経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長崎県
崎山中 チャンココ全国披露へ 「五島の伝統伝える」 印刷
2018年 8月 22日(水曜日) 09:28

長崎県五島市立崎山中1~3年の男子生徒が今月下旬、二つの全国舞台で、同市上崎山地区に伝わる郷土芸能「チャンココ」を披露する。歴代の同校生徒が、四半世紀にわたり受け継いできた。間近に迫った本番に向け、練習に力が入っている。チャンココは盆に先祖を供養するため、五島に古くから伝わる念仏踊り。「チャン」はかね、「ココ」は太鼓の音にそれぞれ由来するとされ、花がさや腰みのを身に着けた男性が墓や各家庭を回って踊る。

 
国境越え海洋ごみ対策を 長崎県離島4市町と韓国 高校生が意見交換 印刷
2018年 7月 30日(月曜日) 17:52

長崎県の離島や韓国の高校生らが海洋ごみ問題について意見を交わす「海ごみ交流事業」が14、15両日、五島市内であった。「海ごみ問題について会員制交流サイト(SNS)で情報発信する」「教育を徹底する」など、個人や高校で今後取り組む方針をまとめた宣言文を採択した。日韓共通の問題である漂着ごみや環境汚染についての認識を深め、解決策を話し合おうと県が開催。五島、壱岐、対馬、新上五島4市町の高校生約70人と釜山市の生徒約20人など、計約100人が参加した。

 
五島で国際トライアスロン 986人が限界に挑戦 印刷
2018年 7月 09日(月曜日) 15:53

「五島長崎国際トライアスロン大会 バラモンキング」(実行委員会など主催)が17日、五島市で開かれた。“鉄人”たちが水泳、自転車、マラソンの順で体力の限界に挑んだ。 大会は8回目。富江緑地公園をスタートし、五島港公園をゴールとするコースで行われた。総距離226.2キロと同147.1キロの部門に3カ国から986人が出場。同市はこの日、27.9度と今年の最高気温を記録。

 
長崎市の観光客 初めて700万人突破 過去最高を記録 印刷
2018年 6月 14日(木曜日) 22:25

長崎市のまとめによると去年1年間の観光客数は707万人あまりで、おととしに比べ5.3%、およそ35万人増加した。主な要因は海外からの観光客を乗せたクルーズ船の寄港が大幅に増えたためで、367隻と前の年より70隻も増加し、船の乗員・乗客だけで100万人を超えた。また、観光客による消費額も1458億円とおととしより1割以上も増加。これに伴う経済波及効果は2237億と推計されていて、いずれも過去最高を更新した。

 
長崎市にスコットランド、島原市にはトンガ代表 ラグビーW杯公認キャンプ地内定 印刷
2018年 4月 29日(日曜日) 14:33

長崎県は20日、ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で、参加チームが大会期間中に滞在する「公認キャンプ」地に、県と長崎、島原両市が内定したと発表した。長崎市はスコットランド代表、島原市はトンガ代表が訪れる。ともに強豪だけにファンの来訪など地域活性化につながりそうだ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 13 ページ