経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home ニュース TOHO-Daily
TOHO-NEWS
日ロ首脳、共同経済活動で行程表 10月に調査団―プーチン氏、領土「解決模索」 印刷
2018年 9月 13日(木曜日) 19:28

安倍晋三首相は10日夜、訪問先のロシア・ウラジオストクでプーチン大統領と約2時間半会談した。北方四島での共同経済活動をめぐり優先的に取り組む5項目について、具体的な内容や進め方を示した「ロードマップ」を承認。詰めの作業を行うため、10月初めに官民調査団を現地に派遣することも決めた。5項目は海産物養殖、温室野菜栽培、観光、風力発電、ごみ減量対策。

 
小さな石鹸から見えた、中露協力の潜在性:東方経済フォーラム 印刷
2018年 9月 12日(水曜日) 19:37

「ウラジオストクのホテルにあった小さな石鹸からも、中国とロシアの経済貿易協力の大きな潜在力を感じた」

12日午前、ロシアのウラジオストクで開催された東方経済フォーラム・メディアフォーラムにおける、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)慎海雄代表のこの発言がフォーラム参加者たちの討論に熱を注ぎました。

慎代表は、滞在先のホテルに備え付けられていた石鹸やボディーソープが、フランスやポーランドなど、いずれもウラジオストクから約1万キロも離れたヨーロッパからの輸入品であったことを指摘したうえで、「たった200キロしか離れていない中国にも、高品質な製品がある」と示しました。

これを受けて、ロシアの通信社「ロシア・トゥデイ」のドミトリー・ キセリョフ社長は、「ロシアは歴史上、ヨーロッパにばかり目を向けていた。我々は、東方に目を向けるべきだ」と述べました。

慎代表はまた、「石鹸の話はあくまで一例だが」と前置きし、「ロシアは極東地域への石鹸の供給手段として、中国から輸入することもできるし、中露の合弁企業で生産することもできる。大切なのは、人々の生活レベルを向上させること」と示しました。

さらに、「中国は新しい時代に入った。人々の美しい生活への憧れを現実に変えていくのが、今の努力目標だ。ロシア新政権は、経済の発展に励んでいる。双方の経済の補完性は大きく、協力の範囲は広い。双方のメディアは対等な情報発信や互恵共栄の環境作りにさらに力を入れていくべきだ」と述べました。

慎代表の発言を受けて、フォーラムの主宰側であるロシアの国際ディスカッション・クラブ「ヴァルダイ」の発展基金で代表を務めるフョードル・ルキヤノフ氏は、「中国の同業者のアドバイスにまったく賛成だ」とし、来年再びこの会議で再会する時に、中国産の石鹸が使われていることを期待すると述べました。

最終更新 2018年 9月 12日(水曜日) 19:38
 
火山灰の斜面、地震で揺さぶられ一気に崩壊か 印刷
2018年 9月 12日(水曜日) 19:23

北海道厚真町で起きた大規模な土砂崩れは、崩れやすい火山灰の斜面が、短い周期の強い地震で揺さぶられて起きた可能性があることが、研究者の分析で分かった。今後の雨でさらに地盤が緩み、被害が拡大する恐れがあり、気象庁は前兆現象に注意するよう呼びかけている。砂防学会北海道支部長を務める北海道大の小山内信智特任教授らのチームは7日に現地調査し、「表面に積もった火山灰や軽石が強い揺れで一気に崩れた」と分析した。

 
大坂、日本人初の4大大会制覇 苛立ちラケット壊したセリーナにストレート完勝 印刷
2018年 9月 12日(水曜日) 19:22

テニスの全米オープンは8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ(20=日清食品)が元世界1位で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36=米国)と対戦。6-2、6-4のストレート勝ちを収め、日本選手として初の4大大会制覇を果たした。14年以来4年ぶり7度目の優勝を狙うセリーナとは今年3月のマイアミ・オープンで対戦し、ストレート勝ちを収めている大坂。第1セット第3ゲームで先にブレークに成功すると、第5ゲームでもブレークに成功。

 
関空、国際線も一部再開 LCCなど、徐々に増便へ 台風21号 印刷
2018年 9月 11日(火曜日) 11:24

台風21号の影響で閉鎖した関西国際空港で8日、国際線の運航が再開された。同日は格安航空会社(LCC)を中心に国際貨物を含め十数便が運航。台風前より大幅に少ないが、徐々に増便し完全復旧を目指す。関空の国際線については、本格復旧まで伊丹空港や神戸空港で一部を代替する方向で調整が進められている。国内線については同日、一部が伊丹空港に移管された。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

10 / 881 ページ