経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
近畿地方
スペインから交流訪問団 熊野古道の魅力学ぶ 印刷
2019年 8月 27日(火曜日) 10:53

ともに世界遺産の巡礼道を有することから、和歌山県と姉妹道提携を結んでいるスペイン・ガリシア州の青少年交流訪問団が22日、田辺市本宮町にある熊野本宮大社や県世界遺産センターを訪れて熊野古道について学ぶなどし、和歌山の魅力に触れたと紀伊民報が報じた。県国際課によると、県とガリシア州では2010年度から青少年交流事業に取り組んでおり、夏にガリシア州から、春には県から訪問団を派遣している。

 
「日本の祭り in なら・かしはら2019」を9月28、29日に開催 印刷
2019年 8月 23日(金曜日) 10:44

「日本の祭り in なら・かしはら2019」(第27回地域伝統芸能全国大会「地域伝統芸能による豊かなまちづくり大会なら・かしはら」)が9月28日、29日、奈良県橿原文化会館をメイン会場に開かれる。全国各地や海外の伝統芸能が集結し、見ごたえのあるパフォーマンスが2日間にわたって繰り広げられる。主催は、地域伝統芸能活用センター、奈良県、橿原市。「はじまりの奈良 文化の力で日本を元気に」をテーマに行われ、地域伝統芸能を活用することで観光および地域商工業振興をはかることを目的としている。

最終更新 2019年 8月 27日(火曜日) 10:44
 
5メートル超の高潮、阪神間で大浸水 兵庫県 印刷
2019年 8月 23日(金曜日) 10:43

兵庫県は1日、阪神地域を対象に、5メートルを超える高潮被害を想定したハザードマップ(高潮浸水想定区域図)を公表した。防潮堤などの水防施設が破壊されれば、海抜ゼロメートル地帯が多い尼崎市の大半が浸水するなど被害は広範囲に及ぶと予測。県は避難先を確認するなど日常的な防災意識の向上を訴えている。マップは、中心気圧910ヘクトパスカルの台風襲来を想定。過去最大とされる昭和9年の室戸台風級の規模で、尼崎市~芦屋市の海岸に波高5.2~5.5メートルという「想定しうる最大規模の高潮」の被災を分析した。

 
500人以上が犠牲となった京橋駅大空襲から74年 駅構内で慰霊祭 大阪市 印刷
2019年 8月 23日(金曜日) 10:42

終戦の前日、8月14日に、大阪の京橋駅周辺で500人以上が命を落とした大空襲から74年を迎え、慰霊祭が行われた。慰霊祭は、例年であれば、慰霊碑があるJR京橋駅前で行われるが、今年は、台風による風の影響で、駅構内の会議室で行われた。74年前の8月14日、当時、京橋駅周辺にあった兵器を製造する砲兵工廠を標的に、アメリカのB29爆撃機が爆弾を投下し、500人以上が犠牲になったとされている。

 
鮮度高い野菜、果物… 直売所「たわわ朝霧」10年で客3倍に 印刷
2019年 8月 22日(木曜日) 10:41

地元でとれた農産物をはじめ、多彩な商品を取りそろえるJA京都の農畜産物直売所「たわわ朝霧」(亀岡市篠町)が、このほど開店10周年を迎えた。初年度(6月~翌3月)15万人だった来店者数は本年度40万人を見込み、店内は連日、市内外からの買い物客でにぎわいをみせている。同店は2009年6月に開店。売り場面積約830平方メートルと府内最大級で、京野菜や果物、米、精肉、卵などの品々が並ぶ。約千人の登録出荷者のうち8割が亀岡市内の生産農家で、鮮度の高い商品を手に入れることができる。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 90 ページ