経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
関東地方
神奈川県とインド政府 未病改善で覚書 印刷
2018年 11月 08日(木曜日) 10:21

神奈川県は29日、インド政府と健康改善に関する覚書を締結した。県が進める健康と病気の間の状態を指す未病の概念と、インドの病気を予防する伝統的な医療の考え方を共有。今後、健康改善に連携して取り組んでいくことを確認した。インドの伝統医療、アーユルヴェーダは健康の維持や病気の予防を自己管理で行う考えを基本としている。県は未病の概念に近いと考え、県内のイベントにインド発祥のヨガを取り入れるなど交流を深めてきた。

 
ハロウィーン「街荒らされた」 来年に向け対策検討 渋谷区長 印刷
2018年 11月 08日(木曜日) 10:20

ハロウィーンで東京都渋谷区の繁華街でトラブルが相次いだことを受け、渋谷区の長谷部健区長は1日、「これだけ街が荒らされたことに対して、何かしらの対応をしなければならない」と述べ、来年に向けて対策を検討する考えを示した。同区の繁華街には、仮装した若者らが大勢押し寄せ、痴漢や窃盗などの容疑で逮捕者が出た。長谷部区長は「一部の心ない人たちによって、街を荒らされたのはじくじたる思いだ」と話した。

 
超ピーナツ「Qなっつ」 開発の千葉県に連日問い合わせ 印刷
2018年 11月 08日(木曜日) 10:19

これまでのピーナツを超える存在に――。千葉県が約10年ぶりに開発した落花生の新品種「Qなっつ」の誕生祭が30日、JR千葉駅であった。安い外国産に押されて県産落花生の収穫量が減るなか、「県産の消費を拡大する起爆剤」として期待されている。「Qなっつ」は従来の品種より「色白」で、クセのない甘みが特徴だ。誕生祭では森田健作知事が「香ばしくて、甘みがいい。皆さんもぜひ食べてください」とアピール。

 

 
秋満喫、川越で「菊まつり」 印刷
2018年 11月 06日(火曜日) 22:41

川越市小仙波町の喜多院境内で1日、秋の風物詩「小江戸川越菊まつり」が始まり、白や黄など色鮮やかな花が会場を彩った。23日まで。会場には会員が丹精を込めた懸崖や千輪仕立て、小菊盆栽など300点超の作品が並んだ。花は例年より小ぶりだが、訪れた市民らは記念写真を撮るなどして秋本番を満喫していた。2日は審査が行われ、農林水産大臣賞などが決まる。

 
工場立地、群馬が全国1位 18年1~6月 栃木は失速 印刷
2018年 11月 06日(火曜日) 22:40
経済産業省が30日発表した2018年1~6月の工場立地動向調査(速報)で、北関東3県の立地件数は明暗が分かれた。群馬が都道府県別で1位(17年1~12月は2位)、茨城は4位(同5位)と順位を上げた一方、栃木は24位と同8位から急落した。調査対象は1千平方メートル以上の用地取得で、これまで製造業、ガス業、熱供給業が対象だったが、今回から水力、地熱、太陽光発電所を除く電気業を加えた。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 92 ページ