経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福岡県
博多・住吉神社で「大博多輸入雑貨市」 世界のグルメ一堂に 印刷
2016年 10月 18日(火曜日) 09:45

住吉神社(福岡市博多区住吉3)で10月29日・30日、「大博多輸入雑貨市」が開催されると博多経済新聞が報じた。世界20カ国以上の雑貨やグルメを一堂に集めた同イベント。雑貨店「sweet rocket plus」(城南区)などが主催する。今回は、アフリカやヨーロッパ、ロシアやハワイなどの雑貨をそろえる輸入雑貨店が並ぶほか、世界のグルメや30種以上のビールをそろえる世界のビールコーナーなどを設ける。

 
上場機に多角化加速 JR九州・青柳社長「さらに九州を元気に」 印刷
2016年 9月 26日(月曜日) 23:26

JR九州の青柳俊彦社長は16日の記者会見で、同社の上場が承認されたことについて「これまで以上に九州を元気にする企業として、規模感を含め、拡大していきたい」と語った。青柳氏は、上場・完全民営化によって経営の自由度が増すことを念頭に、多角化を加速する方針を示した。特に、マンションなど不動産賃貸を積極展開するという。「安定的な収益を確保する。可能性があれば、海外でも実力を試したい」と述べた。

 
福岡国際会議場で「ふくおか技能フェスティバル~この道ひとすじ博多職人展~」が開催 印刷
2016年 8月 31日(水曜日) 09:24

福岡国際会議場8月26日~28日、「ふくおか技能フェスティバル~この道ひとすじ博多職人展~」が開催されると博多経済新聞が報じた。小学生を対象にものづくり体験を通じて技能に触れ、仕事への関心を持ってもらおうと開く同イベント。会場では、畳や障子、木製パズル、印鑑などを作るものづくり体験コーナー、ワンポイントネイルやマネキンを使ったヘアカットの体験コーナーを設けるほか、職人による作品やパネル展示などを行う。

 
税収3年連続の過去最高 福岡市2841億円、人口増が後押し 印刷
2016年 7月 14日(木曜日) 23:09

福岡市は5日、平成27年度の市税収入が2841億3800万円となり、3年連続で過去最高を更新したと発表した。人口増や景気回復に伴う土地評価額の上昇が税収を押し上げた。同年度の決算見込み額として明らかにした。税収は26年度を20億円上回った。

 
JR九州、九電から新電力へ1000カ所で切り替え 印刷
2016年 6月 23日(木曜日) 10:52

JR九州は15日、在来線の駅舎や運転士が詰める小規模事務所など計3800カ所のうち1千カ所の電力について、九州電力から新電力への切り替えを始めたと明らかにした。電力小売りの全面自由化に対応し、割安な料金を提示した新電力に切り替える。平成28年度中の株式上場を見据え、経費節減につなげる。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 12 ページ