経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
石川県
生産14カ月ぶり上方修正 日銀金沢支店 新型スマホ部品伸び 印刷
2018年 7月 18日(水曜日) 17:17

日銀金沢支店は12日、北陸三県の生産活動の判断を「緩やかに増加している」とし、前月の「高水準で横ばい圏内の動き」から引き上げた。上方修正は昨年5月以来14カ月ぶり。宮田慶一支店長は、電子部品・デバイスで新型スマホの製造本格化に伴うニーズが高まっているとし「北陸には高度な技術を持った企業が多く、ニューモデルの需要をしっかり取り込めている」と語った。

 
金沢の空き物件を美術館に 市内3地区で9月に展覧会 印刷
2018年 6月 25日(月曜日) 19:43

金沢のまちなかの空きビルや空き家などの物件が「美術館」になる。金沢21世紀美術館が9月15日から、市内3地区で「金沢の暮らしの匂い」を感じられる場所を舞台に、日中韓で活躍する世界的アーティスト22組による作品を飾る「まちなか展覧会」を催す。現代アートを美術館内でなく、金沢の生活空間に溶け込ませることで、家や暮らしの移り変わりを伝える狙いだ。

 
浅野川に揺らめく燈ろうの明かり 金沢百万石まつり開幕 印刷
2018年 6月 05日(火曜日) 09:36

第67回金沢百万石まつりは1日、金沢市で3日間の日程で開幕したと北國新聞社が報じた。浅野川では特別協賛行事「加賀友禅燈ろう流し」が行われ、約1200基の揺らめく明かりが「おんな川」をゆっくりと流れ、大勢の観光客が幻想的な宵闇の景色を堪能した。加賀友禅の発展に尽くした先人をしのぶ追善法要に続き、金沢百万石まつり実行委員会名誉会長の山野之義金沢市長や関係者、地元の兼六小児童、一般参加者らが、友禅作家らの携わった燈ろうを川に浮かべた。

 
新たなクレーン 金沢港に完成 石川知事「拠点港へ前進」 印刷
2018年 4月 16日(月曜日) 19:50

石川県が機能強化に向けて整備を進める金沢港(金沢市)で、コンテナ貨物の積み下ろしに使うガントリークレーンの2号機が完成した。既存の1号機と合わせ、コンテナ船が2隻同時に接岸しながら荷役作業を行えるようになる。耐荷重も45トンと1号機を5割上回り、建設機械など重量物の取扱能力が高まる。

 
ブロックチェーン技術 生かす 加賀市、記録管理で企業と連携協定 印刷
2018年 3月 26日(月曜日) 21:54

電子記録を複数のコンピューターで管理することで安全性を高めるブロックチェーン(分散型台帳)技術を活用するため、石川県加賀市は16日、いずれも大阪市の情報システム開発会社「スマートバリュー」、同技術の開発会社「シビラ」と包括連携協定を結んだ。加賀市が管理する電子記録の安全性向上やコスト削減が期待でき、2018年度中の導入を目指す。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 12 ページ