経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
島根県
島根・出雲市と愛知・小牧市、空路が縁で災害協定 印刷
2016年 5月 03日(火曜日) 17:00

島根県出雲市は4月28日、愛知県小牧市と「災害時の相互応援に関する協定」を締結した。両市を結ぶ空路が縁で、話がまとまった。出雲市が他自治体と防災協定を締結したのは、長崎県諫早市などに続いて6例目。小牧市は名古屋市から15キロ北にある人口約15万3千人の都市。昨年3月、出雲縁結び空港-名古屋小牧空港間の路線が10年ぶりに復活したのを機に協定締結の話が浮上。

 
日本三大船神事・ホーランエンヤ、松江城天守前で櫂伝馬踊り披露 印刷
2016年 4月 08日(金曜日) 09:59

水都・松江の船祭り「ホーランエンヤ」のハイライト「櫂伝馬踊り」が3月26日、松江市中心部の松江城周辺で披露され、詰めかけた観光客や住民らを魅了した。長い歴史の中で初めて松江城本丸内でも踊られ、天守の国宝指定に花を添えた。ホーランエンヤは、松江城山稲荷神社の式年神幸祭の通称。

 
広がる山陰の空の道 夏ダイヤで米子-東京7便化 印刷
2016年 3月 17日(木曜日) 00:12

山陰地方の空の道が、27日の夏ダイヤから広がる。観光地として山陰の認知度が高まり、東京など大都市圏と結ぶ輸送需要が高まっているのが背景で、地元は交流人口拡大に期待する。鳥取県の米子空港(境港市)では、全日本空輸の東京線が1日当たり1便増えて6便になる。さらに、3月27日~5月31日、10月1~29日は7便化される。県のまとめでは、平成27年4月~28年1月、東京線は72.5%の高い搭乗率を記録。

 
ワカメ豊作祈る 出雲で「和布刈神事」 印刷
2016年 2月 24日(水曜日) 22:43

島根・出雲地方にワカメ漁の幕開けを告げる「和布刈神事」が12日、島根県出雲市大社町の宇竜港で営まれ、漁業者がワカメの豊作と海の安全を祈ったと産経新聞が報じた。ウミネコがくわえてきた海藻が神社の欄干で乾いてワカメになった-という故事にちなむ神事。神職が箱めがねで海底をのぞきながら、長い鎌でワカメを刈り取って島内の熊野神社に奉納した。

 
奥出云「日刀保冶炼」 今年冬天也开业 印刷
2016年 2月 03日(水曜日) 00:31

据产经新闻报道,岛根县奥出云町的日刀保冶炼开始了今年的打铁业务。这里的技法很独特。工匠连续3昼夜交互加入铁砂和木炭。2月上旬将进行3次精加工,大造出日本刀原料来。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

8 / 12 ページ