経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

地域情報特集

バナー
山梨県は東京から電車・車いずれでも2時間以内で到着する。山梨の魅力といえば、 なんといっても雄大な富士山。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
Home ニュース TOHO-Daily
TOHO-NEWS
2020年東京五輪 警備14社でJV 100社超参加見通し 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 18:13

2020年東京五輪・パラリンピックの会場警備をめぐり、セコムと綜合警備保障(SLSOK)を中心に結成準備が進められてきた共同企業体(JV)が首都圏の同業者14社で正式に設立され、最終的に全国の100社超が参加する見通しであることが2日、関係者への取材で分かったと各紙が報じた。警備業界でしのぎを削るライバル関係のセコムとALSOKが協働し、同業者に協力要請するのは極めて異例。

 
避難所の需給、一目で 支援物資情報を自動集約 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:04

政府は、大規模地震などの発生に備え、被災した市町村や避難所と支援物資に関する需給情報を自動的に集約・共有できるシステムを開発する方針を固めた。現場が必要とする支援物資の状況を国が把握することで、被災地へ迅速に無駄なく届ける狙いがある。2018年度中にも新システムの運用を始めたい考えだ。政府が被災地のニーズを把握するシステムは現在、都道府県との間で構築されている。しかし、市町村が各避難所の情報をまとめるまで都道府県が待つ必要があるほか、必要な支援物資の書き込み方が統一されていなかったため、「政府が品目や数量を把握するまでに手間取ることが少なくなかった」(内閣府)という。

 
大阪でのG20首脳会議、19年6月28─29日に開催 菅官房長官 印刷
2018年 4月 05日(木曜日) 10:04

菅義偉官房長官は2日の記者会見で、2019年に日本が議長国を務める20カ国・地域(G20)首脳会議について、同年6月28─29日に大阪で開催すると発表した。併せて、財務相・中央銀行総裁会議を福岡市、外相会議を愛知県で開くことなど8閣僚会議の開催場所も明らかにした。

 
ふるさと納税の返礼品 地場産品にするよう通知へ 印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:35

返礼品を地場産品にするよう通知する。野田総務相は「(ふるさと納税の)返礼品を送る場合には、地場産品とすることが適切であることから、良識ある対応をあわせてお願いしている」と述べた。野田総務相は、閣議後の会見で、「ふるさと納税の趣旨に反するような返礼品が送られているケースが見受けられる」などとして、4月1日付で全国の自治体に通知を発出することを明らかにした。

 
30年代に全都道府県で人口減 65歳以上、秋田は45年に半数 厚労省推計 印刷
2018年 4月 04日(水曜日) 09:35

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、2045年までの日本の地域別将来推計人口を発表した。一部都県は15年以降も人口が増え、東京や沖縄では30年にピークを迎えるが、同年より後は全ての都道府県で減少に転じる。45年時点では、東京を除く46道府県で15年人口を下回る計算だ。ただ、近年出生率が改善したため、全都道府県で人口が減少する時期は、前回推計(13年)では20年ごろとしていたが、今回は10年ほど遅くなった。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

5 / 834 ページ