経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
新潟県
花火玉担保に融資 北越銀 印刷
2016年 3月 09日(水曜日) 20:23

北越銀行(長岡市)は小千谷市の花火メーカー、片貝煙火工業との間で花火玉を担保に資金を貸し出す契約を結んだと産経新聞が報じた。商品や売掛金などを担保にする「動産担保融資(ABL)」の対象として、花火玉の価値を認めた。花火業界は夏のイベントが終わった秋口に売上代金の回収が集中し、原材料費や人件費などの支払いが先行するという特有の事情があり、つなぎ資金の調達が各社の課題となっている。

最終更新 2016年 3月 09日(水曜日) 20:24
 
トキ鉄、サイクルトレイン運行へ 直江津-北新井間で3月に社会実験 印刷
2016年 2月 15日(月曜日) 23:38

えちごトキめき鉄道(上越市)は10日、自転車を持って乗車できる列車「サイクルトレイン」を3月14~18日、直江津-北新井で運行すると発表した。社会実験として需要や課題を探り、普段の運行につなげたい考えだ。同社によると、県外ではサイクルトレインの導入例はあるが、県内では「イベント以外で通常列車を活用した例はないとみられる」という。

 
面对人口减少对策 对单亲家庭予以补助 印刷
2016年 1月 27日(水曜日) 22:37
新潟县针对那些单亲家庭中县内的高中和大学升学的孩子和单亲家长采取补助措施。具体内容是奖学金和搬家费补助。明年将实施。这是为应对人口减少而采取的措施。这种情况在全国也属于少见的。还新设置了U・I促进支援机构。高中生最大一个月支援3万5000日元,大学生一个月支援5万日元。
 
人口減対策 ひとり親移住者に助成、奨学金や引っ越し費用 印刷
2016年 1月 27日(水曜日) 00:58

新潟県は、県内の高校や大学に進学する子どもと一緒に県外から移住する「ひとり親世帯」を対象に、奨学金と引っ越し費用を助成する制度を来年度から始めることを決めた。人口減対策の一つで、ひとり親世帯を対象とした移住支援は全国でも珍しい。県によると、県奨学金に「U・Iターン促進支援枠」を新設。家族の人数などに応じて定める基準以下の世帯収入なら、高校生で月額最大3万5000円程度、大学生で同5万円程度を貸与。

 
柏崎刈羽原発事故想定 新潟・出雲崎町が避難計画策定 「半径30キロ圏外」基本 印刷
2016年 1月 04日(月曜日) 23:13

出雲崎町は東京電力柏崎刈羽原子力発電所(柏崎市、刈羽村)の重大事故に備えた避難計画を策定したと産経新聞が報じた。対象者は全町民約4600人で、避難先は120キロ程度北に位置する関川村。同町は今後、詳細な避難ルートなどを盛り込んだ原子力災害対応ガイドブックを作成し、来年4月以降に全戸に配る予定だ。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 13 ページ