経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
長崎県
対馬100キロ自転車で縦断 11月初の開催 今月中旬から参加者募集 印刷
2017年 9月 07日(木曜日) 00:12
長崎県対馬市の比田勝尚喜市長は8月31日の定例記者会見で、対馬の南北約100キロを自転車で縦断する「国境サイクリングIN対馬」を11月19日に初開催すると発表した。9月中旬からウェブ上で参加者を募る予定。対馬は起伏に富んだ地形で、山海の絶景が楽しめることから近年、特に韓国人観光客に人気のサイクリングスポットとなっている。
 
海辺?に10万本のヒマワリ 五島市 印刷
2017年 8月 16日(水曜日) 13:25

長崎県五島市の魚津ヶ崎公園で10万本のヒマワリが咲き、訪れる観光客の目を楽しませている。ヒマワリ越しに海の風景が見えるため、まるで海辺に咲いているかのような錯覚に陥る。同公園は秋に咲くコスモスが有名だが、14万粒の種をまいた今年は開花したヒマワリの出来栄えが非常に良く、今年初めて実施した夜間のライトアップも話題に。展望スポットからは、海だけでなく、島や行きかう船、山も眺められる。

 
普賢岳災害の「恩返し」 福岡・朝倉に南島原市がボランティアバス 印刷
2017年 7月 24日(月曜日) 19:04
南島原市と市社会福祉協議会は15日、同市民らを対象にした九州豪雨被災地支援の日帰りボランティアバスを運行した。応募した約20人が福岡県朝倉市で民家の泥出し作業などに汗を流した。同バスは、雲仙・普賢岳噴火災害時に全国から受けた支援に対する恩返しも込めて、17日まで3日間、日帰りで運行。参加者は朝倉市内で被災者の支援活動をする。3日間とも参加者は定員の約20人に達している。
 
佐世保物産振興協会が特産品販売サイト開設 地元72社が350点以上出品 印刷
2017年 6月 29日(木曜日) 14:15
佐世保物産振興協会は21日、市の特産品350点以上を販売するインターネットサイト「佐世保ふるさと市場“サセボーノ!“」をオープンしたと長崎新聞が報じた。市がふるさと納税の寄付者に贈る海産物などの人気が高く、返礼品以外でも求める声が多いことから、手軽に購入してもらおうと開設した。市内72社が出品。九十九島岩カキや干物、長崎和牛、長崎ヒノヒカリ米、三川内焼といった商品をそろえている。
 
光の幻想 きょう開幕 チームラボ「大村の神社に浮遊する球体」 印刷
2017年 6月 08日(木曜日) 13:15
長崎新聞によればデジタルアート集団、チームラボ(東京)による光のイベント「大村の神社に浮遊する球体、呼応する城跡と森」(大村市主催、長崎新聞社など共催)の先行内覧会が2日夜、同市玖島1丁目の大村神社一帯であり、市民ら約240人が幻想的なアート空間を楽しんだ。チームラボはプログラマーや数学者ら専門家で構成し、同市のキャッチフレーズ「花と歴史と技術のまち」をコンセプトに演出。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 11 ページ