経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home ニュース TOHO-Daily
TOHO-NEWS
自衛隊→民間機、パイロット再就職容易に 不足補う狙い 印刷
2018年 6月 28日(木曜日) 09:33

格安航空会社(LCC)の急伸や外国人観光客の急増でパイロットが不足している航空業界。国土交通省は対応策として、自衛隊の元パイロットが民間に再就職しやすくなるよう制度を改めることを決めた。一定の飛行経験者は、実機訓練を省略して民間機で乗務できるようにする。近く規定を改める方針だ。民間航空会社のパイロットは60歳代後半まで乗務できるが、自衛隊のパイロットの多くは50代半ばに定年を迎える。民間に再就職すればさらに10年ほど活躍できるため、再就職を促して民間のパイロット不足を補う狙いだ。

 
大阪震度6弱 大阪モノレール再開 鉄道網すべて復旧 印刷
2018年 6月 28日(木曜日) 09:32

大阪モノレールは23日の始発から本線南茨木-門真市間の運行を再開し、全線で復旧した。18日朝に大阪府北部を襲った地震で一時は全線不通となった京阪神地域の鉄道網は、発生5日後にして全てが再開した。運行する大阪高速鉄道によると、地震発生時は朝のラッシュ時間で最多の18本が運行中。緊急停車した18本は最寄り駅まで徐行するなどして乗客を降ろして待機した。

 
大阪震度6弱 ボランティア続々 東日本大震災経験者も 印刷
2018年 6月 26日(火曜日) 17:50

大阪府北部で震度6弱を観測した地震の被災地は23日、発生後初めての週末を迎えた。府内で被害が大きかった高槻市や茨木市などでは、復旧へ向けボランティアの受け入れが活発化した。中には東日本大震災を経験し、「今度は支える側に」と恩返しの気持ちを込めて参加する人も。まだ余震の不安が残る被災地で、支援の輪が広がっている。

 
クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で 印刷
2018年 6月 26日(火曜日) 17:50

22日午前6時15分ごろ、東京湾の東京ゲートブリッジ付近を航行中の船から、長さ約15メートルのクジラを目撃したと118番があった。東京海上保安部が巡視船で付近をパトロールしたが発見できておらず、近くを通る船に注意を呼び掛けている。東京海保によると、18日朝にも、東京湾に面する葛西海浜公園沖を航行中の漁船から「クジラが潮を吹いている」との通報があった。

 
大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大 印刷
2018年 6月 25日(月曜日) 19:41

18日の地震で強い揺れに襲われた大阪大超高圧電子顕微鏡センター(大阪府茨木市)では、1台約23億円する電子顕微鏡2台が損傷し、復旧に1年以上かかる見通しだ。人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った世界初の心臓病治療を目指す阪大の研究も遅れが心配されるなど、世界トップクラスの研究が停滞する懸念が出ている。同センターには、世界最高電圧で厚い試料でも観察できる「300万ボルト超高圧電子顕微鏡」(高さ17メートル)と、原子一つ一つの動きを1秒間に1600回撮影できる「物質・生命科学超高圧電子顕微鏡」(同12メートル)の2台がある。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 857 ページ