経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
関東地方
アングラ演劇や音楽の聖地がどう変化していくのか 印刷
2019年 11月 06日(水曜日) 17:26

演劇や音楽の聖地として、海外からも観光客が訪れる人気の街「シモキタ」。ここで今、再開発が進んでいる。2階建てのホテル、温泉水を箱根から運びこむ温泉旅館、学生寮、保育園とさまざまな計画がすすめられている。これまではアングラな雰囲気のなかに、音楽や演劇に敏感な若者が集うという感じだったが今後のイメージはどうなっていくのか。これからの「シモキタ」に注目が集まる。

 
日本で初めてパンダを受け入れた動物園として中国ともゆかりが深い 印刷
2019年 11月 05日(火曜日) 16:45

中国からのパンダで人気の、上野動物園を走る日本最初のモノレールが10月31日に運転を休止した。同線は1957年「将来の新しい都市交通機関」の実験線として開業。園内の路線ながら、鉄道事業法に基づく交通機関だ。廃止の理由は車両や設備の老朽化。更新も検討されたが、位置づけが実験線ということもあり構造が特殊。費用が高額になり、上野公園全体の魅力向上も進める必要もあり更新を断念し路線休止となった。都交通局は同線の今後について、都民からの意見も踏まえ検討したいとしている。

最終更新 2019年 11月 05日(火曜日) 16:46
 
観光の足、箱根登山鉄道は甚大な被害で年内復旧は困難 印刷
2019年 11月 05日(火曜日) 16:45

中国からの訪日客も多数訪れる日本屈指の観光地、神奈川県箱根町では台風19号による観光産業への影響が長期化している。土砂崩れが多数発生したため、10月末現在、町内の約4割の宿泊施設への温泉供給が停止している。11月中には復旧の見込みだが、営業を継続している旅館は他の旅館から湯を分けてもらうなど対応に追われている。さらに深刻なのは箱根観光の足となっている箱根登山鉄道。トンネルが土砂で埋まったり、橋梁、路盤が流出したりするなど甚大な被害を受け運休。代行バスによる輸送が続いている。年内の復旧は困難と見られる。紅葉シーズンの書き入れ時を前に箱根の観光関係者は落胆している。

 
セブンイレブン、再エネ100%で店舗運営の実験、神奈川県の10店舗で 印刷
2019年 10月 07日(月曜日) 13:12

セブン-イレブン・ジャパンは9月26日、店舗の消費電力を全て再生可能エネルギーでまかなう実証実験を始めた。同社にとっては初の試みにで、神奈川県内の10店舗で順次始める。カネカが開発した高性能太陽光パネルを店舗に設置、日中は自家発電した電力で店舗を運営する。日中に発電した電力の一部は日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」から回収した蓄電池に貯え、夜間や災害時に利用する。また、自家発電分以外の電力は一般家庭が太陽光発電した電力を調達する。

 
都、無電柱化を島しょ部で加速へ 小池氏「防災重要」 印刷
2019年 10月 07日(月曜日) 11:58

東京都は台風15号による千葉県内を中心とする停電被害を受け、電線を地中に埋めて電柱をなくす無電柱化の取り組みを加速させる。電柱の倒壊が停電の長期化の要因と指摘されており、島しょ部などで実施している無電柱化事業のスピードを速める。12月開会を予定する都議会第4回定例会に提出する補正予算案への関連費用の計上も視野に入れる。

最終更新 2019年 10月 07日(月曜日) 13:02
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 111 ページ