経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
京都府
清水寺で千日詣り始まる 京都、本堂内々陣の特別拝観も 印刷
2018年 8月 15日(水曜日) 09:34

1日の参拝で千日分の御利益があるとされる「千日詣り」が9日、京都市東山区の清水寺で始まった。本堂内々陣の特別拝観もあり、本尊・千手観音の厨子の前に供えられたろうそくの炎が、暗がりの中で仏像を照らし出した。秘仏の本尊の前では参拝者が「家内安全」や「良縁成就」などと書き、ろうそくを供えた。本尊と縁を結ぶ五色の綱もあり、参拝者は綱を手にしながら合掌し、願いがかなうよう祈っていた。

 
村田製作所のロボット「チア部」 京都府の観光大使に委嘱 印刷
2018年 7月 24日(火曜日) 10:17

電子部品大手、村田製作所(長岡京市)のロボット10体でつくる「チアリーディング部」が19日、府の文化観光応援大使を委嘱され、府庁で踊りを披露した。今回が50番目の大使となるが、ロボットは初めて。同社によると、ロボットはそれぞれ高さ36センチ、重量約2キロで、センサー技術によりボールの上で倒れず、他のロボットとぶつからない仕掛けがある。今後、西陣織や丹後ちりめんの和装姿で、京都の魅力を国内外にPRする。

 
京都大が事業子会社設立、国立大で初 コンサルや研修など展開 印刷
2018年 6月 07日(木曜日) 19:03

京都大は1日、コンサルティングや研修・講習などを行う全額出資の子会社「京大オリジナル」(京都市左京区)を設立した。京大によると、こうした事業を行う子会社の設立は国立大では初めてという。京大が昨年6月に指定国立大学法人となり、大学が行える事業の規制が緩和されたことを受けての取り組み。新会社は吉田キャンパス(同区)に本社を置き、東京にも拠点を設けた。代表者には京大で研究支援を担当する職員が就いた。

 
鬼の絵入り御朱印を授与 大江山の鬼嶽稲荷神社 印刷
2018年 5月 17日(木曜日) 15:54

鬼伝説の山・大江山の八合目付近にある京都府福知山市大江町北原の鬼嶽稲荷神社が、御朱印の授与を始めた。このところ、若い人たちの間で御朱印集めがブームになっていることから、神社を管理する北原自治会が、多くの人たちに参拝してもらおうと、授与することにした。鬼嶽稲荷神社は、もともと大江山の山頂に近い場所にあったという。江戸時代に伏見稲荷神社から分祀されたと言われ、大江山の守り本尊として信仰を集めている。

 
舞鶴港 貨物量が過去最高 韓国航路、利便性向上で 昨年 印刷
2018年 4月 21日(土曜日) 12:15

京都府は、舞鶴港で昨年1年間に取り扱った貨物の量をまとめた。コンテナが1万3402TEU(20フィートコンテナ換算での量)と過去最高にのぼり、貨物量全体も1161万1000トンと、8年連続で1000万トンを超えた。韓国とのコンテナ航路で、船会社2社による共同配船が始まったことで利便性が高まり、扱いの増加につながったと府港湾局はみている。府経済交流課と港湾局によると、対前年比で貨物量全体は7.3%、コンテナ取扱量は16.6%伸びた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 13 ページ