度となった。全11観測地点のうち8地点で30度を超え、金沢では17日ぶりの真夏日となるなど、残暑がぶり返している。穴水町の能登ワインでは、原料に用いるブドウが収穫され、今季の醸造が始まった。同社によると、今年は天候不順が心配されたものの、酸味と甘みのバランスがよく品質は十分で、例年並みの15万本を造る。

 
石川県産ナシ「幸水」の出荷始まる 印刷
2019年 8月 19日(月曜日) 09:52

石川県産ナシの四割を占める品種「幸水」の出荷が5日、加賀市奥谷町の奥谷梨選果場で始まった。出荷は8月下旬に最盛期を迎え、9月末まで続く。この日は22軒の農家から1.5トンのみずみずしい幸水が持ち込まれた。春に晴天が続き、梅雨にまとまった雨が降ったため、順調に生育した。奥谷梨生産組合によると、今年は実が大きく、甘みがある。

 
中宮温泉ようやく「春」 ホワイトロード全線開通 印刷
2019年 7月 26日(金曜日) 14:50
 白山市と岐阜県白川村を結ぶ白山白川郷ホワイトロード(延長33.3キロ)が19日、開通した。昨年12月の土砂崩れのため、無料区間の一部で通行止めが続いていたが、石川県が応急対策工事を行い、例年より約1カ月遅れての全線開通となった。無料区間内にある中宮温泉には入浴客が次々と訪れ、関係者は「本来であれば4月が開湯の時期。ようやく『春』が来た」とにぎわいを期待した。
 
全农与石川县的农业法人签订智能农业合作协定 印刷
2019年 7月 03日(水曜日) 18:42

JA全農は6月20日、スマート農業の推進に向け、石川県能美市の農業法人たけもと農場と、JA全農が普及を進める営農管理システム「Z-GIS」に関する連携協定を締結した。 JA全農が、Z-GISの活用について農業法人と連携協定を締結するのは初めて。たけもと農場は、水稲中心の先進的な経営体で、天皇杯や米作日本一受賞の経歴を持つ。現在は、半径1km圏内に集約したほ場を中心に高品質米の生産を目指して、有機質肥料やたい肥を積極的に施用した土づくりに取り組んでいる。経営面積は47ha。

 
金沢大の「理工学域能登海洋水産センター」設立 能登町 印刷
2019年 6月 12日(水曜日) 09:39

能登半島での水産資源の研究開発などを目的にした「金沢大学理工学域能登海洋水産センター」(石川県能登町越坂)の設立を祝う式典が5日、開かれた。新技術の開発や人材育成の拠点として期待されている。センターは九十九湾に面した海沿いに立つ。鉄筋3階建て、延べ床面積約1千平方メートル。魚を育てる飼育室、培養室や実験室があるほか、海外の研究者らが長期滞在できるように研究室も設けた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 16 ページ