経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
熊本県
迫力の砂像、浜辺にずらり 14日、天草市で「さざ波フェスタ」 印刷
2019年 7月 17日(水曜日) 17:20

熊本県天草市有明町の四郎ケ浜ビーチで、恒例のサンドアート制作が急ピッチで進んでいる。今年はえびす像など計8基の砂像が並び、14日に開かれる「さざ波フェスタ」がお披露目となる。砂像は約7メートル四方の2基と約4.5メートル四方の6基。えびす像のほか、肉食恐竜、イルカ、ヤドカリ、カバなどテーマはさまざまで、8月中旬まで展示する。

 
クルーズ船拠点、愛称つけて 熊本県が募集 20年春供用、八代港で活用 印刷
2019年 6月 26日(水曜日) 11:01

県は、2020年春に供用を始める八代港のクルーズ船受け入れ拠点の愛称(10字程度)を募集している。県港湾課は「世界に開かれた港をイメージでき、地域のシンボルとして親しみやすいものを期待している」と話している。八代港は国と県、クルーズ船運航会社のロイヤルカリビアン社(米国)が分担してターミナルビルや公園、駐車場、岸壁の整備を進めている。愛称は、クルーズ船の誘致活動や道路の案内表示などで活用する。

 
保護の取り組み奏功、アサリ漁獲復活の兆し 29日から観光潮干狩り 宇土市網田漁協 印刷
2019年 5月 10日(金曜日) 09:37

熊本県宇土市の網田漁協は29日、今シーズンの観光潮干狩りの営業を、同市長浜町の干潟で始める。一帯はかつて絶好の観光潮干狩りスポットとして知られたが、アサリの漁獲量が激減し、20年余り休止。2013年に始めたアサリ保護の取り組みが奏功し、復活の兆しが見え始めている。

 
「透明醤油」創業150年飾るヒット 印刷
2019年 4月 11日(木曜日) 09:32

熊本市北区の調味料製造販売会社、フンドーダイ五葉の「透明醤油」が2月の発売以来、4万本以上売れるヒット商品となっている。創業150年を迎え「後世に残る商品を」と考案。本醸造のしょうゆを独自の精製技術で透明にした。芳醇な香りを残しながら、うま味が増しており、料理の色合いを生かせるという。「九州のしょうゆを全国に広めたい」と昨年12月に発売した甘口しょうゆ「平成」も、スイーツに合うと好評だ。

 
「こども博」16日開幕 荒尾市のグリーンランド 印刷
2019年 3月 18日(月曜日) 17:43

熊本県荒尾市のグリーンランドで15日、「2019こども博」(熊日など主催)のオープニングセレモニーがあり、招待された大勢の園児らが仮面ライダーのショーに歓声を上げた。 「こども博」は16日に開幕し、5月6日までの52日間。人気アニメ「おしりたんてい」の世界観を体験できるアトラクションや、土日祝日や春休み、大型連休を中心に開く「仮面ライダージオウ」のステージなど、多彩な企画を展開する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

1 / 15 ページ