経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home China Online
China Online
第1回中米外交・安全保障対話、ワシントン開催 印刷
2017年 6月 22日(木曜日) 15:37
第1回中米外交・安全保障対話が現地時間の21日、ワシントンで始まりました。中米双方は両国関係、及びともに関心を寄せる国際と地域問題を巡って、意見を交わします。

中国は平和発展の道を歩み、協力ウィンウィンを中心とする新型国際関係と人類運命共同体の構築を推進しています。

一方、アメリカ側は「中国が急速な発展段階にあることを認識している。中国の発展を抑止したり、弱めたりする考えはない。アメリカは中国と協力を強め、長期的な関係を発展させたい。双方は対話と協力を通じて、アジア太平洋地域の平和、安定、繁栄を促進していかなければならない」と表しました。

中国は席上、台湾やチベット問題に対する原則と立場、アメリカが約束した問題を適切に処理することの重要性を強調しました。それについてアメリカは「一つの中国の政策を堅持する。チベットは中国の一部であり、中国を分裂させる行為を支持しない」と示しました。

朝鮮半島の核問題について、中国は半島の非核化、平和と安定を堅持し、交渉による問題解決の立場、アメリカによる高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備反対、停止と撤廃の要求を改めて強調しました。

また、南海問題について、中国は「南沙諸島、および付近の海域において揺るぎない主権を持っている。さらに中国は領土主権と海洋権益を保つための措置を取る権利も持っている。アメリカは主権問題の食い違いにおいて立場を持たないという約束を守り、中国の主権、安全、利益を尊重し、また地域諸国の交渉による問題解決の努力を尊重し、地域の平和と安定の維持に建設的な役割を発揮することを望んでいる」と強調しました。

双方は「第1回中米外交・安全保障対話は成果が表れている。今後もこのプラットフォームを生かし、相互信頼を深めて共通認識を拡大し、協力を促し、食い違いを管理して、両国関係の推進により大きな役割を果たしていく」との見解で一致しました。

 
天舟1号、天宮2号を離れ独立運転を開始 印刷
2017年 6月 21日(水曜日) 17:33
今年4月に宇宙実験室「天宮2号」とのドッキングに成功した中国初の無人宇宙貨物船「天舟1号」は、2カ月余りの航行を終え、北京時間の21日9時47分、計画通りに分離して、独立運転の段階に入りました。

「天舟1号」は引き続き空間運用および航空技術分野に関する複数の実験を行っていくほか、時機を見て微小衛星「立方星」を放ちます。その後、再び、「天宮2号」との自動ドッキング実験を行う予定です。

そのほか、「天舟1号」は状況に合わせて追加実験を実施することになっています。

 
クロスボーダー人民元決済システム、上海に設置へ 印刷
2017年 6月 20日(火曜日) 17:59
中国人民銀行の周小川総裁は20日、「2017年陸家嘴フォーラム」で、上海を国際金融センターとして確立するために、クロスボーダー人民元決済システム(CIPS)を近い将来、上海に設置することを明らかにしました。

上海市人民政府、中国人民銀行、中国銀行業監督管理委員会、中国証券監督管理委員会、中国保険監督管理委員会が共催した「2017年陸家嘴フォーラム」がこの日、上海で開かれました。フォーラムのテーマは「グローバルな視野の下での金融改革及び健全な発展」です。

その中で、周総裁は「上海が2020年までに、中国の経済的実力と人民元の国際的地位にふさわしい国際金融の中心地となる目標を実現し、さらに世界有数の金融の中心地としても躍進することに自信を持っている。今後、人民元の国際化及び『一帯一路』構想のさらなる実施のために、金融のさまざまな不安定要素に共同で対応し、良好な経済発展環境を作り出し、上海の国際金融センターとしての地位確立を推進しなければならない」と語りました。

 
2017年GIIが発表 中国のランキング3位上昇 印刷
2017年 6月 19日(月曜日) 18:48

このほど、世界知的所有権機構(WIPO)や米のコーネル大学などが共同で、グローバル・イノベーション・インデックス(GII)2017を発表、中国は2016年の25位から3上昇し22位にランキングされました。

関係筋によりますと、GII2017では、81項目の指標で127の経済国のイノベーション能力と測定可能な成果について評価しています。この81項目は、制度、人材と調査研究、インフラ、マーケットの成熟度、ビジネスの成熟度、知識とテクノロジーのアウトプット、創造的なアウトプットなど7分野に及んでいます。

これについて、WIPOのガリ事務総長は、「知識がますますウエイトを増しているグローバル経済の環境の中で、イノベーションは、経済の上向きトレンドを長期的成長に転じさせる力を持っている」と強調しました。

なお、GII2017によりますと、中国は唯一、先進国とのイノベーション格差を縮小している中レベル収入国であるとされ、7分野の指標のうち、制度、人材と調査研究、インフラ、知識とテクノロジーのアウトプット、創造的アウトプットなどの5分野では、いずれもレベルアップがみられるとのことです。

 
4月対米証券投資、中国の米国債保有は26億ドル増 印刷
2017年 6月 16日(金曜日) 21:55

米財務省が15日に発表した4月の対米証券投資統計によりますと、中国の米国債保有額は3カ月連続で増加し、1兆920億ドルに達したということです。

一方で、日本の米国債保有額は124億ドル減少して1兆1069億ドルとなったものの、米国にとって最大の債権保有国の座は維持しました。

4月末までで、外国が保有する米国債の総額は約6兆737億ドルで、前月の約6兆1023億ドルを下回りました。

中国国家外貨管理局の関係責任者は、「5月には、中国の越境資金流動は持続的に良い動きを見せ、外貨需給もバランスのとれた状態を維持するだろう。国際金融市場では変動が見られ、米ドル以外の相場はいずれも向上し、資産価格が上昇した。これらの要因が、外貨準備高の回復を推進した」と述べました。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 515 ページ