経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
島根県
島津製作所が島根に工場新棟 医療機器の生産能力増強へ 印刷
2018年 4月 02日(月曜日) 19:51

島津製作所は29日、エックス線撮影システムなどの医療機器を製造する島根県出雲市の工場に新棟を新設し、生産能力を約5割増強すると発表した。7月に着工し、平成2019年4月に稼働する。北米やアジアなど海外での需要拡大に対応する。3階建てで延べ床面積約6300平方メートルとなる予定で、投資額は約17億4千万円。これまで京都市の本社工場で行っていた設計や試作を新棟で進め、開発スピード向上やコスト削減も図る。

 
JR西、観光列車「あめつち」7月デビュー 伝統工芸で車内彩る 印刷
2018年 3月 09日(金曜日) 09:34

JR西日本米子支社は2月28日、山陰地方を巡る観光列車「あめつち」を7月1日に運行開始すると発表した。鳥取駅(鳥取市)~出雲市駅(島根県出雲市)間を往復し、日本海や大山、宍道湖、斐伊川などの景色を徐行運転で楽しめるという。あめつちはデビュー以降、土~月曜日を中心に年間150日程度運行する予定。運賃は、大人1人当たり970円~4540円。

 
平昌五輪に鳥取からチャーター便 印刷
2018年 2月 14日(水曜日) 23:08

平昌オリンピックの開催に合わせ9日、鳥取空港から韓国の襄陽国際空港に向けチャーター便が出発した。9日鳥取空港に姿を現したチャーター便。平昌オリンピックの開催に合わせ鳥取県などが企画したもので、韓国の襄陽国際空港に向かう。このチャーター機には、平昌と友好交流を続けている鳥取県若桜町の交流団や鳥取県が派遣する文化公演団「桜道里」のメンバーが搭乗し、出発前に記念撮影なども行われた。

 
古墳時代の金銀装飾大刀、一堂に 松江・風土記の丘で権威の象徴30点展示 印刷
2018年 1月 23日(火曜日) 20:21
金銀の装飾が施された古墳時代(3~6世紀頃)の大刀を集めた企画展が、松江市の島根県立八雲立つ風土記の丘・展示学習館で開かれている。2月25日まで。豪族の権威の象徴とされる大刀の魅力を知ってもらおうと、出雲地方で出土したさまざまなタイプのものを中心に、全国各地の代表的な大刀のレプリカも含めて約30点を並べている。
 
小学校にコウノトリ巣塔設置 飛来が相次ぐ島根・雲南 印刷
2017年 12月 27日(水曜日) 10:36

コウノトリ(国特別天然記念物)の飛来が相次いでいる島根県雲南市で、コウノトリのための人工巣塔が、市立西小学校の校庭にお目見えした。コウノトリが住める地域づくりのサポートに取り組んでいる同校児童らは巣塔の設置を機に、さらなる活動を展開することにしている。人工巣塔は、高さ約12メートルで上部に円形の巣台が付いている。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 13 ページ