経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
島根県
松江で諸手船神事 豪快に海水かけ合う 印刷
2016年 12月 21日(水曜日) 00:26
「国譲り神話」にちなんだ伝統行事「諸手船神事」が3日、松江市美保関町の美保関漁港などで行われた。2艘の和船に乗り込んだ漕ぎ手らが港内を競って進み、豪快に海水をかけ合った。美保神社の祭神としてまつられている事代主神が、父神の大国主神から国譲りについての相談を受けた様子を儀式化。合わせて、今季の五穀の豊作と豊漁などに感謝して営まれている祭り。
 
松江城「塩札」市指定文化財に 塩生産・流通の一端解明 印刷
2016年 11月 29日(火曜日) 22:58

江戸時代の松江城で使用されていた「塩札」と呼ばれる木製の札について、松江市文化財保護審議会は24日、市文化財に指定するよう市教委に答申した。江戸時代後期、天守内での籠城などに備えた塩の備蓄状況や、松江藩内の塩生産・流通の一端を明らかにする貴重な資料だと評価された。「塩札(松江城天守出土)」として市文化財指定を答申された木札は、昭和20年代の松江城天守解体修理工事の際に地階からみつかった木製品40点。

 
隠岐に「味覚の秋」到来 アケビ科の植物「ムベ」が食べ頃 印刷
2016年 11月 07日(月曜日) 00:42

島前3島の一つ、中ノ島(海士町)の山林に現在、「味覚の秋」が到来し、アケビ科の植物「ムベ」の実が旬を迎えていると隠岐経済が報じた。隠岐エリアでは「フユビ」とも呼ばれ、古くから親しまれている「ムベ」。アケビのように熟しても自然に割れることはないが、皮が黒みを帯びて手で割れるほど柔らかくなった完熟の時が食べ頃。

 
西条柿出货开始 出云 平田 印刷
2016年 10月 14日(金曜日) 00:31

岛根县特产西条柿出货的时节到了。 JA平田柿选择场(出云市上冈田町)10月4日举行了出货仪式。约10吨向关西和山阳出货。10月中下旬迎来高峰。今年春的霜降遭受的灾害有限,雨量也适度。因此,比过去10年间再次迎来高糖度和硬度。岛根县整体预计出货570吨。加工品的干柿子预计出货50吨。

 
寺院数の最多は「福井県」、神社数では島根県がトップに NTTタウンページ 印刷
2016年 9月 17日(土曜日) 12:50

NTTタウンページが職業別電話帳データをもとにまとめた「都道府県別・寺院ランキング」によると、人口に対して寺院が最も多いのは福井県で、人口約10万人あたり162.78件。次いで島根県(132.14件)、富山県(125.42件)の順となった。一方、神社が最も多いのは島根県で、福井県は12位。福井県をはじめ、富山県、新潟県などは浄土真宗の布教拠点となった関係で日本海には寺院が集中。出雲大社のある島根県には寺院と神社の両方が多いことがわかった。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 12 ページ