経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
福島県
「大規模蓄電池」稼働 東北電力、再エネ接続枠が増 印刷
2016年 3月 05日(土曜日) 01:59

東北電力は2月26日、南相馬市小高区の南相馬変電所に建設を進めていた大規模蓄電池システムの営業運転を始める福島民友新聞が報じた。これにより東北電は、新たに5万キロワット分の再生可能エネルギーの接続枠を確保する。東京電力福島第1原発事故の避難指示が解除された地域の事業者から太陽光発電による再生エネを優先的に受け入れ、本県の産業復興を後押しする。

 
井山裕太棋聖が先勝 棋聖戦"会津対局"制す、4連覇へ弾み 印刷
2016年 1月 22日(金曜日) 00:09

囲碁界最高峰のタイトル戦、第40期棋聖戦七番勝負の第1局会津対局最終日は15日、会津若松市東山温泉の今昔亭で対局を再開し、井山裕太棋聖(26)が7年ぶりの棋聖位奪還を狙う山下敬吾九段(37)に202手で中押し勝ちした。井山棋聖は4連覇に向けて七番勝負の初戦を飾ったと福島民友新聞が報じた。

 
“東北4県の復興“紹介 16年2月、東京で「復興フォーラム」 印刷
2015年 12月 30日(水曜日) 14:36
本県と岩手、宮城、青森各県、東京都による「東北4県・東日本大震災復興フォーラムin東京」は来年2月10日午後2時から、都内の有楽町朝日ホールで開かれると福島民友新聞が報じた。東北4県でつくる実行委員会の主催、東京都の共催。来年3月11日で震災から5年になることから、首都圏で被災地域の復興状況や取り組みなどの情報を発信し、震災の風化防止、風評払拭、幅広い支援の継続を訴える
 
廃炉作業員、構内環境「良い」74% 東電がアンケート 印刷
2015年 12月 08日(火曜日) 00:34

東京電力は26日、福島第1原発で廃炉作業に当たる全ての作業員(東電社員を除く)に労働環境の実態を尋ねたアンケート結果を発表、構内の作業環境について「良い」「まあ良い」と答えたのは74%で、約1年前の前回調査より9.3ポイント改善したと福島民友新聞が報じた。健康管理対策について同様に答えたのは、前回を11.3ポイント上回る85.2%。除染や地表の舗装が進んだことで構内の放射線量が下がり、全面マスクを身に着けなくてもよい範囲が広がったことが要因とみられる。

 
生産者と消費者が交流 郡山で「美食ツアー」 印刷
2015年 11月 12日(木曜日) 09:46

郡山ブランド野菜協議会の「郡山が贈る秋の美食ツアー」は7、8の両日、福島県郡山市逢瀬町の鈴木農場などで行われ、生産者と消費者が交流を深めたと福島民報が報じた。飲食店や旅行業者などと連携した新しい農業6次化の在り方を探るために企画した。会員の説明を受けながらニンジンやカブ、キャベツなど秋野菜の収穫を体験した。畑のあぜ道に設置されたテーブルで、市内のイタリア料理店ラ・ギアンダの加藤智樹シェフが採れたて野菜を材料に腕を振るったラザニアやスープなどを味わった

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 11 ページ