経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
群馬県
群馬の観光企画、今夏2120万人目標 県やJR東 印刷
2018年 5月 31日(木曜日) 22:38

群馬県やJR東日本高崎支社などで構成する「ググっとぐんま観光宣伝推進協議会」(会長・大沢正明知事)は18日、7~9月に開催する「ググっとぐんま観光キャンペーン」の概要を発表した。群馬の観光資源である「水と山」のほか、富岡製糸場(富岡市)などに代表される「歴史」がテーマ。前年同期から約103万人増となる2120万人の誘客を目指す。

 
古墳アプリ 群馬県が制作 お薦めの周遊コースなど掲載 印刷
2018年 5月 10日(木曜日) 09:46

「東日本随一の古墳大国」をPRしようと、群馬県はスマートフォン用無料アプリ「ぐんま古墳探訪」を制作した。先月末から、県内の古墳・遺跡の情報やお薦めの周遊コースを掲載している。県によると、県内の古墳は1万3249基あり、東日本で2番目に多い。東日本最大の前方後円墳「天神山古墳」(太田市)など大型古墳の数は東日本最多で、気楽に古墳巡りを楽しんでもらおうと企画した。

 
こいぼり4300匹、夜の川で照らされて 館林 印刷
2018年 4月 13日(金曜日) 19:12

端午の節句を前に、群馬県館林市で「こいのぼりの里まつり」が開かれている。中心部の鶴生田川では5日夜、長さ2.5キロにわたって並んだこいのぼりがライトアップされ、ときおり吹く東寄りの風を受けて泳いでいた。市観光協会によると、市内5会場で計4300匹が用意された。家庭で使われなくなったこいのぼりを再利用しているという。5月6日まで、入場無料。

 
ドローン 群馬県が飛行練習場を提供! 水質浄化センター2カ所で4月から利用可能 印刷
2018年 3月 21日(水曜日) 22:41

群馬県は、建設業者や測量業者がドローンの飛行技術を練習する場所を提供する。伊勢崎市の平塚水質浄化センターと千代田町の西邑楽水質浄化センターの2カ所。15日から予約を受け付け、4月1日から利用可能となる。公共事業で必要な航空写真や動画撮影、緊急時の状況調査にドローンを活用する機会が増え、県でもICT活用のモデル工事を発注しているほか、今後も社会資本の維持管理などで利活用が見込まれている。

 
群馬、県産品を海外でPR 伊・東南アなどで 印刷
2018年 2月 27日(火曜日) 18:20

群馬県は牛肉やこんにゃくといった県産品を海外の展示会に出展し、販路開拓を進める。3月にイタリアで開催される食品関連の国際会議にブースを出展。世界の一流シェフに向け、ブランド牛などの料理提案や試食会をする。東南アジアの百貨店ではやまといもなどの野菜を販売。認知度を高め、輸出増を目指す。イタリアのミラノで開かれる国際会議「イデンティタ・ミラノ2018」に、日本の自治体として初めてブースを出展する。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 14 ページ