経済ニュース

バナー
経済の先行きをもっと知り尽くしたい!! ビジネスの新大陸を発見!!

きふきふ*ふるさと往来クラブ

バナー
買い物で社会貢献するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往来 クラブの活動 を支援することができます。

在日新華僑

バナー
日本で活躍する華僑をCRI日本語部にてインタビュー!!

東方通信社発行 学苑報

バナー
中国国内の大学にて、日本語科の学生に対して配布されるフリーペーパー
愛媛県
松山駅と松山駅が縁 JR四国と台湾鉄路管理局、友好協定を締結 印刷
2016年 2月 25日(木曜日) 23:32

JR四国は18日、台湾鉄路管理局と友好鉄道協定を締結すると発表した。2013年10月、JR四国の松山駅(愛媛県)と台湾鉄路管理局の松山駅(台北市)が、「同名」という縁から友好駅協定を締結。この友好駅協定が今年3月に期限を迎えることから、両駅間の協定を再締結すると共に、交流をさらに深めより強い友好関係にするため、新たにJR四国と台湾鉄路管理局とで友好鉄道協定を締結したという。

最終更新 2016年 2月 25日(木曜日) 23:32
 
木材チップ製造、久万高原に新拠点 今治加工 印刷
2016年 2月 06日(土曜日) 01:04
木材チップ製造などの今治加工(西条市)の新工場「くまさんチップ工場」が久万高原町七鳥に完成し、27日、竣工式があったと愛媛新聞が報じた。1月28日から稼働を開始し、製紙や木質バイオマス発電向けに木材チップを出荷する。同社は西条市今在家に本社工場があり、チップ製造や廃材リサイクルなどに取り組んでいる。木質バイオマス発電の拡大によるチップの需要増加を見込み、県内最大の林産地で林家の輸送負担が軽い久万高原町に工場を開設した。
 
紙初市 過去最高の取引62億8400万円 印刷
2016年 1月 14日(木曜日) 17:41

今年一年の紙の景気を占う恒例の「新春紙初市」が7日、愛媛県四国中央市のホテルであり、取引額は昨年を5900万円上回る過去最高の62億8400万円だったと愛媛新聞が報じた。世界的な景気後退の影響で落ち込む前の2008年を上回り、1957年以来60回目の節目を飾った。同市を中心に製紙、紙加工など52社の約200人が参加した。

 
愛媛県内初「みかんフィッシュ」専門店 宇和島にアンテナショップ開店 印刷
2015年 12月 18日(金曜日) 23:18

柑橘の香りで魚臭さを抑えた「みかんフィッシュ」などを販売するアンテナショップが12日、愛媛県宇和島市にオープンする。「みかん育ち真鯛・ブリ・ヒラメ」を商品化した幸進水産が出店。みかんフィッシュの専門店は県内初。鮮魚だけでなく鯛めしなど7種のメニューも提供する。愛媛県が平成24年、ジュース用のイヨカンを搾汁した残りかすやエキスをタイやブリなどの養殖魚の餌に混ぜて生臭さを抑える技術を開発。みかんフィッシュはこの技術を使ったもので、現在、同社など3社が養殖に応用し、それぞれ商標登録している。

 
国産消費拡大顕彰「アワード2015」 最優秀にみかん魚 印刷
2015年 11月 27日(金曜日) 00:39

国産農林水産物の消費拡大に寄与した取り組みを顕彰する「フード・アクション・ニッポン アワード2015」(実行委員会主催)の表彰式が19日、東京・池袋のホテルであったと愛媛新聞が報じた。商品部門(農林水産業分野)で、水産物の加工・流通などを手掛ける愛媛県宇和島市の会社「宇和島プロジェクト」の「みかん魚」開発プロジェクトが最優秀賞に輝いた。

 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

9 / 13 ページ