経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
37年の人口40万人に 高崎市、緊急創生プラン案 群馬 印刷
2016年 2月 13日(土曜日) 00:52

高崎市は4日開いた市議会の子育て支援・人口減少対策特別委員会で、平成37年の人口は40万人を目指すとする緊急創生プラン案を提示したと産経新聞が報じた。同プラン案の「人口の将来展望」では、直接性のある施策を効果的に実施することで合計特殊出生率が1.6に達し、東京圏を中心とした他の地域から同市に定住する人口が増加した場合、37年の人口は40万人を展望できるとしている。

 
スキーバス転落 救急隊、要請の2倍派遣 4人を群馬県内3施設に搬送 印刷
2016年 1月 22日(金曜日) 23:38

死者14人、意識不明を含む27人が負傷する大惨事となった長野県軽井沢町のスキーバス転落事故。15日未明に発生、現場が群馬県境に近い国道18号碓氷バイパスの入山峠とあって、県内でも午前2時過ぎから消防や医療関係者らが救急活動を繰り広げたと産経新聞が報じた。重軽傷者らを収容した9医療機関のうち県内では3施設に4人の重傷者が搬送され、懸命の治療が施された

 
富岡製糸場動力源レプリカ、作動試験一発クリア 蒸気機関よみがえる 印刷
2015年 12月 30日(水曜日) 14:49
開業時の富岡製糸場の動力源だった蒸気機関「ブリュナエンジン」が17日、よみがえったと産経新聞が報じた。実物大レプリカの復元に取り組んできた富岡商工会議所の「ブリュナエンジン製作委員会」が行った蒸気を使っての作動試験を一発でクリアした。立ち会った富岡市の岩井賢太郎市長は「市にはこのエンジンを製糸場内に展示する責任がある。今後は動態展示でも活用する」と話した。
 
SL夜汽車初運行 高崎-横川で冬の臨時列車 印刷
2015年 12月 08日(火曜日) 00:39

JR東日本高崎支社は、冬の臨時列車(1日~平成28年2月29日)の管内の概要を発表。上越新幹線が前年比47%増の929本、北陸新幹線が同125%増の1013本、在来の特急列車が同69%増の61本、在来の普通列車が同2%増の98本となっている。根強い人気のSL(蒸気機関車)は上越線で8本、信越線で14本を走らせる。1月16日には信越線・高崎-横川間で夜汽車の「DL・SL YOGISHA碓氷」を冬の臨時列車としては初めて運行。

 
前橋で極真空手の世界選手権 来年11月、60カ国の選手500人が集結 印刷
2015年 11月 13日(金曜日) 00:00

極真空手の第5回世界選手権が来年11月26、27の両日、前橋市民体育館で実施されることになったと産経新聞が報じた。前橋市が9日発表したもので、10月の国際会議で同市での開催が決まった。大会の正式名称は、第5回I.K.O MATSUSHIMAオープントーナメント「全世界極真空手道選手権大会・全世界ウエイト制女子極真空手道選手権大会」。日本で4年に1回行われている大会で、前橋市での開催は初めて。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 14 ページ