経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
岡山県
岡山県瀬戸内市に最大級メガソーラー完成 パネル90万枚、竣工式で祝う 印刷
2018年 11月 19日(月曜日) 09:32

岡山県瀬戸内市の錦海塩田跡地に整備された国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)の竣工式が9日、現地で行われた。約260ヘクタールに約90万枚の太陽光パネルを設置し、最大発電能力は235メガワット。10月から本格操業しており、一般家庭約8万世帯分の電力を供給している。総事業費は約1100億円。米ゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ会社や中電工(広島市)など出資の特別目的会社・瀬戸内Kirei未来創り合同会社(瀬戸内市)が手掛け、発電した全量を中国電力(広島市)に売っている。

 
岡山後楽園で冬支度 松のこも巻き 虫を誘導する伝統的な駆除法 印刷
2018年 10月 25日(木曜日) 18:30

岡山市の後楽園で17日、松を害虫から守る「こも巻き」が行われた。アカマツやクロマツなど約240本がわらをまとい、名園は一足早く冬を迎える準備を整えた。こも巻きは、冬ごもりをする害虫が松の枝葉から地中に降りる習性を利用し、わらで編んだこもに虫を誘導する伝統的な駆除法。同園の秋の風物詩として知られる。園を管理する造園業者9人が、3人一組でこもを松の幹に巻き付け、わら縄で縛っていった。

 
観光サイトを9年ぶりに新装 AIが旅を案内 印刷
2018年 10月 03日(水曜日) 18:03

岡山県は、県の魅力を伝える新しい観光サイト「岡山観光WEB」を開設した。従来の観光サイト「おかやま旅ネット」を9年ぶりにリニューアル。観光名所や食べ物の写真を変更しただけでなく、人工知能(AI)を使った旅の案内機能などを追加した。滞在型観光客の更なる増加につなげたい考えだ。

 
豪雨災害復旧へ506億円 岡山県9月補正案 印刷
2018年 9月 07日(金曜日) 19:38

岡山県は24日、西日本豪雨の災害からの本格復旧に向けて、2018年度9月補正予算案を発表した。一般会計と特別会計の合計で総額506億6600万円。土木・農林水産施設の復旧費や、中小企業の支援に向けた「グループ補助金」に関する経費などを盛り込んだ。災害対策の補正予算案では過去最高額になるという。9月10日開会の9月県議会に提案する。

 
倉敷の堤防決壊箇所は「脆弱」 高さ、幅とも国の整備目標満たさず 印刷
2018年 8月 16日(木曜日) 10:51

西日本豪雨で4河川8カ所の堤防が決壊し、面積の3割が水没した岡山県倉敷市真備町地区で、小田川上流の北岸の決壊箇所(同町尾崎)は堤防の高さ、幅ともに国の整備目標に満たず、改修予定だったことが9日、国土交通省への取材で分かった。国管轄の未改修区域は北岸では決壊箇所周辺に限られており、周囲より脆弱な箇所が水圧に耐えきれず、重大な浸水被害を招いた可能性がある。

最終更新 2018年 8月 20日(月曜日) 10:52
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 13 ページ