経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
京都府
中国武術や合気道など奉納 京都の神社で「演武会」 印刷
2017年 1月 13日(金曜日) 17:34

中国武術や合気道の実技を見せる「奉納演武会」が8日、京都市左京区一乗寺の八大神社で行われたと京都新聞が報じた。寒風の中、参加者約50人が日頃の鍛錬の成果を神前で披露した。演武会では、太極拳や刃渡り約70センチの刀を手にした「楊式剣」、カマキリの動きを模した「長拳螳螂門」といった中国武術などのほか、日本伝統の合気道などが行われた。

 
北陸新幹線ルートで明暗 京都府南部「歓迎」、舞鶴は不満 印刷
2016年 12月 20日(火曜日) 10:46

北陸新幹線で未着工の福井県敦賀以西ルートで、与党検討委員会が同県小浜市から京都府内の京都駅、京田辺市を経由して新大阪駅に至る「小浜京都京田辺ルート」で最終調整する方針を固めたことを受け、府南部の自治体などから歓迎する声が上がる一方、「舞鶴ルート」を求めていた府北部の舞鶴市は不満を示した。

 
ネスレ、宇治抹茶普及へ京都府と連携 試飲拠点や農家支援 印刷
2016年 11月 26日(土曜日) 23:47

ネスレ日本は9日、宇治抹茶の普及に向けて京都府と連携協定を結んだと発表した。宇治抹茶と同社の菓子を試飲・試食できる拠点を府内に設けるほか、茶農家への支援や将来の海外販売も検討する。道具や作法が必要な抹茶を手軽に楽しんでもらい、宇治抹茶ブランドを国内外に発信する。

 
清水寺参道で外国人観光客向けに利き酒講座 京焼のおちょこで  印刷
2016年 11月 02日(水曜日) 09:32

清水寺参道の五条坂で11月1日・2日、外国人観光客向けの利き酒講座が行われると烏丸経済新聞が報じた。主催は宝酒造。五条坂や茶わん坂を中心に「京都のやきもの」をテーマにしたイベント「京都やきものweekわん碗ONE」の関連企画として行われる同イベント。会場では違いが分かりやすいスパークリング清酒、生もと純米酒、純米大吟醸の3種類を京焼のおちょこで提供。

 
本願寺の境内に、初めてカフェが登場 印刷
2016年 10月 08日(土曜日) 00:00

世界遺産の「本願寺」で行われる行事『伝灯奉告法要』の開催に合わせ、10月1日から期間限定でカフェがオープン。浄土真宗本願寺派第25代門主の就任を報告する『伝灯奉告法要』の期間中は、国宝の飛雲閣や書院が特別公開されることもあり、約20万人の参拝客が予想されている。オープンするのは『本願寺 おてらかふぇ&まるしぇAKARI』だ。カフェを監修するのは、ミシュランガイドで7年連続星を獲得している、大阪・心斎橋のフレンチレストラン「リュミエール」のオーナーシェフ・唐渡 泰氏。

最終更新 2016年 10月 11日(火曜日) 10:00
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

6 / 13 ページ