経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
山形県
山形の秋の風物詩「芋煮会」シーズン到来 印刷
2016年 9月 30日(金曜日) 09:16

山形県内のスーパーなどで現在、「芋煮会セット」の販売・貸し出しが始まり、山形の秋の風物詩「芋煮会」シーズンが到来したと山形経済新聞が報じた。県内のスーパーでは鍋、かまど、ござのほか、バーベキュー用コンロ、網、鉄板などの無料貸し出しがあり、道具を持っていない人でも「芋煮会」を楽しむ事ができる。薪の販売や芋煮に必要な食材のセット販売も行っている。

 
日本製の卓球台に問い合わせ殺到 リオ五輪で注目集める 印刷
2016年 9月 05日(月曜日) 21:37

リオ五輪で注目を浴びたのは選手だけではない。ブルーの天板とカーブを描く脚が美しい卓球台"インフィニティ"だ。この卓球台は日本の技術の集大成ともいえる傑作。卓球台や木製遊具メーカーの三英(SAN-EI)と多くの名作家具を生み出す天童木工(TENDO)との協業で完成した。デザインはソニーの"ウォークマン"などを手掛けた澄川伸一。天板は三英がこだわりぬいて北海道の自社工場で生産、脚の部分は成型による曲木の技術で知られる天童木工が製造した。

 
山形とんがりビルで「エクセレントデザイン展」 県内企業の「デザイン物語」紹介 印刷
2016年 8月 16日(火曜日) 21:39

山形市のとんがりビル(山形市七日町2)1階のギャラリー「KUGURU」で8月2日から、山形エクセレントデザイン展2016「山の向こうのデザイン物語」が開催されていると山形経済新聞が報じた。県内で企画、開発、生産されている優れたデザイン製品を選定し顕彰する「山形エクセレントデザイン」の2015年度の選定品を紹介する同展。県内のデザイン事務所やものづくり企業などが手掛けた15の製品が並んだ。

 
災害時 「電池変換こけし」がんばる! 印刷
2016年 7月 21日(木曜日) 21:30

山形県尾花沢市の伊豆こけし工房が、「電池変換こけし」を作ったと河北新報が報じた。既存の樹脂製変換器と同じように、単3形電池を単1形や単2形の電池として使える。工房を営む伊豆徹さん(63)が「こけしを防災に役立てたい」と考案。表面には耐久性を高める塗装を施した。単1用が750円、単2用が640円。絵柄は10種類以上あり、選ぶ楽しみもある。「電池は変換できても、かわいらしさは変わりません」とPR。

 
山形県、東電と和解 原発事故巡る裁判外紛争解決手続き 印刷
2016年 6月 28日(火曜日) 19:45

山形県は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う2010~11年度の対策費約1億6千万円の支払いを受けることで東電と和解すると発表した。裁判外紛争解決手続き(ADR)で、東電に約2億円の支払いを求めていた。県は、この期間に約5億5千万円の費用が生じたとして損害賠償を請求。東電が一部の支払いに応じなかったため、国の原子力損害賠償紛争解決センターにADRを申し立てた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

7 / 13 ページ