経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home ニュース TOHO-Daily
TOHO-NEWS
大阪でのG20首脳会議、19年6月28─29日に開催 菅官房長官 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:04

菅義偉官房長官は2日の記者会見で、2019年に日本が議長国を務める20カ国・地域(G20)首脳会議について、同年6月28─29日に大阪で開催すると発表した。併せて、財務相・中央銀行総裁会議を福岡市、外相会議を愛知県で開くことなど8閣僚会議の開催場所も明らかにした。

 
ふるさと納税の返礼品 地場産品にするよう通知へ 印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:35

返礼品を地場産品にするよう通知する。野田総務相は「(ふるさと納税の)返礼品を送る場合には、地場産品とすることが適切であることから、良識ある対応をあわせてお願いしている」と述べた。野田総務相は、閣議後の会見で、「ふるさと納税の趣旨に反するような返礼品が送られているケースが見受けられる」などとして、4月1日付で全国の自治体に通知を発出することを明らかにした。

 
30年代に全都道府県で人口減 65歳以上、秋田は45年に半数 厚労省推計 印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:35

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、2045年までの日本の地域別将来推計人口を発表した。一部都県は15年以降も人口が増え、東京や沖縄では30年にピークを迎えるが、同年より後は全ての都道府県で減少に転じる。45年時点では、東京を除く46道府県で15年人口を下回る計算だ。ただ、近年出生率が改善したため、全都道府県で人口が減少する時期は、前回推計(13年)では20年ごろとしていたが、今回は10年ほど遅くなった。

 
震度6強で倒壊の危険、都内251棟 ニュー新橋ビルも 印刷
2018年 4月 02日(月曜日) 19:53

1981年の法改正前の旧耐震基準で建てられた東京都内の大規模な商業ビルやマンションなどの計852棟について耐震診断をしたところ、約2割が震度6強以上の地震で倒壊・崩壊の危険性が高いことが都のまとめで明らかになった。危険性が「ある」を合わせると、全体の3割に上り、巨大地震に向けた対策が急務となっている。2013年施行の改正耐震改修促進法は、対象の建物所有者に耐震診断と自治体への報告を、自治体には報告内容の公表を義務づけている。

 
玄海原発 蒸気漏れ 営業運転移行スケジュールに影響 印刷
2018年 4月 02日(月曜日) 19:53
九州電力は31日朝、再稼働したばかりの玄海原発3号機の発電と送電を停止した。前夜に原子炉外の2次系配管から微量の蒸気漏れが確認されたのを受けた措置。配管の熱が下がるのを待ったうえで、4月1日から点検を始める。3号機は3月23日に九電で最長となる約7年3カ月の長期停止を経て再稼働し、25日に発電と送電を開始。30日には出力75%に達していたが、31日午前1時から段階的に出力を下げ、同6時過ぎに発送電を停止した。
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 835 ページ